北米の新規小売店EKGaming、中古ソフトの一部利益をパブリッシャーに還元へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

北米の新規小売店EKGaming、中古ソフトの一部利益をパブリッシャーに還元へ

ニュース 最新ニュース

新型ハードへ対策機能が搭載されるのではと噂され、今年に入ってから再び話題となっているゲームソフトの中古売買問題ですが、北米で新規展開を始めた中古ソフト専門のオンライン小売店EKGamingがこの問題に対し大胆な手法を試みているようです。

公式サイトのショップ概要ページによれば、同サイトで販売された中古ゲームソフト価格の10パーセントはパブリッシャーに還元され、そのセールスデータも提供されていく予定なのだそうです。さらに中古ゲームソフトの価格自体もユーザーに配慮し、他社よりも20〜30パーセント安い値段で販売されていくとのこと。

同ページには、EKGamingは“業界初のプロの中古ゲーム販売店”であるとも記載。他の中古ゲーム販売店が安い取引価格でゲーマーから、そして利益を還元しない事でパブリッシャーからアドバンテージを得ていると指摘し、また販売店側がこの姿勢を変えなければ、パブリッシャーやゲームハード開発側が物理メディアでの売買を規制することになると主張。出版社に利益を還元することが結果的にゲーム業界の「生命の輪」を作る手助けになるとしています。

また同社のCEO Mike Kennedyは、パブリッシャーはゲーム開発のために記録的な額を費やしているとコメント。開発コストが増えれば新規IPやエキサイティングなゲーム技術などに挑戦するリスクが減ると述べ、パブリッシャー達と利益を共有したいと発言しています。
(ソース: Eurogamer)


【関連記事】
アナリスト: 次世代機の中古対策機能は自身の首を絞めることになる
次世代GPU、中古対策、後方互換なし… PS3後継機“Orbis”の噂情報
米ゲーム開発者「次世代機は中古を排除すべき」
Blu-ray対応、中古対策、新型Kinect… Xbox後継機の更なる噂
噂: EB Gamesのカナダ各店舗で中古と新品ゲームがごちゃ混ぜ状態で販売へ
《ishigenn》

ニュース アクセスランキング

  1. 『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

    『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

  2. 病院経営シム『Two Point Hospital』が海外発表!―『テーマホスピタル』開発者の新作

    病院経営シム『Two Point Hospital』が海外発表!―『テーマホスピタル』開発者の新作

  3. PC版『FFXV』&PS4/XB1『ROYAL EDITION』3月6日発売―新マップ「王都インソムニア」など新要素も

    PC版『FFXV』&PS4/XB1『ROYAL EDITION』3月6日発売―新マップ「王都インソムニア」など新要素も

  4. 『PUBG』中国のリージョンロック求める署名運動が発起―既に約4,000人が参加

  5. Quantic Dream元従業員が劣悪な職場環境を非難―同社CEOは強く否定

  6. 『HOUSE OF THE DEAD』新作プレ・ロケテスト開催決定!セガが誇るガンSTG

  7. 噂: リメイク版『バイオハザード2』続報が近日?シリーズ海外公式SNSで気になる動き

  8. 『MotorStorm』『Driveclub』元開発者が新作SFゲーム制作中―Unreal Engine 4採用

  9. 『テーマパーク』『テーマホスピタル』元開発者が2018年1月に新作ゲームを発表予定!

  10. 海外セガが謎の予告イメージを公開!―『テーマホスピタル』後継作との噂も

アクセスランキングをもっと見る

page top