アナリスト: 市場が初動型になり『Modern Warfare 3』セールスは減少している | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

アナリスト: 市場が初動型になり『Modern Warfare 3』セールスは減少している

ニュース 最新ニュース

ローンチ時には650万本を初日に売り上げ、推定4億ドル以上の収益を得たと言われた『Call of Duty: Modern Warfare 3』ですが、複数のアナリストが『CoD: Black Ops』と比べるとトータルのセールスでは落ちるとする見方などを業界ニュースサイトGamasutraにて明らかにしました。

正確なセールスデータは示されていないものの、アナリストであるMacquarie Equities氏は、『Modern Warfare 3』の量販売り上げは『Black Ops』と比較し4.2パーセントほど落ちるとコメント。Gamasutraによれば、実際に今年3月の『Modern Warfare 3』の売り上げは、昨年3月の『Black Ops』と比較すると半分以下になっているとする報告を受けているそうです。そしてもう1人のアナリストPiper Jaffray氏は、この数値は『CoD』シリーズだけのものでは無く、ゲーム市場の重大な変化を指し示していると指摘しています。

Jaffray氏によれば、ゲームローンチ時にソフトを直ぐ購入するわけでは無い、カジュアルなプレイヤーがリテール版を購入しなくなっており、ビデオストリーミングなど他種のメディアを利用するようになっている傾向が見られるとのこと。またお馴染みのWebush SecuritiesアナリストMichael Pachter氏も登場し、今年3月の貧弱なセールスから見ても、現在のゲーム市場はより初動セールスに依存するようになっており、リリース後、時間が経ってからゲームを購入するような消費者が少なくなったと主張しています。
(ソース: Gamasutra via Joystiq , VG247)


【関連記事】
本当に制作開始!『Call of Duty: Police Warfare』のKickstarterが始動
Infinity Ward創設者とActivision訴訟合戦の公判日が5月末に延期
噂: 『Call of Duty: Black Ops 2』のロゴとトレイラー解禁日がリーク
アナリスト: 次世代機の中古対策機能は自身の首を絞めることになる
海外アナリストが『GTA V』の発売時期を予想、Wii U発売の可能性も指摘
Michael Pachter: 任天堂は過去に生きるのを辞めなければならない
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. 『H1Z1:Just Survive』が『Just Survive』に改名―大規模アップデートを実施

    『H1Z1:Just Survive』が『Just Survive』に改名―大規模アップデートを実施

  2. SWERY新作は『The Good Life』!『レッドシーズプロファイル』精神を継承

    SWERY新作は『The Good Life』!『レッドシーズプロファイル』精神を継承

  3. ゴシックホラーADV『Black Mirror』発表―アラン・ポー/ラヴクラフト的スタイルも

    ゴシックホラーADV『Black Mirror』発表―アラン・ポー/ラヴクラフト的スタイルも

  4. PS4/XB1/PC「猿の惑星」シネマティックADVが2017年秋に海外発売へ

  5. 誰も死ななくていいRPG『UNDERTALE』日本語版がPS4/Vita/PC向けに発売決定!

  6. 「Blizzard.net」の名称が5ヶ月で「Blizzard Battle.net」に再変更

  7. 『レインボーシックス シージ』拡張「Operation Blood Orchid」8月末海外配信!

  8. 全エピソード収録『ヒットマン』日本語版発売は8月!限定特典情報も

  9. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  10. 【漫画じゃんげま】108.「クエスト斡旋」の巻

アクセスランキングをもっと見る

page top