武器スキンやドロップシステムを採用する『CS:GO』の“Arms Deal”アップデートが実施 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

武器スキンやドロップシステムを採用する『CS:GO』の“Arms Deal”アップデートが実施

先日より噂されていたように、武器スキンやドロップシステムを採用する『Counter-Strike: Global Offensive』の“Arms Deal”アップデートが実施されました。アップデート詳細ページでは様々な新要素が解説されています。

ニュース 最新ニュース
武器スキンやドロップシステムを採用する『CS:GO』の“Arms Deal”アップデートが実施
  • 武器スキンやドロップシステムを採用する『CS:GO』の“Arms Deal”アップデートが実施
  • 武器スキンやドロップシステムを採用する『CS:GO』の“Arms Deal”アップデートが実施
  • 武器スキンやドロップシステムを採用する『CS:GO』の“Arms Deal”アップデートが実施
  • 武器スキンやドロップシステムを採用する『CS:GO』の“Arms Deal”アップデートが実施
  • 武器スキンやドロップシステムを採用する『CS:GO』の“Arms Deal”アップデートが実施
  • 武器スキンやドロップシステムを採用する『CS:GO』の“Arms Deal”アップデートが実施
  • 武器スキンやドロップシステムを採用する『CS:GO』の“Arms Deal”アップデートが実施
  • 武器スキンやドロップシステムを採用する『CS:GO』の“Arms Deal”アップデートが実施

先日より噂されていたように、武器スキンやドロップシステムを採用する『Counter-Strike: Global Offensive』の“Arms Deal”アップデートが実施されました。アップデート詳細ページでは様々な新要素が解説されています。

  • 10のテーマの100以上の武器スキン。

  • 限定武器スキンが収録された箱 “eSports Weapon Case”と“CS:GO Weapon Case”。これらの箱はインゲームストアで販売される専用の鍵で開梱する事ができる。

  • 武器スキンや箱は公式、またはコミュニティーサーバーでのプレイ時間によってドロップする(ゲームモード問わず)。

  • 武器スキン、箱、鍵はSteamのトレード機能あるいは、コミュニティーマーケットで取引可能。

  • サイレンサー付きのM4A1及びUSPが復活。

  • キル数をカウントする“StatTrak”モジュール搭載武器。この武器は箱からのみ入手可能。

  • 後にSteam Workshopにも対応予定(オリジナルの武器スキンやカスタムナイフモデルが投稿可能になるようです)。


こちらにはFAQも掲載されているので気になる方は目を通しておきましょう。なお、予想通り“eSports Weapon Case”用の鍵の売り上げの一部は大会の賞金に充てがわれるようです。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『ドラゴンクエストX』最新追加パッケージ「いばらの巫女と滅びの神」発売決定!新世界「魔界」を舞台に新たな冒険が始まる

    『ドラゴンクエストX』最新追加パッケージ「いばらの巫女と滅びの神」発売決定!新世界「魔界」を舞台に新たな冒険が始まる

  2. スクエニ新作『鬼ノ哭ク邦』8月22日発売決定!「鬼ビ人(ジョブ)」を紹介した最新映像も

    スクエニ新作『鬼ノ哭ク邦』8月22日発売決定!「鬼ビ人(ジョブ)」を紹介した最新映像も

  3. Co-opゾンビシューター『World War Z』が発売1ヶ月で200万本セールス達成!

    Co-opゾンビシューター『World War Z』が発売1ヶ月で200万本セールス達成!

  4. THQ Nordicが『メトロ』シリーズ開発元と未発表AAA作品の開発契約を締結―グループ全体で80のゲームを開発中

  5. 「Frostbiteエンジン」の新たな毛髪表現を紹介するショーケース動画が公開―実写のように揺れ動く

  6. Valve、『アサシン クリード ユニティ』Steamでの逆レビュー爆撃を集計外としない方針

  7. PS4/スイッチ版『Dusk Diver 酉閃町』2019年秋に発売決定―「台湾の原宿」が舞台のアニメ風爽快ACT

  8. あの体験がいつでも!基本無料『Call of Duty: Mobile』発表―バトロワ搭載も示唆

  9. 人気レースゲームシリーズ最新作『GRID』PS4/XB1/PC向けに発表―2019年9月に発売予定

  10. 「ゲーム・オブ・スローンズ」原作者が日本のゲーム制作への関与を示唆─「日本からゲームについて相談を受けた」

アクセスランキングをもっと見る

1
page top