CD Projekt RED無念、『The Witcher 2』海賊行為に対する法的通知を中止 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

CD Projekt RED無念、『The Witcher 2』海賊行為に対する法的通知を中止

ニュース 最新ニュース

昨年12月、ポーランドのゲーム会社CD Projekt REDが『The Wticher 2: Assassins of Kings』にて海賊行為を行ったドイツのユーザー達に法的通知を送ったことをお伝えしましたが、本日同社がこの通知を中止したことをプレスリリースにて発表しました。

リリース内にてCD Projekt REDの共同創設者Marcin Iwinski氏は、現時点では正規購入者に対し法的通知は1度も行なっていないと確信しているものの、ファンやサポーター達、コミュニティは非常に尊重しており、1人としてさえ不正に訴える可能性を取ることは出来ないと説明。その一方でCD Projekt REDが取った行為を多くのゲーマーが支持しなかったことを悲しく思う、我々はユーザー達の意見を真意に受け止めたことを誇りに思うとも述べ、中止に至った無念さを滲ませました。

Torrentサイトをモニターし、海賊行為を追跡するという今回の手法は、2008年にもAtariなどが行ったものの、周囲からの批判が強くなり中止。今回も過去の例と同様に、IPアドレスが必ずしも個人を特定しない点や、Wi-Fiなどにおける不正接続によって、正規購入者に誤って法的通知が送られる危険性について、一部マスメディアやユーザーから非難の声が挙がっていました。

同社は今後もDRM非搭載の信念は持ち続けるとした一方で、海賊行為は業界全体に損害を与える行為だとも主張。友人に違法コピーをしている者が居れば、それはゲーム開発者の成功を徐々に蝕む行為であると話して欲しい、海賊行為が止まらなければ我々はユーザーの為に新しいタイトルを作ることが出来ないと訴えています。

『The Wticher 2』は一貫して正規ユーザーが不都合を被る必要は無いとDRM非搭載を訴えていましたが、同社の調査では12月時点で450万回以上の海賊行為が行われていたことが明らかにされていました。
(イメージ: Joystiq)


【関連記事】
『The Witcher 2』で海賊行為を行った数千のユーザーに法的通知、一部では疑問の声も
DRM非搭載の『The Witcher 2: AoK』で450万回以上の海賊行為が行われる
『The Witcher 2』のPC版DLCは無料配信、ただしXbox 360版では有料に
『The Witcher 2: Assassins of Kings』全世界セールスがミリオン間近!
Xbox 360版『The Witcher 2』の最新映像が到着、PC版アップデート情報も
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. 『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

    『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

  2. PC版『FFXV』&PS4/XB1『ROYAL EDITION』3月6日発売―新マップ「王都インソムニア」など新要素も

    PC版『FFXV』&PS4/XB1『ROYAL EDITION』3月6日発売―新マップ「王都インソムニア」など新要素も

  3. 病院経営シム『Two Point Hospital』が海外発表!―『テーマホスピタル』開発者の新作

    病院経営シム『Two Point Hospital』が海外発表!―『テーマホスピタル』開発者の新作

  4. Quantic Dream元従業員が劣悪な職場環境を非難―同社CEOは強く否定

  5. 『PUBG』中国のリージョンロック求める署名運動が発起―既に約4,000人が参加

  6. 『HOUSE OF THE DEAD』新作プレ・ロケテスト開催決定!セガが誇るガンSTG

  7. 噂: リメイク版『バイオハザード2』続報が近日?シリーズ海外公式SNSで気になる動き

  8. 『MotorStorm』『Driveclub』元開発者が新作SFゲーム制作中―Unreal Engine 4採用

  9. 海外セガが謎の予告イメージを公開!―『テーマホスピタル』後継作との噂も

  10. 『GRAVITY DAZE 2』オンラインサービスが6ヶ月延長決定―2018年7月まで

アクセスランキングをもっと見る

page top