IgnitionがCryENGINE 3のライセンスを取得、新作アクションタイトルで採用 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

IgnitionがCryENGINE 3のライセンスを取得、新作アクションタイトルで採用

ロンドンを拠点にするIgnition Entertainmentは、Crytekの最新ゲームエンジンであるCryENGINE 3のライセンスを取得し、同社の開発するPS3とXbox 360用の新作タイトルで採用すると発表しました。

家庭用ゲーム Xbox360
ロンドンを拠点にするIgnition Entertainmentは、Crytekの最新ゲームエンジンであるCryENGINE 3のライセンスを取得し、同社の開発するPS3とXbox 360用の新作タイトルで採用すると発表しました。

この新作ゲームの詳細は明らかになっていませんが、同社のロンドンスタジオが手掛ける初の作品で、ジャンルはユニークなコンバットアクションアドベンチャーになる模様。CryENGINE 3の特色である驚異的なビジュアル、環境破壊、AIなどが他社の開発でどのように生かされるか注目が集まりそうです。

東京にも支社を持つIgnition Entertainmentは、過去に朧村正やレッドシーズプロファイルといった国産タイトルの海外向けローカライズも担当しています。(ソース: Crytek GmbH: Ignition London Licences CryENGINE 3)


【関連記事】
マルチ専用新作FPS『Blacklight: Tango Down』最新独占トレイラー
見た目は最悪、でも物語とキャラは最高?『Deadly Premonition』の意外な評価
『The King of Fighters XII』7月にPS3とXbox 360で海外リリース決定
PS3独占の『WarDevil』がマルチプラットフォームに。近日中に情報公開?
Crytek、最新エンジンCryENGINE 3は無償提供も視野に
Crytek: CryENGINE 3のマルチプラットフォーム開発には問題も生じた
GDC 10: 直撮りでも凄さが分かる!『CryENGINE 3』搭載技術紹介トレイラー
《Rio Tani》
【注目の記事】[PR]

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 「PS5」の販売情報まとめ【10月3日】―「TSUTAYA」の抽選受付がもうじき終了、明日から始まる新たな受付先の予告も

    「PS5」の販売情報まとめ【10月3日】―「TSUTAYA」の抽選受付がもうじき終了、明日から始まる新たな受付先の予告も

  2. 『鳥類弁護士の事件簿』待望の日本ローカライズ!セオリーを打ち破る破天荒さが無罪を勝ち取る?【TGS2022】

    『鳥類弁護士の事件簿』待望の日本ローカライズ!セオリーを打ち破る破天荒さが無罪を勝ち取る?【TGS2022】

  3. スイッチ版『The Elder Scrolls V: Skyrim Anniversary Edition』リリース―通常版はDLC購入でアップグレード可能

    スイッチ版『The Elder Scrolls V: Skyrim Anniversary Edition』リリース―通常版はDLC購入でアップグレード可能

  4. 『グランツーリスモ7』最新アップデート「1.23」9月29日配信―各地の最速記録を塗り替えたフォルクスワーゲンのプロトタイプEVなどを追加

  5. 『スカイリム AE』待望のスイッチ版登場か?台湾のレイティング機関のリストにて見つかる

  6. 西洋剣術スクールで実地体験!『ラスラー ~中世のならず者~』のアウトローバトルを体験する前に“正統派騎士道”を学んできた

  7. 長らく音沙汰がなかった『Beyond Good and Evil 2』にリブート版『セインツロウ』にも携わった新ライターが参加

  8. 『HOT WHEELS UNLEASHED』『SUPERHOT』『Rogue Explorer』が登場!「PS Plus」2022年10月のフリープレイ情報公開

  9. 再び国道依存症にならないか?PS5『デス・ストランディング ディレクターズカット』で進化した数々のポイント

  10. スイッチ版『CHAOS;HEAD NOAH / CHAOS;CHILD DOUBLE PACK』2月24日発売!初回製造分には、あの「セクシーパッチ」も付属

アクセスランキングをもっと見る

page top