スクエニ北瀬氏: 『ファイナルファンタジーXV』のアイデアがいくつかある | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

スクエニ北瀬氏: 『ファイナルファンタジーXV』のアイデアがいくつかある

ナンバリング最新作のファイナルファンタジーXIVは、シリーズ2作目のMMORPGとして発売が決まっていますが、第15作目となるファイナルファンタジーXVに関して早くもスクウェア・エニックスから言及があった模様です。

ニュース 最新ニュース
ナンバリング最新作のファイナルファンタジーXIVは、シリーズ2作目のMMORPGとして発売が決まっていますが、第15作目となるファイナルファンタジーXVに関して早くもスクウェア・エニックスから言及があった模様です。

ファイナルファンタジーXIIIのプロデューサーである北瀬佳範氏が、海外マガジンXbox World 360の最新号でシリーズの将来について語ったところによると、スクウェア・エニックスは既にファイナルファンタジーXVのアイデアをいくつか出しているとのこと。

しかし、ファイナルファンタジーはそれぞれが全く異なる方向性で描かれているため、今後シリーズがどの方向を目指すかは定まっていないとも話しており、一つだけ確かなのは過去に語られていないストーリーを用意することだと説明しています。

先日欧州のPlayStation.Blogに掲載されたインタビューで、北瀬氏は今後のFFタイトル開発について、ピーク時には300名を超えたファイナルファンタジーXIIIのような大規模チームではなく、もっと小規模なチームで効率的に行いたいとする発言をしていました。(ソース: Connected Sonsoles: Square Enix Have FFXV Ideas, Says Series Can Go In Any Direction)


【関連記事】
スクエニ北瀬氏: 『ファイナルファンタジーVII』のリメイクに興味がある
スクエニ和田社長:『FFXIII』のようなタイプのゲーム開発は最後になるかもしれない
和田社長: 『ファイナルファンタジー』が海外で開発される可能性はある
『ファイナルファンタジーXIV』は『WoW』の競争相手になる−スクエニ和田社長
「FFシリーズは使い古されない」−スクウェア・エニックス和田社長
《Rio Tani》
【注目の記事】[PR]

ニュース アクセスランキング

  1. 日本で買えないSteam版『The Callisto Protocol』購入の“抜け道”が発見されるも、対策される

    日本で買えないSteam版『The Callisto Protocol』購入の“抜け道”が発見されるも、対策される

  2. 女性ゲーマーの受ける暴言の実態とは…海外団体調査で男性がボイスチェンジャーでゲームプレイ、パフォーマンスが低下する結果に

    女性ゲーマーの受ける暴言の実態とは…海外団体調査で男性がボイスチェンジャーでゲームプレイ、パフォーマンスが低下する結果に

  3. リアル系WW1FPS『Isonzo』大規模無料拡張「Caporetto」配信開始! Steamではセールも実施

    リアル系WW1FPS『Isonzo』大規模無料拡張「Caporetto」配信開始! Steamではセールも実施

  4. 『The Callisto Protocol』XboxDL版が購入不可に―次々に閉ざされる購入経路

  5. Discordで「ツ」や「ノ」のフォントがおかしくなる現象発生―原因は新フォントの採用、現在はほぼ解消

  6. ロボゲーファン必見?ミッション40以上&フルボイスのメカゲーが開発中!低価格での販売を予定

  7. 戦争のプロパガンダに利用されたくはない…フェイクニュースへの相次ぐ悪用に軍事シム『Arma 3』開発がついに声明、「フェイクの見分け方」も公開

  8. Steamで非常に好評の『Raft』ゲーム機版発売決定!イカダを広げて海をゆく一味違うサバイバル

  9. 石器時代を舞台にした新作オープンワールドサバイバルゲーム『Primitive』発表!

  10. 共産国家の国境を取り締まれ!国境警備隊シム『Contraband Police』トレイラーが公開

アクセスランキングをもっと見る

page top