次元の違う新型携帯ゲーム機『5D: Space』プレスリリース、実機初公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

次元の違う新型携帯ゲーム機『5D: Space』プレスリリース、実機初公開

ゲーム業界においても3Dが大きく注目されている2010年。次元の違うゲーム機を携え、本日新たにゲーム業界への参入が明らかに。海外メーカーのGavaskarが携帯ゲーム機“ 5D: Space(5D:S) ”の発売を発表しました。

ニュース 最新ニュース



ゲーム業界においても3Dが大きく注目されている2010年。次元の違うゲーム機を携え、本日新たにゲーム業界への参入が明らかになりました。海外メーカーのGavaskarがプレスリリースを行い、携帯ゲーム機“5D: Space(5D:S)”の発売を発表しました。某所(場所は明らかにされていない)では発表イベントとともに実物が公開されたようです。

実際にプレイできたという情報元の報告によれば、5D:Sは、ゲームを表示するディスプレイを必要とせず、箱を持って意識を集中させると“ゲームが宇宙から降りてくる”とのこと。操作するための装置等も確認できなかったようです。プレイした人たちからは「気がついたら夜になっていた」「気がついたら自分の家を通り過ぎていた」「何か特別な啓示があったような気がする」といったインプレッション報告もよせられています。

代表のSunil Manohar Gavaskar氏は海外のインタビューに応え、「Dはもちろん“dimensions”の意味だが、後で他によさそうなのがあれば足してもいい」「理論物理学者のLisa Randallに影響を受けた」「これはまがいものの宗教の類いではない」といったコメントをしています。一方でアナリストからは「(これまでの開発経験が全く役に立たない)5D:Sではサードパーティのゲーム開発は困難になるだろう」といった意見も聞かれ、当面はファーストのGavaskarからのタイトルが中心になりそう。詳細はまだ未定ですが、価格は15ドル前後になるとの見方が強く、その理由として同アナリストは「ただの箱だから」と答えています。(ソース: Futuristic Announcement "5D: SPACE")

【関連記事】
近未来のゲーム機? 遊べるキュービック型3Dディスプレイ『pCubee』
宮本茂氏「ビデオゲームの未来は完全デジタル化ではない」
GDC 09: これが未来のゲーム環境?クラウドゲーミングサービス『OnLive』発表
もしもゲーム機が化石として発掘されたら…。神秘的な海外彫刻アート
これぞまさにエアギターヒーロー!筋肉の信号を読み取るインターフェース技術が発表
《Kako》

ニュース アクセスランキング

  1. 初代

    初代"PS"20作品を同梱した「プレイステーション クラシック」12月3日発売!『FF7』『ワイルドアームズ』など

  2. 「Momodora」開発元による横スクロールアクション『Minoria』発表―手描きとトゥーンレンダリングの融合作品

    「Momodora」開発元による横スクロールアクション『Minoria』発表―手描きとトゥーンレンダリングの融合作品

  3. シリーズ最新作『エースコンバット7』価格/シーズンパス詳細が公開―早期購入特典に過去作移植版

    シリーズ最新作『エースコンバット7』価格/シーズンパス詳細が公開―早期購入特典に過去作移植版

  4. 『デッドライジング』シリーズのCapcom Vancouverが閉鎖―カプコンは開発特損45億円を計上

  5. ヒップホップmeetsドットACT『Reneine』TGS2018に出展!―「メイドインアビス」の作曲家やNujabes氏の楽曲で知られるラッパーが参加

  6. 「Nintendo Switch Online」正式サービス開始! 7日間の無料体験が可能─疑問に答えるサポートページも

  7. 噂:『レインボーシックス シージ』ハロウィンイベント到来か?ゲーム内に特殊バナーが登場も現在は修正済

  8. 『VA-11 HALL-A』の続編『N1RV Ann-A』発表! 高評価サイバーパンクバーテンダーADV

  9. 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』10月18日発売決定!PS4/Steam向けリマスターとして再誕

  10. 『アークザラッド R』配信開始─衝撃的だった「大崩壊」から10年後の冒険が、今始まる!

アクセスランキングをもっと見る

page top