アナリスト: 市場が初動型になり『Modern Warfare 3』セールスは減少している | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

アナリスト: 市場が初動型になり『Modern Warfare 3』セールスは減少している

ローンチ時には650万本を初日に売り上げたと言われる『Call of Duty: Modern Warfare 3』ですが、複数のアナリストが『CoD: Black Ops』と比べるとトータルのセールスでは落ちるとする見方を業界ニュースサイトGamasutraにて明らかにしました。

ニュース 最新ニュース
ローンチ時には650万本を初日に売り上げ、推定4億ドル以上の収益を得たと言われた『Call of Duty: Modern Warfare 3』ですが、複数のアナリストが『CoD: Black Ops』と比べるとトータルのセールスでは落ちるとする見方などを業界ニュースサイトGamasutraにて明らかにしました。

正確なセールスデータは示されていないものの、アナリストであるMacquarie Equities氏は、『Modern Warfare 3』の量販売り上げは『Black Ops』と比較し4.2パーセントほど落ちるとコメント。Gamasutraによれば、実際に今年3月の『Modern Warfare 3』の売り上げは、昨年3月の『Black Ops』と比較すると半分以下になっているとする報告を受けているそうです。そしてもう1人のアナリストPiper Jaffray氏は、この数値は『CoD』シリーズだけのものでは無く、ゲーム市場の重大な変化を指し示していると指摘しています。

Jaffray氏によれば、ゲームローンチ時にソフトを直ぐ購入するわけでは無い、カジュアルなプレイヤーがリテール版を購入しなくなっており、ビデオストリーミングなど他種のメディアを利用するようになっている傾向が見られるとのこと。またお馴染みのWebush SecuritiesアナリストMichael Pachter氏も登場し、今年3月の貧弱なセールスから見ても、現在のゲーム市場はより初動セールスに依存するようになっており、リリース後、時間が経ってからゲームを購入するような消費者が少なくなったと主張しています。
(ソース: Gamasutra via Joystiq , VG247)


【関連記事】
本当に制作開始!『Call of Duty: Police Warfare』のKickstarterが始動
Infinity Ward創設者とActivision訴訟合戦の公判日が5月末に延期
噂: 『Call of Duty: Black Ops 2』のロゴとトレイラー解禁日がリーク
アナリスト: 次世代機の中古対策機能は自身の首を絞めることになる
海外アナリストが『GTA V』の発売時期を予想、Wii U発売の可能性も指摘
Michael Pachter: 任天堂は過去に生きるのを辞めなければならない
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. 『原神』PC版アンチチートプログラムの仕様変更を発表―「あらゆるプレイヤーの個人情報や利益に損する行為をいたしません」と相次ぐ疑惑の声に回答【UPDATE】

    『原神』PC版アンチチートプログラムの仕様変更を発表―「あらゆるプレイヤーの個人情報や利益に損する行為をいたしません」と相次ぐ疑惑の声に回答【UPDATE】

  2. Epic対Apple裁判の判決は来年7月へ―Epicは「嘘」をついていると裁判官から厳しい指摘

    Epic対Apple裁判の判決は来年7月へ―Epicは「嘘」をついていると裁判官から厳しい指摘

  3. 「Google Play」ガイドライン改定を計画―アプリ内課金がGoogleの決済サービスを経由するよう徹底させる狙い

    「Google Play」ガイドライン改定を計画―アプリ内課金がGoogleの決済サービスを経由するよう徹底させる狙い

  4. 2DメカACT『ハードコア・メカ』とアニメ「天元突破グレンラガン」のコラボが決定!

  5. 『トロピコ』シリーズなど手掛けるKalypso Mediaが2020年秋に日本法人を設立!自社パブリッシングを目的に日本市場にも注力

  6. 『ウィッチャー3 ワイルドハント』次世代機版の開発が発表! 有償のアップグレードプログラムも明らかに

  7. 『フォートナイト』のEpic Gamesほか、Spotifyらが「反Apple」アプリ配信ストア規制導入団体の設立へ

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. AppleがEpic Gamesの訴訟を『フォートナイト』の人気低迷による“炎上商法”だと主張―Epicはデータを挙げて反論

  10. かわいいチビロボが孤独に世界を旅するパズルADV『Scrap Garden』Steamで期間限定無料配布中

アクセスランキングをもっと見る

page top