露メディア、ロシア空港テロ事件と『Modern Warfare 2』の類似性を報道 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

露メディア、ロシア空港テロ事件と『Modern Warfare 2』の類似性を報道

今月24日、モスクワ南部のドモジェドボ空港で大規模な爆破テロが発生していますが、海外メディアがこの事件とビデオゲームCall of Duty: Modern Warfare 2の類似性を指摘する報道を行っているようです。

ニュース 最新ニュース



今月24日、モスクワ南部のドモジェドボ空港で大規模な爆破テロが発生していますが、ロシアのメディアがこの事件とビデオゲームCall of Duty: Modern Warfare 2の類似性を指摘する報道を行っているようです。

政府出資による衛生放送番組Russia Todayは、モスクワの空港で市民を大量虐殺するModern Warfare 2の“No Russian”ミッションの映像と、今回起こったテロ事件の映像を重ね合わせ、架空のゲーム上の出来事が現実のものとなった可能性がある、などと報告。

米国企業Activisionが発売したModern Warfare 2が数ヶ月で10億ドルもの収益を上げたことや、“No Russian”の映像がゲーム中だけでなくYouTubeなどにもアップロードされ広く人々の目に触れている背景を報道。更に、事件を起こしたテロリストあるいは過激派グループがゲームを見本にしていたかを知る必要がある、といった専門家の意見を紹介しています。

“No Russian”ミッションはゲームの発売当時も規制変更の対象になるなど一部の国で問題とされていました。

今回の空港テロ事件では35名の死者や130名以上の負傷者が出たと報じられています。(via New York Times ,Eurogamer)


【関連記事】
『Modern Warfare 2』のゲーム映像を使用して制作されたマシニマが凄い
『Modern Warfare 2』の脚本家が自ら語る、空港襲撃シーンを採用した理由
Activision: ロシアでの『Modern Warfare 2』リコール報道は誤り
Heavy Rain開発者、『Modern Warfare 2』の空港襲撃シーンに対する一連の騒動に苦言
ドイツ版『Call of Duty: Modern Warfare 2』ではあの民間人襲撃シーンに一部変更が
『Modern Warfare 2』のテロリスト襲撃シーンに波紋、オーストラリアで発売禁止の恐れも
Activision:『Modern Warfare 2』のテロリスト動画は本物、スキップの選択肢も用意
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 米開発、自ら増殖する「生きたグラフィックボード」が海に流出―厳しい自然界に曝され、性能が大幅向上【UPDATE】

    米開発、自ら増殖する「生きたグラフィックボード」が海に流出―厳しい自然界に曝され、性能が大幅向上【UPDATE】

  2. 5年以上掃除していないゲーミングPCから新種生物が続々発見―グラボの熱で活動か【UPDATE】

    5年以上掃除していないゲーミングPCから新種生物が続々発見―グラボの熱で活動か【UPDATE】

  3. ロックスターが新型コロナ対策に『GTAオンライン』『レッド・デッド・オンライン』売上利益の5%を寄付すると発表

    ロックスターが新型コロナ対策に『GTAオンライン』『レッド・デッド・オンライン』売上利益の5%を寄付すると発表

  4. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  5. 対戦型FPS『Cosmic Warfere』AIプレイヤーが悪質行為を連発―開発者「我々は知らない。彼らが学習したようだ」【UPDATE】

  6. 『Call of Duty: Modern Warfare 2 Remastered』がPS4で海外向けにリリースーアナウンストレイラーも公開!

  7. 『ワールド・ウォーZ』アップデート「Horde Mode Z」海外で開始―PS4日本語版のアップデートは12月18日開始

  8. スイッチ版『パンツァードラグーン:リメイク』ついに4月2日に発売!【UPDATE】

  9. 『あつまれ どうぶつの森』の博物館で学ぼう!進化系統樹の最後のピースはあなた!

  10. らっきょう頭が帰ってきた! リメイク版『デストロイ オール ヒューマンズ!』海外発表【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top