GC 13: 単なるアドオンパックではない!『XCOM: Enemy Within』プレビューイベントよりレポート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

GC 13: 単なるアドオンパックではない!『XCOM: Enemy Within』プレビューイベントよりレポート

ターンベースストラテジーの佳作として高い評価を受けた『XCOM: Enemy Unknown』、その続編とも呼べる『XCOM: Enemy Within』のメディア向けプレビューイベントに参加してきました。

ニュース 最新ニュース
GC 13: 単なるアドオンパックではない!『XCOM: Enemy Within』プレビューイベントよりレポート
  • GC 13: 単なるアドオンパックではない!『XCOM: Enemy Within』プレビューイベントよりレポート
  • GC 13: 単なるアドオンパックではない!『XCOM: Enemy Within』プレビューイベントよりレポート
  • GC 13: 単なるアドオンパックではない!『XCOM: Enemy Within』プレビューイベントよりレポート
  • GC 13: 単なるアドオンパックではない!『XCOM: Enemy Within』プレビューイベントよりレポート


ターンベースストラテジーの佳作として高い評価を受けた『XCOM: Enemy Unknown』、その続編とも呼べる『XCOM: Enemy Within』のメディア向けプレビューイベントに参加してきました。主に前作との違い、進化した点や追加された新要素を説明するビデオ上映が中心の15分間程度の短いイベントだったのですが、多くの収穫があったのでお知らせいたします。

開発元は前作と同じFiraxis Gamesで発売元は2K Games。先ず最初にあったのは本作デザイナーのAnanda Gupta氏の言葉「『XCOM: Enemy Within』はPC、MAC版でこそ前作『XCOM: Enemy Unknown』アドオン扱いになりますが、内容は刷新しており、扱えるユニット、アイテムや武器、アビリティー、遺伝子操作など前作にはなかった多くの新要素を追加した全く別のゲームになっています」とのこと。



上映されたデモで確認された新ユニットの中には今回より導入される新しい兵科であるMEC(Mechでの誤表記ではありません)と呼ばれる外骨格型重武装メック、そして遺伝子操作により移動力が強化され地形の影響を受けにくい移動を発揮するスナイパーなどがあり、デモプレイを見るかぎり前作よりトリッキーでストラテジックなプレイになりそうな新要素が満載。特にMECは高い防御力で盾や壁となり、自信も重武装で移動力もそこそこ、デカい鉄腕パンチでMeleeもイケるという新要素のキーとも呼べそうなユニットでした。なお敵方にもこのMECが登場しMEC同士でガチの殴りあいを展開する様はなかなかの迫力。撃破には2重3重の攻撃網を組まないと、と手に汗を握る始末。



新たに追加されるマップは大小あわせ13種類を予定、特大マップ以外はオンライン対戦をサポートしていくとのことで新しいユニットやスキルを交えたオンライン対戦も楽しみなところです。

PC、MAC版は前作『XCOM: Enemy Unknown』のアドオンとして29.99ドル、そしてPS3、Xbox 360版はスタンドアロンタイトルとして39.99ドルで今年11月12日の北米発売が決定した本作、シミュレーションゲームを知り尽くしたFiraxis Gamesが送るターンベースストラテジーの新作、要チェックといえそうです。
《パムジー》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 高評価吸血鬼RPG新作『Vampire: The Masquerade - Bloodlines 2』発表!日本語にも対応予定

    高評価吸血鬼RPG新作『Vampire: The Masquerade - Bloodlines 2』発表!日本語にも対応予定

  2. 『Apex Legends』2月の収益は約100億円、『Anthem』は約110億円―海外リサーチ調べ

    『Apex Legends』2月の収益は約100億円、『Anthem』は約110億円―海外リサーチ調べ

  3. 『CoD:BO4』ゾンビモード

    『CoD:BO4』ゾンビモード"カオスの物語"最終章「Ancient Evil」トレイラー!ギリシャの地下都市で…

  4. 『アズールレーン クロスウェーブ』発売日が8月29日に決定―予約特典で「ネプテューヌ」参戦

  5. 『デビル メイ クライ 5』無料アップデート「ブラッディパレス」国内で4月1日配信―激闘の様子も

  6. 「ビデオゲームの殿堂」2019年候補作品が発表―『スマブラDX』『マリオカート』『ハーフライフ』『モータルコンバット』など

  7. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』PC版の要求スペックが公開―全機種の商品情報も

  8. ピンボールハクスラACT『Creature in the Well』発表―エナジーオーブを弾いてダンジョンでピンボール

  9. ターン制戦術ADV『Mutant Year Zero: Road to Eden』海外スイッチ版が6月発売、DLC収録の豪華版も

  10. 不思議なオオカミが遺跡を探索するADV『Lost Ember』リリース日が7月20日に決定―あらゆる動物に取り憑いて世界を旅する

アクセスランキングをもっと見る

1
page top