Steamの利用規約が更新、集団訴訟への参加権を放棄する項目が新たに追加 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Steamの利用規約が更新、集団訴訟への参加権を放棄する項目が新たに追加

PC Windows

昨年もPSNの個人情報流出問題や『Battlefild 3』の『BF1943』未収録事件などで発生したように、ゲーム業界でもニュースとして度々見かける“集団訴訟”ですが、ValveがSteamの利用規約を更新し、新たにこの集団訴訟を防ぐ項目を追加しました。

集団訴訟に関する項目はSteam利用規約の第12条「紛争解決/拘束力のある仲裁/集団訴訟への参加権の放棄」で、ユーザーは一切の集団訴訟や代表訴訟へ参加しないことについて同意するなどの条文を含んだもの。追加された利用規約への同意は国内アカウントでも必要となっており、Steamを起動するとその旨が知らされるようになっています。

Valveはこの抑止策の追加に関し、集団訴訟は殆ど多くのケースでユーザーへの利益は発生せず、裁判の遅延や不必要な出費によって弁護士が得をするような形になると説明。集団訴訟はValveにとってもコミュニティにとっても利益のない行為だとコメントしています。一方で海外サイトKotakuでは、Steamで重大な問題が発生した際に、真にユーザーにとって利益となるような集団訴訟が行えなくなる問題点が指摘されています。

集団訴訟を防ぐ条文を追加する今回と同様の動きは、昨年のソニーのPSNやMicrosoftのXbox LIVEの規約変更でも見られ、国内外で大きな話題となっていました。
(ソース: Steam News)

【関連記事】
集団訴訟を防ぐPSN規約改定を巡り、米国ユーザーがソニーを提訴
Infinity Ward社員約40名がActivisionを訴訟、賠償額は5億ドル以上?
「不当な利益を得ている」マイクロソフトポイントを巡り米国で集団訴訟
Take-Two、『GTA: SA』のホットコーヒー問題に2000万ドルの和解金で決着
『ファイナルファンタジーXI』のユーザーがスクウェア・エニックス米法人を集団訴訟
《ishigenn》

PC アクセスランキング

  1. Android NがPCで動くゲームプラットフォーム「BlueStacks +N」がオープンベータテスト開始

    Android NがPCで動くゲームプラットフォーム「BlueStacks +N」がオープンベータテスト開始

  2. 『PUBG』パルス調整を目的としたテストサーバのアップデート―新チートパターンも発見

    『PUBG』パルス調整を目的としたテストサーバのアップデート―新チートパターンも発見

  3. GOGにて残虐カーアクション『Carmageddon TDR 2000』が48時間限定無料配布!【UPDATE2】

    GOGにて残虐カーアクション『Carmageddon TDR 2000』が48時間限定無料配布!【UPDATE2】

  4. あの名作RTSが現代に蘇る!『Age of Empires: Definitive Edition』発売日決定

  5. 期待の経営シム新作『Rise of Industry』が2月に早期アクセス開始!―ビジネスを拡大せよ

  6. Crytek新作『Hunt: Showdown』アルファテスト開始日決定!2018年1月末より

  7. カルト的人気の海外産美少女ノベル『Doki Doki Literature Club!』200万DL突破―Steamで圧倒的に好評

  8. 『ライフ イズ ストレンジ ビフォア ザ ストーム』ボーナスエピソード“Farewell”海外配信日決定!

  9. Razer、最新薄型ノートPCと外部グラフィックスエンクロージャーの国内発売を発表

  10. PC版『World of Warships』最新アップデートで「戦艦武蔵」実装!トレーニングルームも追加

アクセスランキングをもっと見る

page top