Mojangのゲーム開発チャリティー企画が完了、寄付金は45万ドル以上! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Mojangのゲーム開発チャリティー企画が完了、寄付金は45万ドル以上!

PC Windows

『Minecraft』のMojangをはじめとする3つのインディーゲームスタジオが、60時間耐久で新作ゲームの開発を行い、その様子をライブ中継して寄付金を募るチャリティー企画“The Humble Bundle Mojam”。本日早朝にゲームの開発が一旦終了し、なんと45万ドル以上の募金が集まっているそうです。

開発された作品は、10万人以上のファン投票によって事前にゲームジャンルとテーマが設定されており、Mojangからはスチームパンク/古代エジプト風のリアルタイムストラテジーシューティングゲームとなる『Catacomb Snatch』が、一方のOxeye Game StudiosからはWWII世紀末風のダンジョン探索格闘ゲーム『Fists of Resistance』が、Wolfire Gamesからは『The Broadside Express』なる作品が完成予定。

開発途中の『Catacomb Snatch』

ファンは完成したゲームを好きな金額で購入することが可能で、集まったお金は米国赤十字社やChild's Playなど4つの団体へ均等に全額寄付されるという仕組み。今回の企画では(現在のところ)実に8万人以上から合計で45万5,000ドルの寄付金が集まり、Mojangの代表者Markus "Notch" Persson氏は、もし50万ドルに達したら「髭を変える」と新たな目標を発表しています。

“The Humble Bundle Mojam”のウェブサイトでは、寄付金の貢献者トップ10など詳しいデータが観覧できる他、現在もゲームの購入/募金が可能となっているので、気になる方は足を運んでみましょう。(ソース: The Humble Bundle Mojam via Kotaku)

※UPDATE: この記事の執筆中で募金は終了していました。最終的に81,559名のファンから45万5,912ドル(日本円でおよそ3,636万円)の寄付金が集まったということです。


【関連記事】
『Minecraft』のMojangが今週末に新作ゲーム開発を60時間耐久でライブ中継
小さなクリーパーも!『Minecraft』LEGOセットの最終版がお披露目
『Minecraft』登録ユーザー数が2,000万人を突破、購入者は460万人以上
あのMojangにも雇われた開発者が手掛けるボクセルRPG『Cube World』
『Minecraft』の開発が遂に完了!今週末に完全版リリースへ
《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. カードゲームが格ゲーに!『Fantasy Strike』Steam早期アクセス決定

    カードゲームが格ゲーに!『Fantasy Strike』Steam早期アクセス決定

  2. 週末セール情報ひとまとめ『タイタンフォール 2』『DOOM』『ミラーズエッジ カタリスト』『SHADOW WARRIOR』他

    週末セール情報ひとまとめ『タイタンフォール 2』『DOOM』『ミラーズエッジ カタリスト』『SHADOW WARRIOR』他

  3. サバイバルホラー『Darkwood』早期アクセスから3年を経て正式発売へ

    サバイバルホラー『Darkwood』早期アクセスから3年を経て正式発売へ

  4. 現実世界の地滑りを反映して『American Truck Simulator』がゲーム内の一部幹線道路を封鎖

  5. 王国建設ストラテジー『Kingdoms and Castles』配信開始!―VR対応の計画も

  6. てんかんに苦しむ医師ホラー『Roots of Insanity』配信―日本語対応!

  7. 壮大宇宙MMO『EVE Online』Steam版リージョン規制解除、日本からのプレイが可能に【UPDATE】

  8. 『PUBG』海外人気ストリーマーが「故意のチームキル」でBAN

  9. 『PUBG』発売4ヶ月で500万本セールス到達か―SteamSpy統計

  10. 『DOOM』新アップデートでDLCが本体に統合へ―フリーウィークエンドも実施

アクセスランキングをもっと見る

page top