発売まで一週間と迫った『METAL GEAR RISING REVENGENANCE』のローンチパーティーが開催 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

発売まで一週間と迫った『METAL GEAR RISING REVENGENANCE』のローンチパーティーが開催

2月21日にコナミデジタルエンタテインメントから発売されるPlayStation 3ソフト『METAL GEAR RISING REVENGEANCE』。本タイトルの発売を記念した「ローンチパーティー」が開催されました。

家庭用ゲーム PS3
2月21日にコナミデジタルエンタテインメントから発売されるPlayStation 3ソフト『METAL GEAR RISING REVENGEANCE』。本タイトルの発売を記念した「ローンチパーティー」が開催されました。


『METAL GEAR RISING REVENGEANCE』は、2008年に発売された『METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS』にサイボーグとして登場した「雷電(ライデン)」が主人公のアクションゲームです。舞台となるのは、『METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS』から4年後の世界。これまでのタイトルとは違い、サイボーグ同士の人智を越えた戦いが描かれることになります。

13日に行われたローンチパーティーには、小島プロダクション監督であり『メタルギア』シリーズの生みの親である小島秀夫氏、『メタルギア』独特の世界観を生み出してきたアートディレクター新川洋司氏に加え、小島プロダクションの是角有二氏、開発を手掛けるプラチナゲームズの稲葉敦志氏の両プロデューサーが登場しました。

登壇する制作陣

左から小島氏、新川氏、プロデューサーの是角有二氏(小島プロダクション)、稲葉敦志氏(プラチナゲームズ)

イベントではまず、本作の開発に至るまでの経緯が語られました。小島監督が「2年ほど前に、メタルギアの新作をプラチナゲームズさんにお任せする、という話をした時に周りからいろいろ言われました。でも、できあがった作品を見て、この出来を見ろよ! と思いましたね。しかも、最初の予定通りですよ(笑)」と語り、階乗に集まった多くのファンの笑いを誘いました。

左:小島秀夫監督、右:新川洋司氏(アートディレクター)

対してプラチナゲームズの稲葉氏は「最初に小島監督からお話をいただいた時に、仲間からは『なんて仕事受けたんだよ』と文句を言われました。でも、実際に作り始めてからは、もうスタジオ一丸となって楽しく作ることが出来たと思います」と答えました。

続いて、本タイトルの主人公となる「雷電」についての話題となりました。まず、前作の白をモチーフとしていたものから黒を基調としたスタイルに変更になった点について、新川氏は「以前の雷電は、ユーザーがそれぞれの思い入れを持って、そのユーザーの色に染めてほしいという思いを込めて白いコスチュームでした。しかし今回は、確固たる自分の意志を持ったキャラクターとして描かれているので、黒いグラフィックになっています。ダークヒーローっぽいイメージにも合致しますしね」と説明してくれました。

雷電のデザイン

また、雷電と共に戦う犬型サイボーグ「Blade Wolf/LQ-84i」は、プラチナゲームズ側からの提案だったとのことです。新川氏は、稲葉氏から提案があった半日後にはラフを仕上げてしまったとのことで、「犬、と聞いて意外な気もしたんですが、考えてみれば雷電のパートナーとしてはすごくしっくりくる」と感じたそうです。

犬型サイボーグ「Blade Wolf/LQ-84i」は、プラチナゲームズからの提案で作品に登場しました


◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


『METAL GEAR RISING REVENGENANCE』には、主人公「雷電」をはじめとした多くのキャラクターが登場します。味方であるマヴェリック・セキュリティ・コンサルティングの面々はもちろん、敵として登場するキャラクターも個性的で、本タイトルの世界を彩ります。


新川氏によれば、味方として登場するボリスは小島プロダクションでデザインしましたが、他のキャラクターは基本的にプラチナゲームス側でデザインしたとのことです。前作に登場した「サニー」の大きく成長した姿は、『メタルギア』ファンにとってはうれしいポイントではないでしょうか。


また、雷電の前に立ちはだかる「ミストラル」や「サンダウナー」といった敵も、とても魅力的です。無数の手が生えていたり、ボディパーツが浮いていたりと個性的な姿をしていますが、これらのデザインはプラチナゲームスのデザイナー陣が一丸となって考えたそうです。稲葉氏は「ほかのプロジェクトからデザイナーを引っ張ってきて、デザインを考えてもらいました。そのせいで、ディレクター連中からは怒られましたが」と頭をかいていました。


さらに、これらのボスキャラクターを倒すと手に入るユニークウェポンも紹介されました。ユニークウェポンは、それぞれ「尖った」性能を持っており、通常武器とはかなり異なった攻撃スタイルを楽しむことができます。稲葉氏のお気に入りは「ミストラル」を倒すと手に入るポールアーム「エトランゼ」だそうです。「エトランゼ」は鞭のようにしなるポールアームで、周囲を囲まれた状態で敵を一掃する事が可能です。ヒット数も大きく稼ぐことが出来るので、爽快感を味わうにはもってこいの武器ですね。


本イベントでは、サプライズとして「サニー」を演じる井上喜久子さんと、「ミストラル」を演じる朴王路美(王路は王へんに路)さんからのビデオメッセージが公開されました。

■井上喜久子さんからのメッセージ
前作では人見知りであんまり外の世界に出られませんでしたが、今回は成長した姿で登場します。とても明るくてかわいいサニーになっていますので、ゲームの中で感じ取っていただけたらうれしいです。皆さん、ぜひ楽しくプレイしてください。

サニー役の井上喜久子さん


■朴王路美さんからのメッセージ
ミストラルは、雷電の前に立ちはだかる強力な敵として登場します。外見は腕がいっぱいあるし、内面でも自分が殺した敵をうらやましがるような、少し常軌を逸したキャラクターです。でも、演じていく内にその悲しみを、わかっていく感じがしました。

ミストラル役の朴王路美さん



◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


『METAL GEAR RISING REVENGEANCE』の新情報や制作秘話が明かされたところで、なんと主人公「雷電」役を演じる堀内賢雄さんがステージに登場しました。

雷電役の堀内賢雄さん

堀内さんはまず、「今回の雷電はかっこいいですよね!」とひと言。会場に集まったファンからは「かっこいー!」という大歓声が上がりました。続いて「いや、本当に格好いいんですよ、今回の雷電は。僕自身は、わりとダジャレやユーモアで笑わせるのが好きなんですけど、それはいっさい封印しました。そうじゃないと、演じることができなかったんです」と語りました。


さらに「収録期間は長かったですねー。これって終わるのかな、とずっと考えていました。でも楽しかったんですよね。皆さん本気で作っているのがわかるし、僕もこれまでの引き出しだけじゃなく、本気で雷電になりきってやってましたから」と収録時の様子を語ってくれました。

そしてステージも佳境に入り、ダウンロードコンテンツが紹介されました。小島監督から「これは日本だけのオリジナルコンテンツです」として紹介したスクリーンには、「蛇魂」の文字が。会場のファンからは、期待と驚きの溜息が漏れます。そして、『メタルギア』シリーズには欠かすことの出来ないキャラクター「スネーク」の声が流れると、溜息は歓声に変わりました。



「蛇魂」はダウンロードコンテンツとして手に入ウェポンで、伝説の英雄「スネーク」の言葉が宿る不思議な木刀です。振り方によってさまざまな音声が流れ、中には前作までに生まれた名言もあるとのことです。

「蛇魂」の紹介の後、いよいよ「スネーク」役を演じた大塚明夫さんがステージに姿を現しました。大塚さんは今回演じた「蛇魂」のセリフについて「懐かしいセリフが一杯でしたね。特に『1』で演じたセリフを聞くと、演技なんかが甘いなーと感じる点もたくさんありました。なので、もう一度演じることができてうれしかったですね」と語りました。

木刀・蛇魂役の大塚明夫さん


また、今回主人公ではなく雷電の使う武器として登場することについては「正直、出たかったなーと思う部分はあります。でも、小島監督ほかスタッフと協力して創り上げた『メタルギア』の世界が、こうやって広がっていくことについてはうれしさもある。複雑な気分ですね」と本音を見せる場面もありました。




◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


『METAL GEAR RISING REVENGEANCE』のダウンロードコンテンツ第1弾は、発売から2ヶ月という短い時間でリリースされる予定です。

内容は、先ほど紹介した「蛇魂」が使用可能となるほか、小型無人偵察機・仔月光を操るミッションなど計30種類のミッションを収録したものとなります。

(c)Konami Digital Entertainment Developed by PlatinumGames Inc.

(c)Konami Digital Entertainment Developed by PlatinumGames Inc.

(c)Konami Digital Entertainment Developed by PlatinumGames Inc.

さらに、第2弾・第3弾では本編で登場した「サムエル」と「LQ-84i(後のブレードウルフ)」の過去エピソードになるとのこと。新たなボス戦も収録されるということなので、『METAL GEAR RISING REVENGEANCE』をやり尽くしてしまうのはかなり先になりそうです。

また、さまざまなコラボレーション企画や発売記念イベントが発表されました。まず注目したいのは、発売日である2月21日に開催される発売記念イベントです。このイベントは、キャンペーン対象店舗にてソフトを購入したユーザーに、抽選で『METAL GEAR RISING』グッズをプレゼントするという企画。iPhoneケースやオリジナルクリアファイルなどの非売品が用意されるほか、参加者全員に「なり斬り雷電マスク」がプレゼントされます。

■『METAL GEAR RISING REVENGEANCE』発売記念抽選会 実施店舗

【札幌】
* ヨドバシカメラ マルチメディア札幌

【東京】
* ビックロ ビックカメラ新宿東口店(ビックカメラ新宿西口店、ビックカメラ新宿東口駅前店、ソフマップ新宿2号店も対象)
* ビックカメラ 有楽町店
* ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba
* コナミスタイル 東京ミッドタウン店(およびコナミスタイルネット通販)

【名古屋】
* ソフマップ名古屋駅ナカ店(ビックカメラ名古屋駅西店も対象)

【大阪】
* ヨドバシカメラ マルチメディア梅田
* ジョーシン ディスクピア日本橋店
* エディオン円町店

【福岡】
* ヨドバシカメラ マルチメディア博多

※コナミスタイル 東京ミッドタウン店のみ、2月21日〜24日まで開催

発売記念抽選会景品一覧(c)Konami Digital Entertainment Developed by PlatinumGames Inc.

このほか、サウンドトラックやオリジナルTシャツ(UNIQLOとコラボレーション)、新川氏デザインのオリジナルウォッチ(SEIKOとコラボレーション)など多数のコラボレーショングッズが発売されることが明らかになりました。どれも『メタルギア』ファンなら是非手に入れたい逸品ばかりです。気になる人は、公式サイトの「INFORMATION」から確認してみましょう。
※抽選会景品の画像はイメージです。

(c)Konami Digital Entertainment Developed by PlatinumGames Inc.サウンドトラックパッケージ

(c)Konami Digital Entertainment Developed by PlatinumGames Inc.小島秀夫監督著「僕が愛したMEMEたち」

(ソース: METAL GEAR RISING REVENGEANCE)

【関連記事】
『METAL GEAR RISING REVENGEANCE』の最新トレイラー&TVCMが公開
『METAL GEAR RISING』のクリア時間についてプラチナ稲葉氏が正式コメント
『MGR』開発スタッフブログ更新、“斬奪”を含む「自由切断」の仕様を詳しく解説
無人兵器を描いた『METAL GEAR RISING』最新トレイラー“Unmanned Gears”が海外で公開
北米で『METAL GEAR RISING』のVRミッションに新ミッションを追加するDLCが発表【UPDATE】
『METAL GEAR RISING REVENGEANCE』の“オーグメントモード”紹介トレイラー
スクエニより小島監督へ、世界にひとつのプレイアーツ改“秀雷電”がプレゼント
PS3/360『METAL GEAR RISING REVENGEANCE』の最新トレイラーが多数公開
海外版『METAL GEAR RISING』限定版の最終ボックスアートデザインが公開
“斬る”壮快感と“凌ぐ”駆け引きの骨太アクション『METAL GEAR RISING REVENGEANCE』プレイレポ
《インサイド》

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. スイッチ『スーパーリアル麻雀PVI』23年の時を経て復刻リリース─便利なガイド機能やミニゲーム「搾乳でポン」も搭載

    スイッチ『スーパーリアル麻雀PVI』23年の時を経て復刻リリース─便利なガイド機能やミニゲーム「搾乳でポン」も搭載

  2. アクションRPG『イモータル:アンチェインド』ゲームプレイトレイラー!ハードコアな戦場を戦い抜け

    アクションRPG『イモータル:アンチェインド』ゲームプレイトレイラー!ハードコアな戦場を戦い抜け

  3. PS4/スイッチ版『アサシン クリードIII リマスター』発売開始!各種DLCや『レディ リバティ』も収録

    PS4/スイッチ版『アサシン クリードIII リマスター』発売開始!各種DLCや『レディ リバティ』も収録

  4. ダーク戦国アクションRPG『仁王2』のクローズドアルファが海外で近日実施!プレイシーン収めた映像も

  5. 新感覚VRゲーム音ゲー『Beat Saber』正式版配信開始!PC版にはレベルエディター実装

  6. 『エースコンバット7』DLC第1弾配信開始!ADF-11F「レーベン」がUAVで獲物を喰らうトレイラーも

  7. 『CoD:BO4』最新パッチノート―Black Opsパス所有者がパス未所持のパーティーメンバーにマップアクセス権を付与可能に

  8. かわいいリズムACT『Muse Dash』Steam/ニンテンドースイッチ版が6月20日に発売決定

  9. みんな集え!『オーバーウォッチ』で『UNO』をプレイできるワークショップ登場

  10. 『Apex Legends』新パッチ更新内容が公開―オーディオエンジンの最適化、ジブラルタルのシールド貼り付け修正など

アクセスランキングをもっと見る

1
page top