Valve: 今現在“Source Engine 2”の開発は計画されていない | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Valve: 今現在“Source Engine 2”の開発は計画されていない

PC Windows


先日行われたDevelopのインタビューではエピソーディック形式の販売モデルからの脱却を伝えたValveのGabe Newell氏ですが、同サイトの更なるインタビューにて今現在“Source Engine 2”の開発は計画されていない事を明らかにしました。

Newell氏は既存のSource Engineを更新し続ける事は大規模なデザイン変更に対して多くのアドバンテージがあると説明しています。Team Fortress 2の開発リーダーであるRobin Walker氏によれば、現在はこれまでよりも多い20〜30人のコアスタッフがSource Engineの開発に取り組んでいるのだそうです。

またNewell氏はEpicの“Unreal Engine”に対抗する意思はないと伝え、同エンジンへのSteamworks統合は大きなソリューションになるだろうと話しています。なおValve現在はSteamworksのマイクロトランザクション部分の追求に価値があると見いだしているようです。

2004年の登場以来進化を続けているSource Engine。頻繁なアップデートが可能なのはValve独自の配信プラットフォーム、Steamの力が大きく影響しているのではないでしょうか。最近ではPortal 2の発売とともにPS3版のSteamも配信されており、Valveは今後も更に勢いを増していきそうです。
(ソース: Develop via Gameranxx)


【関連記事】
Valve: エピソーディック形式から今後は『Team Fortress 2』のスタイルを目指す
[louder]被験者名[/louder]がとても格好良い『Portal 2』70年代映画風ポスター
価格は無料!『Portal 2』DLC第一弾の詳細が公開
『Portal 2』のDLC第一弾は今夏配信予定! 映像やコミックによるサポートも
Valve、『Portal 2』で初導入されるPS3版Steamに関する幾つかの詳細を公開
Valve: ゴードン・フリーマンの冒険はまだ終っていない
Valve、東日本大地震の復興支援として『Team Fortress 2』の限定アイテムを販売
《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. 『レインボーシックス シージ』イヤー3シーズン2.2のデザイナーズノートが公開―近日変更予定の一覧も

    『レインボーシックス シージ』イヤー3シーズン2.2のデザイナーズノートが公開―近日変更予定の一覧も

  2. バトロワシューター『The Culling 2』わずか9日で販売終了へ―開発は新たに前作初期バージョンをF2Pとして展開

    バトロワシューター『The Culling 2』わずか9日で販売終了へ―開発は新たに前作初期バージョンをF2Pとして展開

  3. ビル運営シム『Project Highrise』新DLC配信とともに日本語対応!

    ビル運営シム『Project Highrise』新DLC配信とともに日本語対応!

  4. 『マインクラフト Java Edition』新バージョン1.13“Update Aquatic”配信!海底遺跡や難破船などが追加

  5. 『オーバーウォッチ』サポートヒーローの調整案が公開―まずはPTRに実装

  6. 美少女化“呂布”を娘にして育てよう!育成SLG『Lu Bu Maker』Steam配信開始―日本語対応

  7. 新作バトロワ『The Culling 2』プレイヤー数が激減、発売3日目にして同時接続数「2人」に

  8. ロシアの地下鉄犬描くアーケードACT『Russian Subway Dogs』配信日決定! 乗客から食べ物を強奪

  9. 第二次世界大戦FPS新作『Post Scriptum』予約購入者向けオープンβが開始! 新ティーザー映像も

  10. あのベクタースキャンシューティング名作が最新技術で!アタリ『TEMPEST 4000』配信開始

アクセスランキングをもっと見る

page top