ActivisionとBungieが10年間の独占契約、次回作はマルチプラットフォームに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ActivisionとBungieが10年間の独占契約、次回作はマルチプラットフォームに

本日、ActivisionとBungieは、長期の独占契約を結んだと発表しました。今後10年間に渡り、ActivisionはBungieの開発するマルチプラットフォーム向け新作オリジナルタイトルの独占販売権を持つとのことです。※UPDATEあり

ニュース 最新ニュース
本日、パブリッシャーのActivisionと、Haloシリーズを手がけた開発スタジオのBungieは、両社が長期の独占契約を結んだと発表しました。

海外メディア向けに発表された声明によると、今後10年間に渡り、ActivisionはBungieの開発するマルチプラットフォーム向け新作オリジナルタイトルの独占販売権を持つとのこと。但しBungieは今後もインディペンダント会社としての立場を維持するようです。

Bungieの社長Harold Ryan氏は、「世界的な勢力、マルチプラットフォーム経験、マーケティング知識などから、我々の次回作ではActivisionをパートナーに選びました」とコメント。一方、Activision Blizzardの幹部Thomas Tippl氏も、「Bungieは業界でも一流のスタジオで、次の10年間才能ある彼らのチームと協力できることを心からうれしく思います」と述べています。

Microsoftの下で長年Haloフランチャイズに携わってきたBungieですが、今後はマルチプラットフォームの開発スタジオとして新たな一歩を踏み出すことに。大作アクションになるという次回作の発表に大きな注目が集まりそうです。(ソース: Develop: Bungie signs ten year deal with Activision)

※UPDATE (2010/4/30 1:10): 今回の発表についてMicrosoftが海外サイトVG247に対して声明を発表しました。
“Xbox 360のファーストパーティーデベロッパーとしてのBungieと我々の関係は変わることはありません。2010年最大級のゲームであるHalo: Reachの開発において現在も彼らと深く関わっています。”

※UPDATE2 (2010/4/30 2:00): SCEAからも声明が発表されました。
“これは全てのゲーマーにとって素晴らしいニュースです。Bungieの素晴らしい才能とクリエイティブな頭脳が途方もないPS3のパワーに解き放たれ、最高の出来事が起こるでしょう。”


【関連記事】
Bungieのマルチプラットフォーム新作はE3で公開の可能性も
Michael Pachter: Bungieの新作フランチャイズは1000万本以上売れる
EA、Activision、Bethesda… Bungieのネクストプロジェクトを買うのは?
Bungie開発者: 10年後に別のHalo作品を作るかもしれない
343 Industries、「Haloの世界を舞台にした新体験」の開発に着手?
Bungie、Reach以降のマルチプラットフォーム向け開発は「不確定」
泳ぎ続ける魚のように……あのBungieがMicrosoftから自社組織に独立宣言
BungieはまだXbox 360の周りで泳ぎ続けている
Infinity Ward社員約40名がActivisionを訴訟、賠償額は5億ドル以上?
IWを去った元開発者が続々とRespawnへ。Activisionからは問題発言も…?
「Infinity Wardはもう死んでいる」−インサイダー情報
Activision: Sledgehammerの新作『Call of Duty』はファンを拡大する
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 『鬼ノ哭ク邦』ジョブ要素「鬼ビ人」詳細判明―刀、槍などの武器とスキルで立ち回りが変わる

    『鬼ノ哭ク邦』ジョブ要素「鬼ビ人」詳細判明―刀、槍などの武器とスキルで立ち回りが変わる

  2. スクエニ新作『鬼ノ哭ク邦』8月22日発売決定!「鬼ビ人(ジョブ)」を紹介した最新映像も

    スクエニ新作『鬼ノ哭ク邦』8月22日発売決定!「鬼ビ人(ジョブ)」を紹介した最新映像も

  3. 『バイオハザード』の歴史を紡ぐ『0』『1』『4』のスイッチ版が発売!大ボリュームのサントラも

    『バイオハザード』の歴史を紡ぐ『0』『1』『4』のスイッチ版が発売!大ボリュームのサントラも

  4. 『ドラゴンクエストX』最新追加パッケージ「いばらの巫女と滅びの神」発売決定!新世界「魔界」を舞台に新たな冒険が始まる

  5. Co-opゾンビシューター『World War Z』が発売1ヶ月で200万本セールス達成!

  6. 「Frostbiteエンジン」の新たな毛髪表現を紹介するショーケース動画が公開―実写のように揺れ動く

  7. THQ Nordicが『メトロ』シリーズ開発元と未発表AAA作品の開発契約を締結―グループ全体で80のゲームを開発中

  8. Valve、『アサシン クリード ユニティ』Steamでの逆レビュー爆撃を集計外としない方針

  9. PS4/スイッチ版『Dusk Diver 酉閃町』2019年秋に発売決定―「台湾の原宿」が舞台のアニメ風爽快ACT

  10. 人気レースゲームシリーズ最新作『GRID』PS4/XB1/PC向けに発表―2019年9月に発売予定

アクセスランキングをもっと見る

1
page top