小島監督: 『MGS4』が映画ゲームとなったのにはちょっとした間違いがあった | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

小島監督: 『MGS4』が映画ゲームとなったのにはちょっとした間違いがあった

先日は初代『Metal Gear Solid』のリメイクに対する想いを語った小島 秀夫監督。新たに海外ゲーム雑誌OPMによるミニインタビューの続きが公開され、今回は『Metal Gear Solid 4』に対する同監督の考えが明らかにされました。

家庭用ゲーム PS3
先日は初代『Metal Gear Solid』のリメイクに対する想いを語った小島 秀夫監督。新たに海外ゲーム雑誌OPMによるミニインタビューの続きが公開され、今回は『Metal Gear Solid 4』に対する同監督の考えが明らかにされました。

小島監督は『MGS4』でやりたかった事を全て達成した訳では無いとコメントし、出来なかった事の1つとして映像に関する機能を挙げています。例えば何かを燃やす事で科学的な反応が起きる、草に水をかけると花が咲くといった、リアルタイムで変化していくグラフィックを『MGS4』にて実現したかったとのこと。

またシリーズ最終章として様々な伏線や謎を纏め上げた『MGS4』ですが、その解説やストーリーラインの強調が批判される事に対し、小島監督は「開発当初にしようとしていた事を全て達成したわけではないと感じています」と再び発言。それらのシステムよりもむしろグラフィックを優先した事を明らかにし、その結果、“映画ゲーム”となってしまった事を「恐らくちょっとした間違いがあった」と表現しました。それが私が『4』から学んだことであると、小島監督は『MGS4』のミニインタビューを締めくくっています。
(ソース: Official PlayStation Magazine UK)


【関連記事】
小島監督: クリエイターとしては『MGS』リメイクにあまり興味が無い
小島秀夫氏次回作『Project Ogre』はオープンワールドゲームに
小島秀夫氏、FOXエンジンで実験中の「新作」ゲーム画面を披露
雷電はどの様に生まれ変わったのか?『Metal Gear Rising』インタビュー映像
小島氏新作『Project Ogre』の初ディテールが判明、『MGS4』の裏話も
《ishigenn》
【注目の記事】[PR]

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『エースコンバット』シリーズ史上最強のステルス戦闘機「X-02S」を専門家がガチ評価!その判定は…?

    『エースコンバット』シリーズ史上最強のステルス戦闘機「X-02S」を専門家がガチ評価!その判定は…?

  2. 『FORSPOKEN』の魔法パルクールは現実世界でも再現可能!?日本トップレベルのパルクールコーチに教えを乞い、魔法トレーサー「フォースパーくん」となれ

    『FORSPOKEN』の魔法パルクールは現実世界でも再現可能!?日本トップレベルのパルクールコーチに教えを乞い、魔法トレーサー「フォースパーくん」となれ

  3. 『アーマード・コアVI』ダイナミックで激しいバトルに―経験や知見、ノウハウを生かした新しいアクションとして開発中

    『アーマード・コアVI』ダイナミックで激しいバトルに―経験や知見、ノウハウを生かした新しいアクションとして開発中

  4. 『クロスファイア』シリーズ最新作『CrossfireX』が5月18日にシングル含めサービス終了へ

  5. PS5が起動しなくなる不具合について『サムライメイデン』との因果関係は認められず―1カ月以上の調査の結果

  6. GOTY受賞作『It Takes Two』1,000万本突破―リリースから2年弱で達成

  7. そろそろ流しマッチョを食べないとぴえん!SNSで話題のカオスミニゲーム詰め合わせ“ホラー”?『推色-オシイロ-』スイッチ版リリース

  8. とびっきりキュートな90年代風プラットフォーマー『Go! Go! PogoGirl』海外コンソール版2月10日リリース―世界をポゴスティックで飛び回れ

  9. 受け取りを忘れずに!PS5所有者向け「PS Plusコレクション」5月9日に終了―『Bloodbone』や『ゴッド・オブ・ウォー』をプレイできる

  10. スイッチ向け『棄海:忘れられた深海都市』3月7日発売!メトロイドヴァニア系深海探索型アクション

アクセスランキングをもっと見る

page top