『Black』のデザイナー「シューターのカバーシステムはクソつまらん」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Black』のデザイナー「シューターのカバーシステムはクソつまらん」

Criterionが発売したBlackでディレクターを担当し、現在はCodemastersの下でオリジナルFPSを開発しているStuart Black氏が、最近のシューター系作品の傾向に苦言を呈しています。Official Xbox MagazineインタビューでのBlack氏の発言をご紹介。

ニュース 最新ニュース
Criterion Gamesが発売したBlackでディレクターを担当し、現在はCodemastersの下でオリジナルFPSを開発しているStuart Black氏が、最近のシューター系作品の傾向に苦言を呈しています。

以下、Official Xbox MagazineインタビューでのBlack氏の発言。

“ここのところカバーベースのシューターが多く存在しますが、敵が何かの後ろに隠れると、プレイヤーは敵の頭が出てくるのを待ち続けなければなりません。頭が現れたら2発ほど射撃、するとまた頭が隠れる……。さらにもう一度頭が出てくるまで待つって?まったくクソつまらん。そんなふうにずっと同じ場所に留まるのはごめんです。”

カバーリングを採用したシューターでは、こうした状況が生まれやすいのは確か。Black氏の手掛ける新作では、どのようなアイデアやシステムが取り入れられているのか非常に興味深いですね。(ソース: OXM: Black creator: current FPSs are "f***ing boring")


【関連記事】
Codemasters、『Black』のクリエイターを雇って新作FPSを開発中
海外レビューハイスコア 『Operation Flashpoint: Dragon Rising』
死出の旅路へ…!『Metro 2033』クリーチャー満載の第三弾トレーラーが公開
無重力シューター『Inversion』のスクリーンショットが公開
更なる詳細も!『Crysis 2』海外ゲーム誌のスキャン画像が掲載
激しい銃撃戦やミッション攻略を解説。『Brink』の最新ゲームプレイフッテージ
《Rio Tani》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

ニュース アクセスランキング

  1. 【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

    【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

  2. 『フォートナイト』シーズン6は9月27日から!バトルパスの経験値400%プラスボーナスも開始

    『フォートナイト』シーズン6は9月27日から!バトルパスの経験値400%プラスボーナスも開始

  3. アーケード版『ストV』開発決定!全キャラクターが標準で使用できるほか、パッドの持ち込みにも対応【TGS2018】

    アーケード版『ストV』開発決定!全キャラクターが標準で使用できるほか、パッドの持ち込みにも対応【TGS2018】

  4. Netflix、Telltale閉鎖も「ストレンジャー・シングス」ゲーム化は継続―Devolver Digitalから引き継ぎオファーも

  5. 「日本ゲーム大賞 2018」フューチャー部門の受賞作品が決定! ゲーマー期待の11作品が選出【TGS2018】

  6. ADVの老舗Telltale Gamesの大部分が閉鎖へ…高評価を受けるも売り上げに苦心

  7. 「日本ゲーム大賞 2018」受賞作品発表! 大賞は『モンスターハンター:ワールド』に【TGS2018】

  8. 【e-Sportsの裏側】追求し、共感を受けて、そして今の僕がいる。プロゲーマーPunkインタビュー

  9. 『CoD:BO4』恒例「Nuketown」は全プレイヤー向けに11月配信―BLACKOUT、マルチの発売後展開が予告

  10. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

アクセスランキングをもっと見る

page top