『Black』のデザイナー「シューターのカバーシステムはクソつまらん」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Black』のデザイナー「シューターのカバーシステムはクソつまらん」

ニュース 最新ニュース

Criterion Gamesが発売したBlackでディレクターを担当し、現在はCodemastersの下でオリジナルFPSを開発しているStuart Black氏が、最近のシューター系作品の傾向に苦言を呈しています。

以下、Official Xbox MagazineインタビューでのBlack氏の発言。

“ここのところカバーベースのシューターが多く存在しますが、敵が何かの後ろに隠れると、プレイヤーは敵の頭が出てくるのを待ち続けなければなりません。頭が現れたら2発ほど射撃、するとまた頭が隠れる……。さらにもう一度頭が出てくるまで待つって?まったくクソつまらん。そんなふうにずっと同じ場所に留まるのはごめんです。”

カバーリングを採用したシューターでは、こうした状況が生まれやすいのは確か。Black氏の手掛ける新作では、どのようなアイデアやシステムが取り入れられているのか非常に興味深いですね。(ソース: OXM: Black creator: current FPSs are "f***ing boring")


【関連記事】
Codemasters、『Black』のクリエイターを雇って新作FPSを開発中
海外レビューハイスコア 『Operation Flashpoint: Dragon Rising』
死出の旅路へ…!『Metro 2033』クリーチャー満載の第三弾トレーラーが公開
無重力シューター『Inversion』のスクリーンショットが公開
更なる詳細も!『Crysis 2』海外ゲーム誌のスキャン画像が掲載
激しい銃撃戦やミッション攻略を解説。『Brink』の最新ゲームプレイフッテージ
《Rio Tani》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

ニュース アクセスランキング

  1. PS4版『コール オブ デューティ ワールドウォーII』国内発売日決定!字幕トレイラーも

    PS4版『コール オブ デューティ ワールドウォーII』国内発売日決定!字幕トレイラーも

  2. 任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

    任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

  3. 『Call of Duty: WWII』キャンペーンは「自動回復」無し、リアルな兵士を描く

    『Call of Duty: WWII』キャンペーンは「自動回復」無し、リアルな兵士を描く

  4. 『ストV』新コスなどがまとめて買える「Premier Pass」期間限定販売中

  5. 任天堂、平成29年3月期決算発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算384万本、ニンテンドースイッチは274万台販売

  6. カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

  7. 『Call of Duty: WWII』キャンペーン/マルチ情報が公開―オマハビーチ以外の舞台は?

  8. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

  9. 『バイオハザード7』クリス描くDLC「Not A Hero」が配信延期

  10. 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top