GC 13: Crytekが次世代機にも対応した新たな“CRYENGINE”を発表、デモ映像も公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

GC 13: Crytekが次世代機にも対応した新たな“CRYENGINE”を発表、デモ映像も公開

ドイツのゲームデベロッパーCrytekは本日、同社が手がけるゲームエンジンの最新版となる“CRYENGINE”を発表しました。エンジンは常に進化を続けているという事実を考慮して今後はバージョンの表記が取り払われるのだそうです。

ニュース 発表

ドイツのゲームデベロッパーCrytekは本日、同社が手がけるゲームエンジンの最新版となる“CRYENGINE”を発表しました。「CryENGINE 3が2009年にローンチして以来、私達は非常に多くの主要な新機能でエンジンを劇的に変化させました。これはもはや同じエンジンではありません」と事業開発ディレクターのCarl Jones氏が語るように、エンジンは常に進化を続けているという事実を考慮して今後はバージョンの表記が取り払われるのだそうです。加えてJones氏は次のようにも話しています。

    「全てのライティングシステムのオーバーホール、映画品質のキャラクターレンダリング及びアニメーションソリューションの構築、サンドボックスエディターの速度及び有効性の大幅な改善、テッセレーション・PADM・物理ベースなどによるレンダリングの変化など、私達はエンジンの多くの部品を革新させました。これらは製作するゲームは常にリアルタイムであるべきという私達の第一原理を維持しながら行われています。CRYENGINEはCrytekからの新しいエンジンです。またそれは常にそうでしょう!」

なお、今週にもCRYENGINE SDKのメジャーアップデートが行われ、近年『Crysis 3』がゲームのビジュアルベンチマークを作るのを助けた多くの新機能に、非商用のユーザーがアクセスできるようになるとの事です。

ロゴも一新

無料のCRYENGINE SDKはローンチから約2年が経過。その間、エンジンは500万回以上ダウンロードされ、絶えず成長するコミュニティーや400を超える大学によって日々、非商用のプロジェクトで利用されているのだそうです。CRYENGINEに関する更なる情報は公式サイトに掲載されているので興味がある方は是非ご覧ください。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 週末セール情報ひとまとめ『メトロ エクソダス』『Cities: Skylines』『アウター・ワールド』『アンセスターズ:人類の旅』他

    週末セール情報ひとまとめ『メトロ エクソダス』『Cities: Skylines』『アウター・ワールド』『アンセスターズ:人類の旅』他

  2. Epic Gamesストアにて『Borderlands: The Handsome Collection』の期間限定無料配信が開始―『2』『プリシークエル』本編とほぼ全DLC収録

    Epic Gamesストアにて『Borderlands: The Handsome Collection』の期間限定無料配信が開始―『2』『プリシークエル』本編とほぼ全DLC収録

  3. 『Arma 3』DLC「Arma 3 Karts」がSteamにて無料配布中! 本編が70%オフとなるセールも実施

    『Arma 3』DLC「Arma 3 Karts」がSteamにて無料配布中! 本編が70%オフとなるセールも実施

  4. 『Dishonored』『PREY』開発スタジオの創設20周年記念サイトが公開―期間限定でデビュー作『Arx Fatalis』の無料配布も

  5. 有名街づくりSLGが1ドルで!「Humble Cities: Skylines Bundle」開催

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. Xbox Series X「発売日に最高のクオリティで数千のゲームがプレイ可能」―公式サイトで新技術を生かした下位互換性について投稿

  8. 大人向けADVシリーズ最新作『Leisure Suit Larry - Wet Dreams Don't Dry』発表!

  9. 『フォートナイト』の次世代コンソール対応が発表! 2021年にはUnreal Engine 5へ移行

  10. おもちゃの兵隊タワーディフェンス最新作『Toy Soldiers 2: Finest Hour』発表!

アクセスランキングをもっと見る

page top