【Xbox One発表】40項目もの改良を施したXbox One専用コントローラーの詳細が明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【Xbox One発表】40項目もの改良を施したXbox One専用コントローラーの詳細が明らかに

昨夜、米レッドモンドの発表会で大々的にお披露目されたMicrosoftの新ハードXbox One。複数の海外メディアにて、その専用コントローラーのハンズオン情報が掲載されています。Microsoftが謳っているように、Xbox Oneの専用ワイヤレスコントローラーでは、既存のXbox 360

ニュース 最新ニュース

昨夜、米レッドモンドの発表会で大々的にお披露目されたMicrosoftの新ハードXbox One。複数の海外メディアにて、その専用コントローラーのハンズオン情報が掲載されています。Microsoftが謳っているように、Xbox Oneの専用ワイヤレスコントローラーでは、既存のXbox 360コントローラーから40項目もの改良と変更が施されており、そのいくつかが判明しているので以下にまとめました。

  • 最も変わった部分は電池パック。コントローラー内部に統合された形で背面の起伏もなくなった。

  • 単3電池を入れる向きが縦から横に変わった。

  • アナログトリガー内に2つの新たな振動モーターを追加(両グリップ内に振動モーターも健在)。

  • これによりFPSの射撃時やレースゲームのエンジンスタート時などの振動が指先で感じられる。

  • トリガーボタンの反応がより緻密になった。

  • LB/RBボタンが少し横長になった。

  • 正面ガイドボタンの位置と用途はほぼ同じ。

  • スタート/セレクトボタンは、マルチタスク/ポーズ・メニュー画面を思わせるアイコンのボタンに変わった。

  • アナログスティックはXbox 360の時より小さい。

  • アナログスティックの縁が網目状になって動かしやすくなり、これまでより25%弱い力で回転させられる。

  • Wi-Fi Direct Radio StackによりコントローラーとXbox One本体間のデータ転送スピードが上がった。

  • 入力の正確性を持ってデザインされた新たな十字キー。

  • ステレオヘッドセットやその他のアクセサリーを接続可能。

  • 背面のネジ穴が消滅。

(ソース: Eurogamer, Polygon[1], [2])

【関連記事】
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

    【e-Sportsの裏側】本当の意味での「最強」になりたい。プロゲーマーときど氏インタビュー

  2. アーケード版『ストV』開発決定!全キャラクターが標準で使用できるほか、パッドの持ち込みにも対応【TGS2018】

    アーケード版『ストV』開発決定!全キャラクターが標準で使用できるほか、パッドの持ち込みにも対応【TGS2018】

  3. 「日本ゲーム大賞 2018」フューチャー部門の受賞作品が決定! ゲーマー期待の11作品が選出【TGS2018】

    「日本ゲーム大賞 2018」フューチャー部門の受賞作品が決定! ゲーマー期待の11作品が選出【TGS2018】

  4. 『フォートナイト』シーズン6は9月27日から!バトルパスの経験値400%プラスボーナスも開始

  5. 「日本ゲーム大賞 2018」受賞作品発表! 大賞は『モンスターハンター:ワールド』に【TGS2018】

  6. ADVの老舗Telltale Gamesの大部分が閉鎖へ…高評価を受けるも売り上げに苦心

  7. 【e-Sportsの裏側】追求し、共感を受けて、そして今の僕がいる。プロゲーマーPunkインタビュー

  8. PC版『エースコンバット7』Steamで予約開始!最小動作環境はGTX 750Tiから

  9. 『ロマンシング サガ3』HDリマスターおよび、シリーズ最新作『ロマンシング サガ リ・ユニバース』発売決定!

  10. 『CoD:BO4』恒例「Nuketown」は全プレイヤー向けに11月配信―BLACKOUT、マルチの発売後展開が予告

アクセスランキングをもっと見る

page top