次元の違う新型携帯ゲーム機『5D: Space』プレスリリース、実機初公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

次元の違う新型携帯ゲーム機『5D: Space』プレスリリース、実機初公開

ニュース 最新ニュース




ゲーム業界においても3Dが大きく注目されている2010年。次元の違うゲーム機を携え、本日新たにゲーム業界への参入が明らかになりました。海外メーカーのGavaskarがプレスリリースを行い、携帯ゲーム機“5D: Space(5D:S)”の発売を発表しました。某所(場所は明らかにされていない)では発表イベントとともに実物が公開されたようです。

実際にプレイできたという情報元の報告によれば、5D:Sは、ゲームを表示するディスプレイを必要とせず、箱を持って意識を集中させると“ゲームが宇宙から降りてくる”とのこと。操作するための装置等も確認できなかったようです。プレイした人たちからは「気がついたら夜になっていた」「気がついたら自分の家を通り過ぎていた」「何か特別な啓示があったような気がする」といったインプレッション報告もよせられています。

代表のSunil Manohar Gavaskar氏は海外のインタビューに応え、「Dはもちろん“dimensions”の意味だが、後で他によさそうなのがあれば足してもいい」「理論物理学者のLisa Randallに影響を受けた」「これはまがいものの宗教の類いではない」といったコメントをしています。一方でアナリストからは「(これまでの開発経験が全く役に立たない)5D:Sではサードパーティのゲーム開発は困難になるだろう」といった意見も聞かれ、当面はファーストのGavaskarからのタイトルが中心になりそう。詳細はまだ未定ですが、価格は15ドル前後になるとの見方が強く、その理由として同アナリストは「ただの箱だから」と答えています。(ソース: Futuristic Announcement "5D: SPACE")

【関連記事】
近未来のゲーム機? 遊べるキュービック型3Dディスプレイ『pCubee』
宮本茂氏「ビデオゲームの未来は完全デジタル化ではない」
GDC 09: これが未来のゲーム環境?クラウドゲーミングサービス『OnLive』発表
もしもゲーム機が化石として発掘されたら…。神秘的な海外彫刻アート
これぞまさにエアギターヒーロー!筋肉の信号を読み取るインターフェース技術が発表
《Kako》

ニュース アクセスランキング

  1. 一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

    一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

  2. スクウェア・エニックス、『HITMAN』シリーズ2作品の取り扱い終了を発表―IO Interactiveが一部引き継ぎへ

    スクウェア・エニックス、『HITMAN』シリーズ2作品の取り扱い終了を発表―IO Interactiveが一部引き継ぎへ

  3. 『フォートナイト バトルロイヤル』に50対50が復活!ライトマシンガンも実装される最新パッチノート

    『フォートナイト バトルロイヤル』に50対50が復活!ライトマシンガンも実装される最新パッチノート

  4. コナミと欧州サッカー連盟のライセンス契約が終了へ―『ウイニングイレブン』に影響か

  5. SNK、“新たなゲーム機”の登場を予告! NEOGEOの人気タイトルを収録

  6. 噂:新作『バトルフィールド』にバトルロイヤルモード搭載?プロトタイプが開発中か

  7. 米Amazonの商品が日本円購入/国内配送可能になる新サービス、専用アプリに追加

  8. 銀河の歴史がまた1ページ『EVE Online』で起きた史上最大の宇宙艦隊戦を収録した映像やショットが登場

  9. リアル?な猫RPGシミュレーター『Max and Maya: Cat simulator』今春登場!

  10. 噂:『Call of Duty: Black Ops 4』にはシングルプレイヤーキャンペーンは未搭載?バトルロイヤルモード実装の噂も

アクセスランキングをもっと見る

page top