『Heavy Rain』のセールスが全世界で100万本を突破!開発者が明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Heavy Rain』のセールスが全世界で100万本を突破!開発者が明らかに

2月には北米で20万本以上を販売しセールスランキングにチャートインしていたHeavy Rainですが、Quantic DreamのDavid Cage氏によると、全世界での販売数が100万本を突破した模様です。

家庭用ゲーム PS3


2月には北米で20万本以上を販売しセールスランキングにチャートインしていたHeavy Rainですが、全世界での販売数が100万本を突破した模様です。

開発元Quantic DreamのCEO David Cage氏がドイツのサイトPlay3.deに語ったところによると、Heavy Rainは全世界で既に100万本以上を売り上げており、20万〜30万本程度になると予想していた多くの関係者を驚かせているとのこと。同氏はこのまま行けば年内に150万本を販売できると見込んでいるそうです。

David Cage氏はHeavy Rainの好調なセールスについて次のようにコメント。

“Heavy Rainはアクションゲームでもなく、RPGでもなく、アドベンチャーゲームでもない、どんなジャンルにも当てはまらない作品です。慣例を打ち破る新しいゲームを作って市場に送り出すのは、デベロッパーにとってもパブリッシャーにとっても常にリスクがあります。”

Heavy Rainは海外向けに第1弾の追加エピソードが配信されており、今後も新たなエピソードが登場予定。また、年末に発売されるPlayStation Moveに対応するとの情報もあります。(ソース: GameSpot: Heavy Rain sales to top 1.5 million, says Cage, イメージ: Flickr)


【関連記事】
『Heavy Rain』のDavid Cage氏:次回作について非常に明確なアイデアがある
『Heavy Rain』DLCエピソード第一弾“The Taxidermist”の配信日が発表
ピーター・モリニューが『Heavy Rain』に賛辞のコメント「脱帽した」
欧州向けTVCMも公開!パリで『Heavy Rain』のローンチイベントが開催
海外レビューハイスコア 『Heavy Rain』
《Rio Tani》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『The Last of Us Part II』マルチプレイヤーは「辛抱強く待つ価値あり」―ニール・ドラックマン氏が仄めかす

    『The Last of Us Part II』マルチプレイヤーは「辛抱強く待つ価値あり」―ニール・ドラックマン氏が仄めかす

  2. 『原神』ゲームプレイなどを解説する特別番組!【TGS2020】

    『原神』ゲームプレイなどを解説する特別番組!【TGS2020】

  3. PS5最新予約状況ひとまとめ…ヨドバシ結果発表中、予約可能な店舗は徐々に減少中【随時更新】

    PS5最新予約状況ひとまとめ…ヨドバシ結果発表中、予約可能な店舗は徐々に減少中【随時更新】

  4. 国取りタクティカルアクション最新作『真・三國無双8 Empires』発表! 無双シリーズ初の次世代機に対応【TGS2020】

  5. 『Ghost of Tsushima』の蒙古兵はなぜ強いのか?「食」からそのルーツを探るためモンゴル料理を食べに行ってみた

  6. 『ストリートファイターV』追加キャラクター「ダン」のバトルスタイルが公開―おなじみの挑発も健在【TGS2020】

  7. 『アイドルマスター スターリットシーズン』続報が2020年10月6日公開予定!

  8. 『モンハンライズ』TGS発表まとめー新アクション公開!空中で大タル爆弾を使える(随時更新)【TGS2020】

  9. 『サイバーパンク2077』新映像公開!吹き替えキャストや新キャラも【TGS2020】

  10. 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』「インパ」がプレイアブル参戦! 世界初公開の実機プレイで、リンクやインパのアクションを見よ【TGS2020】

アクセスランキングをもっと見る

page top