レースの舞台は月にまで…!『Burnout Paradise』のCriterionが明かすDLC没ネタ集 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

レースの舞台は月にまで…!『Burnout Paradise』のCriterionが明かすDLC没ネタ集

PC Windows

2008年の初めに発売され、約一年もの間様々な無料アップデートや追加コンテンツでプレイヤーを楽しませてくれたBurnout Paradise。これまで多くの驚きを与えてくれたDLCですが、その開発元であるCriterionが、DLCとして完成までに至らなかった7つの没ネタを公開しています。

飛行機:空から見るParadise Cityとてもクールでした。しかし都市はそのような視点から見られるようには出来ていなく、ゲームワールドの作られ方により実現する事はありませんでした。とても大きな映画のセットを思わせる見た目でした。

ヘリコプター:空中のチャレンジや、滞空するチョッパーに取り付けられた容器へ飛ぶ等、地上のプレイヤーとの協力を可能とするものを考えていました。

:チームの誰かが「DLCとなるとプレイヤーは月を望んでいる」と話していたんです。それは変だと思いましたがやるべきだとも感じました。実際本当に月はモデル化されて走ることも可能でしたが、無重力のテイクダウンやチャレンジといった月のチャレンジは全く思いも寄らないものでした。

オートバイVS車:これは常に論点でした。それをしたい(私達の何人かは筋金入り3DOのロードラッシュファン)と思う一方、それらは個別にしておくのがベストだとも感じました。

タイムトラベル:ある日島にタイムポータルが開きます。それに入るとアメリカ開拓期の西部など、他の時代のBig Surfに居る事に気付きます。そこでは幾つかのチャレンジが出来て元の時代へ戻る事も可能。(この案は鈍感なバーンアウトチームのメンバーでさえ“やりすぎ”と感じていた)

地下:これは一度フォーラムでほのめかしましたが、都市の下を走ることが出来るというものです。

ボート:これはプロトタイプも作られませんでしたが話し合っていました。私達が島のシリーズを作っていたならプレイヤーに車や飛行機、ボートで競争して欲しいと思った事でしょう。その為Big Surfには幾つかの桟橋が作られています。

Burnoutで多くの遊びを提供してくれたCriterionは現在、Need for Speedの新作タイトルを開発中である事を発表しています。(ソース: CriterionGames.com via VG247)

【関連記事】
開発ラッシュが進むリゾート島が追加される『Burnout Paradise』新DLC"Big Surf Island"トレイラー
様々なタイプのパトカーが登場。『Burnout Paradise』新DLC"Cops and Robbers"のトレイラー
『Burnout Paradise』の新DLCは2月5日に配信。新パッケージのUltimate Boxも同日発売
Criterionが開発する『Need for Speed』シリーズ最新作は2010年に発売予定
《Round.D》

PC アクセスランキング

  1. PC版『PUBG』テストサーバーが終了、フィードバックは引き続き募集中

    PC版『PUBG』テストサーバーが終了、フィードバックは引き続き募集中

  2. 実在した原子力潜水艦クルスクの沈没事故描くADV『KURSK』2018年リリース予定

    実在した原子力潜水艦クルスクの沈没事故描くADV『KURSK』2018年リリース予定

  3. カルト的人気の海外産美少女ノベル『Doki Doki Literature Club!』200万DL突破―Steamで圧倒的に好評

    カルト的人気の海外産美少女ノベル『Doki Doki Literature Club!』200万DL突破―Steamで圧倒的に好評

  4. オープンワールドくすぐりフェチゲー『Fetish Studio』アルファデモ配信開始―怪しい世界がここに広がる?

  5. 復活のロボ対戦格闘『Rising Thunder Community Edition』完全無料で配信開始!

  6. Android NがPCで動くゲームプラットフォーム「BlueStacks +N」がオープンベータテスト開始

  7. 『ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム』ボーナスエピソード“Farewell”海外配信日決定!

  8. オープンワールドディストピアADV『We Happy Few』2018年夏へ延期―購入/予約も一時中断

  9. 『PUBG』Ping差のあるプレイヤー間のマッチングを制限―新システムの開発を告知

  10. 1,000人対応のオンラインFPS『Man vs. Machine』の実験イベントが昨日実施

アクセスランキングをもっと見る

page top