Activision CEO、Xbox LIVEやPSNのモデルに懐疑的、PCの独自環境に興味 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Activision CEO、Xbox LIVEやPSNのモデルに懐疑的、PCの独自環境に興味

PC Windows

Activision BlizzardのCEOであるBobby Kotick氏は、Xbox LIVEやPlayStation Networkなどの家庭用ゲームオンラインサービスのモデルに懐疑的な見方を示し、PCゲーム環境を初めとするよりオープンなプラットフォームをサポートしていきたい考えを明らかにしました。

Financial Timesに対し同氏が主張した内容によれば、Xbox LIVEの60%ものユーザーが主にCall of Dutyをプレイするために有料会員になっているのに関わらず、Activisionは公正な分配を受け取っていないとのこと。

Kotick氏はコンソールの閉鎖的なネットワーク環境を「壁に囲まれた庭」と表現。DellやHPなどが手がけるテレビに直接接続できるゲーマー向けPCを積極的にサポートしたいと話し、「もし顧客を拡大するなら、別の機種が必要になるだろう」とActivision独自の環境を用意する可能性を示唆しました。

Call of Dutyの有料オンラインサービス化にも言及していたKotick氏ですが、今回の発言が同社の計画する新たなサービスのヒントとなるのでしょうか。

尚、別のニュースになりますが、先月Kotick氏はThe Wall Street Journalに対し、「Activision Blizzardの営業利益のうち約70%は家庭用ゲームビジネス以外から得ている」と伝えています。(ソース: Financial Times via 1UP: Activision Boss Wants Consoles to Be Replaced by PCs)


【関連記事】
Activision社長: 『Call of Duty』の有料オンラインサービスを明日にでも始めたい
『WoW』の有料アイテム、Blizzardの利益は1日で350万ドル以上?
まだまだ勢い衰えず『World of Warcraft』登録ユーザー数が1100万人を通過
Infinity Wardの再建始まる、将来的には“グレイト”な新フランチャイズも
Activision: Bungieの完全新作はXbox 360、PS3、PC向けに発売
Kotick社長がIW幹部の解雇についてコメント「他に選択肢がなかった」
Activision Blizzard社長Robert Kotick氏の年収は14億円以上
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. 台湾産けもの系BLゲーム『家有大猫 Nekojishi』が日本語に対応!

    台湾産けもの系BLゲーム『家有大猫 Nekojishi』が日本語に対応!

  2. 新作WW2FPS『Post Scriptum』がSteamで予約開始! 40vs40のマルチプレイヤーPvP

    新作WW2FPS『Post Scriptum』がSteamで予約開始! 40vs40のマルチプレイヤーPvP

  3. 主人公がカワイイADV『Hollow Knight』PC版が最新アプデで日本語に対応!

    主人公がカワイイADV『Hollow Knight』PC版が最新アプデで日本語に対応!

  4. なんかいろいろ危ない横スクACT『PUTIN, BOOBS and TRUMP』発表ーもうメチャクチャだよ…

  5. 滑らかドット絵の新作ACT『Bud Spencer & Terence Hill - Slaps and Beans』正式リリース!

  6. 『The Legend of Bum-bo』初トレイラー披露! 『アイザックの伝説』前日譚

  7. PC版『PAYDAY 2』で「Spring Break 2018」が開催決定ー前作割引やフリープレイも

  8. 人気シリーズスピンオフ『地球防衛軍4.1 ウイングダイバー・ザ・シューター』Steam版が登場!

  9. 少人数バトルロイヤルシューター『Darwin Project』PC版が基本無料化!―既存購入者にはゲーム内アイテムがプレゼント

  10. 地獄サバイバルホラー『Agony』の新たな発売日が決定! 最新トレイラーも披露

アクセスランキングをもっと見る

page top