『Saints Row IV』がオーストラリアの再審査で再び発禁処分、一方国内ではSteamのLow Violence表記が削除 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Saints Row IV』がオーストラリアの再審査で再び発禁処分、一方国内ではSteamのLow Violence表記が削除

先月末、オーストラリア等級審査委員会(ACB)に審査を拒否され事実上のオーストラリア国内における発禁処分を受けた『Saints Row IV』ですが、その後問題のあった箇所を修正し再提出された同作が再び審査を拒否され、2度にわたり発売禁止の処分を受けたことが明らかと

PC Windows
先月末、オーストラリア等級審査委員会(ACB)に審査を拒否され事実上のオーストラリア国内における発禁処分を受けた『Saints Row IV』ですが、その後問題のあった箇所を修正し再提出された同作が再び審査を拒否され、2度にわたり発売禁止の処分を受けたことが明らかとなりました。

オーストラリア政府は公式声明にて、使用を誘発するようなドラッグの描写や許されざるリワードなどはR18+区分に適応するものではないとコメント。審査の拒否を決定した詳細な理由は近日中にも政府のWebサイト上で公開するとしています。

『Saints Row IV』は今年1月にACBでR18+区分が制定されて以降、初となる発禁処分を受けたタイトルで、パブリッシャーであるDeep Silverは本来のゲームプレイを出来る限り損なうことなくオーストラリア地域に向けた修正を行うとしていました。


なおオーストラリアと日本国内からSteamの『Saints Row IV』商品ページへとアクセスすると、一部暴力表現が修正されていると思われる“Low Violence Version”が表記されることを先日お伝えしましたが、実際にゲームの中身も表記の通り変更されたのかは不明ながら、国内では7月29日現在その表記が削除されているようです。
(ソース: Australian Goverment)

【関連記事】
オーストラリアや日本地域にてSteamの『Saints Row IV』がLow Violence Versionに差し替え
『Saints Row 4』がオーストラリアにて発禁処分に。理由は性暴力の暗示や非道徳的要素、ドラッグの称賛
《ishigenn》

PC アクセスランキング

  1. ゾンビサバイバル『7 Days to Die』日本語対応!他バグフィックスなども

    ゾンビサバイバル『7 Days to Die』日本語対応!他バグフィックスなども

  2. オープンワールドMMO『Last Oasis』PvP要素に注目した解説映像!クローズドベータの案内も

    オープンワールドMMO『Last Oasis』PvP要素に注目した解説映像!クローズドベータの案内も

  3. とってもキュートなゲーム集『QT』PC向けに配信開始―『P.T.』風含むゆるかわADV3作品セット

    とってもキュートなゲーム集『QT』PC向けに配信開始―『P.T.』風含むゆるかわADV3作品セット

  4. 名作RTSリマスター『Commandos 2 - HD Remaster』『Praetorians - HD Remaster』配信開始!

  5. 『Apex Legends』新レジェンド「フォージ」や新武器などが登場するシーズン4「アシミレーション」の情報公開!

  6. 週末セール情報ひとまとめ『Red Dead Redemption 2』『Devil May Cry 5』『ボーダーランズ3』『Risk of Rain 2』他

  7. 『フォートナイト』「チャプター2―シーズン2」は2月20日開始!当初の予定よりさらに延期へ

  8. ローグライト弾幕ダンジョンクライマー『Exit the Gungeon』Steam版予約開始!

  9. 同棲サキュバスは男性が苦手?美少女恋愛ADV『とらぶるでいず』Steam向けに発表

  10. 『ディビジョン2』スキルと再調整システムを大幅刷新する「エピソード3」配信後の展望が公開

アクセスランキングをもっと見る

page top