浮世絵ビジュアルで描かれる活劇アクション格ゲー『Edo Superstar』が正式発表、主役はスーパースターを目指す忍者猿 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

浮世絵ビジュアルで描かれる活劇アクション格ゲー『Edo Superstar』が正式発表、主役はスーパースターを目指す忍者猿

海外でナードな浮世絵アーティストとして有名なJed Henry氏が、江戸時代の猿が主役という異色のアクションゲーム『Edo Superstar』を正式発表しました。現在Kickstarterにて6万5千ドルの獲得を目指すクラウドファンディングを実施しており、開始1日目にして1万ドル以上

ニュース 最新ニュース

海外でナードな浮世絵アーティストとして有名なJed Henry氏が、江戸時代の猿が主役という異色の格闘アクションゲーム『Edo Superstar』を正式発表しました。現在Kickstarterにて6万5千ドルの獲得を目指すクラウドファンディングを実施しており、開始1日目にして1万ドル以上を集めるなどすでに注目が集まっています。

日本一のスターになるため滋賀忍者の里で修行を積み、ただし忍者では人気者になれないので里を抜けた猿“勝(まさる)”が、お喋りネズミの案内のもと日本中の悪名高い者たちと戦いを繰り広げていくという『Edo Superstar』。プレイヤーは“まさる”となって様々な悪者と拳を交えながら、江戸のスーパースターを目指すことになります。

ゲームはiOS/Androidが対象のタッチタブレット専用ゲームとなっており、画面上で様々なタッチ操作を行うことで従来の2D格闘ゲームのように必殺技を発動することができます。例えばタップ(頭ジャブ)、上スワイプ(アッパーカット)、左右スワイプ(投げ)と連続操作を行うと、“Judo Crush”という必殺技を放つことが可能。プレイ映像では直感的かつスピーディーな操作感が披露されています。


また美麗な浮世絵ビジュアルとアニメーションは本作最大の魅力。『Edo Superstar』を製作するJed Henry氏は、過去にも『メトロイド』のサムスや『ゼルダの伝説』のリンクなどを浮世絵で描いてきた自他共に認めるナードで日本好きな浮世絵アーティスト。またこれに加え日本の木版画職人として知られるデービット・ブル氏が『Edo Superstar』をテーマにした木版画を出資者に提供するほか、Henry氏の弟だという作曲家Jordan Henry氏による軽やかな和風ポップサウンドも素晴らしいトラックばかりとなっています。


なお同作はiOS/Android以外にも集まった額によってはWindows 8やPS Vita/Wii U/3DSなどでのリリースも検討するとのことです。下手すれば日本人以上に日本のクラシックソウルを見事捉え描いた格闘アクションゲーム『Edo Superstar』は、現地時間の9月5日までKickstarterにてクラウドファンディングのキャンペーンを実施予定です。
(ソース&イメージ: Edo Superstar)

【関連記事】
クラウドファンディングサービスKickstarterがカナダで正式にローンチ
American McGee氏が手掛ける3Dアニメ作品『Alice: Otherlands』がKickstarterを達成
『Final Fantasy VII』ファンメイド実写ウェブシリーズのKickstarterがスクエニによって差し止め
映画『フィフス・エレメント』を思わせるカーコンバットゲーム『Collateral』のKickstarterが進行中
RTS版『Syndicate』の精神的続編『Satellite Reign』のKickstarterが終了、約7千万円もの資金獲得に成功
《ishigenn》
【注目の記事】[PR]

ニュース アクセスランキング

  1. 『CoD:ウォーゾーン』スキンが盗作疑惑で削除―オリジナル作者は正式な謝罪と説明を求める

    『CoD:ウォーゾーン』スキンが盗作疑惑で削除―オリジナル作者は正式な謝罪と説明を求める

  2. 「ソニーがGame Passへのゲーム配信を妨げている」?―ブラジルでのマイクロソフト主張の真贋は、そして『CoD』は独占にはせず【UPDATE】

    「ソニーがGame Passへのゲーム配信を妨げている」?―ブラジルでのマイクロソフト主張の真贋は、そして『CoD』は独占にはせず【UPDATE】

  3. 小林裕幸氏がカプコンを退職し、NetEase Gamesへ移籍―『デビルメイクライ』『バイオ』『戦国BASARA』などでプロデューサーを務めた人物

    小林裕幸氏がカプコンを退職し、NetEase Gamesへ移籍―『デビルメイクライ』『バイオ』『戦国BASARA』などでプロデューサーを務めた人物

  4. 『GTA V』販売本数1.7億本突破をテイクツーが報告―次回作『GTA 6』への言及も

  5. 大ヒットドラマ「ブレイキング・バッド」のGTA的ゲーム計画は暗礁に乗り上げたまま…“期待しないほうがいい”

  6. (※ネタバレあり)『Stray』重要なヒントを見逃すな!人類の遺した情報から世界の謎に迫れるか【ゲームで英語漬け#103】

  7. 3DSの名作を“お得に買える”最後のチャンス!あの人気作・プレミアソフトが500円や1,000円で―アトラス、バンナム、LEVEL5など各社が展開

  8. ケイブが『東方Project』の“新規ゲーム”開発を発表!名作STG『怒首領蜂』などで知られるメーカー

  9. 『いっき』『アトランチスの謎』で知られる「SUNSOFT(サンソフト)」が令和に復活!

  10. 【期間限定無料】多彩な一皿を素早く調理し提供!料理ACT『Cook, Serve, Delicious! 3?!』Epic Gamesストアで配布開始

アクセスランキングをもっと見る

page top