海外レビューハイスコア 『Mass Effect 2』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア 『Mass Effect 2』

2007年に発売され、衝撃的なデビューを飾ったSci-Fi RPG、Mass Effect。それから約二年、待望の続編、 Mass Effect 2 がついに発売となります。多くのサイトが前作から点数を上乗せしており、前作より確実に進化していることがうかがえます。

PC Windows


TeamXbox: 10/10
この世代で最高の体験。最初に39時間プレイし続けたときから、Mass Effect 2のことが頭から離れません。このことをふまえると、低いスコアをつけるのは正直でないと感じました。ゲームシステム、シナリオ、プレゼンテーションに至るまで、クリシェや誇張ともとれる賛辞を正当化する、Mass Effect 2はそういうゲームです。私がどれほどお薦めしているか、それを十分に言葉にすることができません。

EuroGamer: 10/10
おそらくMass Effect 2におけるBioWareの最大の成功は、複雑なシステムのRPGでありながら、基本的なところで理解すること、プレイすること、楽しむことが容易であるという点だろう。ベテランにとっても、ニューカマーにとっても必要な方式であり、また、Mass Effect 3がBioWareの歴史上最も重要なゲームになりうるということを十分に提示している。

GameInformer: 9.8/10
RPG的要素が減ったことをがっかりする人がいるかもしれない。ミニゲームの繰り返しに眠気を感じることがあるかもしれない。しかしそれらの欠点が、大胆な野心を抱え、最もエキサイティングな続編といえるMass Effect 2をためらわせることはない。

IGN: 9.7/10
Mass Effect 2のようなゲームは稀有といってもいいかもしれません。どの点を見てもそれが素晴らしいと確信するでしょう。壮大なスケールを感じさせる一方で、とてもパーソナルな部分も描いています。戦闘とミッションのデザインは際立っており、映像、ボイスアクト、サウンドトラック、ディレクションの品質は、競合作より数マイル先にあります。唯一、ほんのわずかな技術的ミスを抱えながらも、おそらく最も印象的に、Mass Effect 2はその大いなる野心の達成に至るでしょう。
私が言及しなくてはならない唯一にして本当の警告は、もしあなたがMass Effect 1をプレイしていなければ、その意外なストーリー展開や驚くべき事実が十分に伝わらないということです。それでもこのファンタスティックなゲームをスルーする理由とはなりえませんが。


GameTrailers: 9.7/10

1UP: 9.1/10
この物語のフィナーレとしてMass Effect 3が発売されるとき、ややぎこちなくRPG寄りな一作目と、無駄を省いたシューター寄りなこの続編の間の、ちょうど良い部分をBioWareに期待したい。しかしこのシンプルになったゲームシステムの本作でさえ、ME2のストーリーは有無を言わさず壮大な冒険の旅を提供してくれる。

GameSpot: 9.0/10
強烈でアクション満載のRPGだ。いったんあなたがこのゲームの軌道に乗ってしまえば、そこから逃れようとは思わないだろう。
長所:多彩で印象的なキャスティング。エクセレントな会話とボイスアクト。強烈な独自性を放つファンタスティックなアートデザイン。戦闘をエキサイティングにするソリッドな射撃システム。あらゆるミッションに新鮮さをもたらすステージデザイン。
短所:ときに退屈に感じる惑星探査。若干の不具合とバグ。

Edge Magazine: 9.0/10
Mass Effect 2の最大の強みは、シューティングと会話システムのような異質な要素を結びつける点にある。アクションRPGをつくるにあたり、ステータスの必要性について認識しつつ、一方でそれがヘッドショットの妨げになるべきでないといういうことを知っている。結果として、ゲームはそのポテンシャルを発揮することになった。BioWareは一作目で、ディープで説得力のある、多文化的無秩序な世界観を構築した。あなたはそれについて知ることはできたが、十分に触れることはできなかった。今回、あなたはスタートからその内部にどっぷりと浸り、目もくらむほどの世界観を堪能できる。

* * * * * * *


2007年11月に発売され、衝撃的なデビューを飾った壮大なSci-Fi RPG、Mass Effect。それから約二年、前作のレビュアーたちから一様に待望する声が上がっていた続編、Mass Effect 2がついに発売となります。ずらりと100点が並ぶメタスコアは前作を彷彿とさせますが、多くのサイトが点数を上乗せしており、前作より確実に進化していることがうかがえます。EDGEの指摘の通り、本作がトリロジーの二作目ということも影響していそうです。今後の変動はありそうですが、PC版、Xbox 360版とも史上TOP10に位置することはほぼ確実。
TeamXbox: 96→98
GameTrailers: 96→97
IGN: 94→97
1UP: 90→91
GameSpot: 85 →90
Eurogamer: 80→100
Edge Magazine: 70→90(※サイト名: Mass Effect→Mass Effect 2)

前作のMass Effectはシューター部分の弱さが指摘されていました。本作は前作よりシューター部分を強化、戦闘で評価を上げた一方で、比較的RPG部分が弱くなったと言われています。「シューター+RPG」というトレンドの中で、そのバランスをとるのはどのゲームでも難しい点なのかもしれません。



前作は日本語版の発売まで約1年半を要しました。本作はパブリッシャーの交代もありローカライズの可能性については不明です。ただ、BioWare史上最も重要な作品、そして史上最高のRPGとなりうる“Mass Effect 3”をプレイするためにも、本作で膨大な英語テキストと格闘するだけの価値はありそうです。(ソース: Metacritic)


(c) 2010 EA International (Studio and Publishing) Ltd. All Rights Reserved.

【関連記事】







《Kako》

PC アクセスランキング

  1. CD Projekt REDが『サイバーパンク2077』の発売延期を発表【UPDATE】

    CD Projekt REDが『サイバーパンク2077』の発売延期を発表【UPDATE】

  2. 電光石火の高速サイバーパンクアクション『Ghostrunner』配信開始!

    電光石火の高速サイバーパンクアクション『Ghostrunner』配信開始!

  3. 『Dying Light』×『Left 4 Dead 2』コラボイベが今年も開催!「ビル」と「ノーム・チョンプスキー」が登場する無料DLCも配信中

    『Dying Light』×『Left 4 Dead 2』コラボイベが今年も開催!「ビル」と「ノーム・チョンプスキー」が登場する無料DLCも配信中

  4. 『Fall Guys: Ultimate Knockout』にゴジラがやってくる―11月3日「ゴジラの日」にあわせて登場!

  5. ものづくりライフシムRPG続編『My Time at Sandrock』発表―古代都市の遺跡が残る砂漠の町が舞台

  6. 最大240Hz駆動対応のバッテリー内蔵ポータブルゲーミングモニター「ROG Strix XG17AHP」ASUS Store限定で発売

  7. 海をテーマにしたサバイバルアドベンチャー『Breakwaters』Steamストアページが公開―2021年Q2アーリーアクセス開始予定

  8. 『R-TYPE FINAL 2』第3回クラウドファンディング募集開始!2020年10月27日から11月30日まで

  9. 新たな脅威「ミズグモ」登場!『Grounded』水中要素を大幅に追加するアップデート0.4.0パブリックテスト開始

  10. 協力型近接FPS『Warhammer: Vermintide 2』11月2日までPC版無料プレイ開催! 5周年イベントの延長も

アクセスランキングをもっと見る

page top