CD Projekt RED無念、『The Witcher 2』海賊行為に対する法的通知を中止 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

CD Projekt RED無念、『The Witcher 2』海賊行為に対する法的通知を中止

ニュース 最新ニュース

昨年12月、ポーランドのゲーム会社CD Projekt REDが『The Wticher 2: Assassins of Kings』にて海賊行為を行ったドイツのユーザー達に法的通知を送ったことをお伝えしましたが、本日同社がこの通知を中止したことをプレスリリースにて発表しました。

リリース内にてCD Projekt REDの共同創設者Marcin Iwinski氏は、現時点では正規購入者に対し法的通知は1度も行なっていないと確信しているものの、ファンやサポーター達、コミュニティは非常に尊重しており、1人としてさえ不正に訴える可能性を取ることは出来ないと説明。その一方でCD Projekt REDが取った行為を多くのゲーマーが支持しなかったことを悲しく思う、我々はユーザー達の意見を真意に受け止めたことを誇りに思うとも述べ、中止に至った無念さを滲ませました。

Torrentサイトをモニターし、海賊行為を追跡するという今回の手法は、2008年にもAtariなどが行ったものの、周囲からの批判が強くなり中止。今回も過去の例と同様に、IPアドレスが必ずしも個人を特定しない点や、Wi-Fiなどにおける不正接続によって、正規購入者に誤って法的通知が送られる危険性について、一部マスメディアやユーザーから非難の声が挙がっていました。

同社は今後もDRM非搭載の信念は持ち続けるとした一方で、海賊行為は業界全体に損害を与える行為だとも主張。友人に違法コピーをしている者が居れば、それはゲーム開発者の成功を徐々に蝕む行為であると話して欲しい、海賊行為が止まらなければ我々はユーザーの為に新しいタイトルを作ることが出来ないと訴えています。

『The Wticher 2』は一貫して正規ユーザーが不都合を被る必要は無いとDRM非搭載を訴えていましたが、同社の調査では12月時点で450万回以上の海賊行為が行われていたことが明らかにされていました。
(イメージ: Joystiq)


【関連記事】
『The Witcher 2』で海賊行為を行った数千のユーザーに法的通知、一部では疑問の声も
DRM非搭載の『The Witcher 2: AoK』で450万回以上の海賊行為が行われる
『The Witcher 2』のPC版DLCは無料配信、ただしXbox 360版では有料に
『The Witcher 2: Assassins of Kings』全世界セールスがミリオン間近!
Xbox 360版『The Witcher 2』の最新映像が到着、PC版アップデート情報も
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. PS4『龍が如く3』波多野結衣さん、桃乃木かなさんが新規キャバ嬢として出演決定!

    PS4『龍が如く3』波多野結衣さん、桃乃木かなさんが新規キャバ嬢として出演決定!

  2. Co-opホラーFPS『GTFO』新エネミー「Shadow」トレイラー公開―闇に蠢く恐怖…

    Co-opホラーFPS『GTFO』新エネミー「Shadow」トレイラー公開―闇に蠢く恐怖…

  3. 噂:ラヴクラフトゲーム新作『Call of Cthulhu』の発売日がSteamページに掲載

    噂:ラヴクラフトゲーム新作『Call of Cthulhu』の発売日がSteamページに掲載

  4. 『アンチャーテッド』超本格ファン映画が降臨―その姿、まさにネイトそのもの

  5. 海外Amazonにて『Frostpunk』や『Surviving Mars』の格安海賊版が一時的に流通ー現在は販売停止

  6. tinyBuildがPAX West 2018にて新作4本の発表を予告―いったいなにが…?

  7. 『モンハン:ワールド』×『FFXIV』コラボモンスター「ベヒーモス」の実機プレイ映像が初公開!強靭な魔獣の攻略方法とは…

  8. 『モンハン:ワールド』8月2日より新価格になって発売!狩りに欠かせないハンドブック同梱版も登場

  9. Co-opサバイバルアクションシューター新作『Remnant: From the Ashes』発表!

  10. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

アクセスランキングをもっと見る

page top