任天堂、Wii U本体更新の詳細を発表、岩田社長の説明ツイートも | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

任天堂、Wii U本体更新の詳細を発表、岩田社長の説明ツイートも

任天堂は、Wii U本体更新に関する重要なお知らせを公開しました。Wii Uはインターネットに接続して本体機能の更新を行います。本体更新を行うと、本体に内蔵されているソフトなどを更新したり、機能を追加したりすることができます。

ニュース 最新ニュース
任天堂は、Wii U本体更新に関する重要なお知らせを公開しました。

Wii Uはインターネットに接続して本体機能の更新を行います。本体更新を行うと、本体に内蔵されているソフトなどを更新したり、機能を追加したりすることができます。

今回公開されたお知らせでは、事前にも告知されていた通りはじめて行う本体更新は1時間以上かかる場合があるとされています。この時、進行状況を示すプログレスバーが止まっているように見える場合がありますが、故障ではないということです。また、更新の途中でACアダプターを抜くと、故障の原因になるとのことなので注意してください。

本体の更新は「あとから更新する場合」と「すぐに更新する場合」を選択することが可能になっています。あとから更新する場合は、購入後すぐにソフトで遊ぶことが可能になっており、更新データのダウンロードはゲームプレイ中にも自動的に行われるとのことです。この場合、ネットワークを利用する機能は本体更新まで利用することができません。

すぐに更新する場合はそのまま更新データのダウンロードがはじまります。ダウンロードには1時間以上かかる場合があるとのことで、この間はWii Uを操作することができなくなります。

どちらも、ダウンロード後にインストールがはじまります。インストール終了後に表示される画面で「OK」を押すと、本体が再起動し、本体更新が完了するという流れになっています。

また、これについて、任天堂の岩田社長はTwitterにて直接説明。本体更新に1時間かかることがインターネット上にてネガティブな印象を与えられていることに触れ、更新時の表記がわかりにくかったとし、今回のお知らせの内容を掲載したチラシを店頭で配布するとのことです。







いずれも、本体更新をする時は自宅やプレイする環境にあったものを選んでみてください。 (ソース: 本体更新のお知らせ)
《インサイド》

ニュース アクセスランキング

  1. 『DEATH STRANDING』公式アートブック「The Art of DEATH STRANDING」が11月に海外で発売―数百のコンセプトアートや新川洋司氏のアートワークも収録

    『DEATH STRANDING』公式アートブック「The Art of DEATH STRANDING」が11月に海外で発売―数百のコンセプトアートや新川洋司氏のアートワークも収録

  2. 『リトルナイトメア2』公式サイトオープン!ダークな世界観を始めとする本作の特徴も紹介

    『リトルナイトメア2』公式サイトオープン!ダークな世界観を始めとする本作の特徴も紹介

  3. オフロードシム続編『SnowRunner』PC/PS4/XB1で2020年海外発売発表―雪山含む悪路で格闘するトレイラー公開

    オフロードシム続編『SnowRunner』PC/PS4/XB1で2020年海外発売発表―雪山含む悪路で格闘するトレイラー公開

  4. デュアル4Kディスプレイ搭載のノートPC「ASUS ZenBook Pro Duo」とフリップカメラ搭載の「Zenfone 6」が日本上陸!「Pro Duo」の価格は361,500円から

  5. Win 10版『マインクラフト』がレイトレーシングに正式対応―ビジュアルが劇的に向上、新時代へ…

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. SIEのパブリッシング作品がEpic Gamesストアに登場!『ReadySet Heroes』PC版が発表

  8. 『モンハンワールド:アイスボーン』水を使う新古龍「ネロミェール」が登場するPV第4弾!

  9. 『モンハン:ワールド』防具「ガーディアン」シリーズ&アイテムパックを全プレイヤーに配信!『アイスボーン』に備えよ

  10. SIE、『Marvel's Spider-Man』で知られるデベロッパーInsomniac Gamesを買収

アクセスランキングをもっと見る

page top