任天堂、Wiiのモーションコントロールを巡る特許訴訟で勝訴・・・「不当な訴訟には断固戦う」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

任天堂、Wiiのモーションコントロールを巡る特許訴訟で勝訴・・・「不当な訴訟には断固戦う」

米モティバ(Motiva)が同社の特許を任天堂の「Wii」が侵害しているとして提訴していた問題で、米連邦巡回控訴裁判所が13日、任天堂を支持する判断を下しました。特許はモーションコントロールに関するものです。

家庭用ゲーム Wii
米モティバ(Motiva)が同社の特許を任天堂の「Wii」が侵害しているとして提訴していた問題で、米連邦巡回控訴裁判所が13日、任天堂を支持する判断を下しました。特許はモーションコントロールに関するものです。

Motivaは2008年に「Wii」が特許を侵害しているとテキサス州東地区連邦地方裁判所に提訴。さらに2010年にはアメリカ国際貿易委員会(ITC)に対して関税法(1930年)の第337条に基づき(特許侵害のある外国製品の輸入差止)、審査を求めました。この審査過程において、任天堂は(1)Motivaの特許を用いた製品が1つも存在しないこと (2)任天堂を提訴する以外の利用法が見られないこと (3)訴訟は国内産業を保護することにもつながらないこと などを主張し、ITCは任天堂の主張を認めました。

連邦巡回控訴裁判所も、任天堂とITCの主張を認める形で判断を下しています。

任天堂の法務顧問を務めるRichard Medway氏は「私たちはこの結果に満足しています。裁判所はMotivaの行動が任天堂に対するただ敵対的な行動であるだけで、産業にとってプラスなものではないというITCの決定を支持しました。任天堂は様々なIPホルダーを尊重しながら、革新的な製品作りを行なってきた長い歴史を持ちます。私たちは第三者の権利を侵害していないにも関わらず、このような主張が行われる場合、積極的に主張を行なっていくつもりです」とコメントしています。
(ソース: United States Court of Appeals for the Federal Circuit PDF)

【関連記事】
『シムシティ』のウィル・ライト氏のヒーローは宮本茂氏、新作は「生活と密接な関係」
任天堂、E3でメディア向けイベント開催 ― レジー社長と宮本茂氏がWii U新作を紹介
レトロスタジオ、Wii Uタイトルを近い未来に公開か ― 任天堂の山田氏がコメント
Wii U大型アップデート「3.0.0J」配信開始 ― メニュー復帰の高速化、機能改善など
任天堂が今年のE3では大規模プレスカンファレンスを行わない事を発表、複数の小規模なイベントに焦点
任天堂、Web版「Miiverse」公開 ― PC、スマホから観覧が可能に
任天堂、円安効果で最終黒字を確保−今期業績は公約通り「営業利益1000億円」
《インサイド》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『デビル メイ クライ 5』EXカラーやEX挑発を購入できる各種DLCが配信スタート!

    『デビル メイ クライ 5』EXカラーやEX挑発を購入できる各種DLCが配信スタート!

  2. 『デビル メイ クライ 5』販売本数が200万本突破!発売から2週間足らずで【UPDATE】

    『デビル メイ クライ 5』販売本数が200万本突破!発売から2週間足らずで【UPDATE】

  3. し、渋い…『SEKIRO』カッコいい刀掛け風カスタムXB1のプレゼントキャンペーンが海外で実施

    し、渋い…『SEKIRO』カッコいい刀掛け風カスタムXB1のプレゼントキャンペーンが海外で実施

  4. 本格ADV『AI: ソムニウム ファイル』7月25日発売決定―衝撃のトレイラー映像も公開

  5. 『Nintendo Labo: VR Kit』紹介映像―64個+自分で作ったVRゲームを楽しめる!

  6. 『ストリートファイターV』2種のリーグが開催決定―トッププレイヤーおよびプロを目指すアマチュア向け

  7. 【囲みレビュー】『Bloodborne』──過去作品との比較を含めて、本作の魅力を語り合う

  8. 死んでも踊れ!ダンスパッドで『Bloodborne』をプレイする猛者が出現

  9. 【UPDATE】今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  10. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』「隻狼」の主張が強すぎる特別なPS4 Proが登場―海外限定のキャンペーンで

アクセスランキングをもっと見る

1
page top