Valve: 今現在“Source Engine 2”の開発は計画されていない | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Valve: 今現在“Source Engine 2”の開発は計画されていない

PC Windows


先日行われたDevelopのインタビューではエピソーディック形式の販売モデルからの脱却を伝えたValveのGabe Newell氏ですが、同サイトの更なるインタビューにて今現在“Source Engine 2”の開発は計画されていない事を明らかにしました。

Newell氏は既存のSource Engineを更新し続ける事は大規模なデザイン変更に対して多くのアドバンテージがあると説明しています。Team Fortress 2の開発リーダーであるRobin Walker氏によれば、現在はこれまでよりも多い20〜30人のコアスタッフがSource Engineの開発に取り組んでいるのだそうです。

またNewell氏はEpicの“Unreal Engine”に対抗する意思はないと伝え、同エンジンへのSteamworks統合は大きなソリューションになるだろうと話しています。なおValve現在はSteamworksのマイクロトランザクション部分の追求に価値があると見いだしているようです。

2004年の登場以来進化を続けているSource Engine。頻繁なアップデートが可能なのはValve独自の配信プラットフォーム、Steamの力が大きく影響しているのではないでしょうか。最近ではPortal 2の発売とともにPS3版のSteamも配信されており、Valveは今後も更に勢いを増していきそうです。
(ソース: Develop via Gameranxx)


【関連記事】
Valve: エピソーディック形式から今後は『Team Fortress 2』のスタイルを目指す
[louder]被験者名[/louder]がとても格好良い『Portal 2』70年代映画風ポスター
価格は無料!『Portal 2』DLC第一弾の詳細が公開
『Portal 2』のDLC第一弾は今夏配信予定! 映像やコミックによるサポートも
Valve、『Portal 2』で初導入されるPS3版Steamに関する幾つかの詳細を公開
Valve: ゴードン・フリーマンの冒険はまだ終っていない
Valve、東日本大地震の復興支援として『Team Fortress 2』の限定アイテムを販売
《RIKUSYO》

PC アクセスランキング

  1. Steam版『真・三國無双8』日本語UIが無料アップデートで配信決定

    Steam版『真・三國無双8』日本語UIが無料アップデートで配信決定

  2. 『バトルフィールド』最新作はリアルタイムVFXに焦点を当てていることが判明

    『バトルフィールド』最新作はリアルタイムVFXに焦点を当てていることが判明

  3. 2018年の『Call of Duty』最新作にグラフィックの新機能が搭載予定か―求人から判明

    2018年の『Call of Duty』最新作にグラフィックの新機能が搭載予定か―求人から判明

  4. Steam版『世界一長い5分間』配信!物語はラスボス「魔王」の目の前から始まる

  5. PC版『PUBG』テストサーバー更新!Pingでのマッチング調整も近日実装予定―新マップにも言及

  6. 『レインボーシックス シージ』ディレクター、ルートボックスについて語る―「私たちは貪欲であるとは思わない」

  7. 『レインボーシックス シージ アドバンスエディション』販売店別特典が決定―先行販売されていたグッズも予約開始

  8. VRゲーム『Sacred Four』がリリース―鎖に繋がれた神剣で巨大な敵を打ち倒せ

  9. 『レインボーシックス シージ』「Outbreak」寄生虫との戦いが遂に披露―18分ゲームプレイも

  10. 爆乳バトル再びSteamに!『閃乱カグラ PEACH BEACH SPLASH』Steam版発売日決定

アクセスランキングをもっと見る

page top