『Beyond: Two Souls』の技術的特徴を紹介したプログラマーデモセッションレポート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Beyond: Two Souls』の技術的特徴を紹介したプログラマーデモセッションレポート

2013年10月17日に発売が予定されている、Quantic Dream開発のアドベンチャーゲーム『Beyond: Two Souls』ですが、今回Quantic DreamのチーフプログラマーのDamien Castelltort氏が来日されプログラマーデモセッションが行われました。

ニュース 最新ニュース
『Beyond: Two Souls』の技術的特徴を紹介したプログラマーデモセッションレポート
  • 『Beyond: Two Souls』の技術的特徴を紹介したプログラマーデモセッションレポート
  • 『Beyond: Two Souls』の技術的特徴を紹介したプログラマーデモセッションレポート
  • 『Beyond: Two Souls』の技術的特徴を紹介したプログラマーデモセッションレポート
  • 『Beyond: Two Souls』の技術的特徴を紹介したプログラマーデモセッションレポート
  • 『Beyond: Two Souls』の技術的特徴を紹介したプログラマーデモセッションレポート
  • 『Beyond: Two Souls』の技術的特徴を紹介したプログラマーデモセッションレポート
  • 『Beyond: Two Souls』の技術的特徴を紹介したプログラマーデモセッションレポート
  • 『Beyond: Two Souls』の技術的特徴を紹介したプログラマーデモセッションレポート
2013年10月17日に発売が予定されている、Quantic Dream開発のアドベンチャーゲーム『Beyond: Two Souls』。チーフプログラマーを担当するDamien Castelltort氏が来日し、実際にデモをプレイしながらのプレゼンテーションやインタビューが実施されました。まずはその前半部分をお伝えしたいと思います。

まず初めにゲーム序盤に相当する“逃亡”というシーンについてプレゼンテーションが行われました。“逃亡”では霊体と接触することが出来る主人公「ジョディ・ホームズ」がCIAや政府機関から追われている場面から始まり、このシーンをDamien Castelltort氏が実際にプレイし、解説を行ないながら本作の特徴について語りました。



Damien Castelltort氏は本作のグラフィック制作にあたり特に力を入れた部分はシェーディングモデルで、光の様相や、影の形、陰陽の表現、光の反射などで、さらに実際のモデル製作のあとポスト処理にかなり時間をかけてリアリティある光の演出を可能にしたと話ました。本作のカットシーンは全てリアルタイムで行われており、唯一そうではない部分はフラッシュバックで流れる過去の記憶の部分だけとのこと。

遠近感を生かしたカメラ演出やモーションブラーに力を入れていることも語られ、本作が映像としてのリアリティを追及した作品であることを話しました。服の動きのシミュレーションや濡れた感じを出すテクスチャ処理もリアルタイムで行われています。そして霊体「エイデン」は特徴として物質を通り抜けることが出来るため、違和感なくその描写を調整するのに時間がかかったとも話しました。

本作で使われたモーションキャプチャーは「パフォーマンスキャプチャー」という方法で、体全体の動きの他に役者やスタントマンの表情を一緒に収録できる利点があります。 本作はこのパフォーマンスキャプチャーの収録に8ヶ月かかっています。

『Beyond: Two Souls』にゲームオーバーはなく、そのシークエンスを成功するか失敗するかで物語の展開は変わり、そのシークエンスに遭遇した場合、失敗すれば傷が増えるといった演出や別のシーンが見られなくなるという展開あります。


E3で公開されたPS4技術デモ『The Dark Sorcerer』の英語版映像

続いて、E3で初公開されたPS4テクニカルデモ映像『The Dark Sorcerer』の日本語版映像も初披露されました。これはゲームとして制作されたものではありませんが、PS4のパフォーマンスを確認できる映像です。

この作品もパフォーマンスキャプチャーで収録されており、ゴブリンなどのキャラクターは普通に収録したうえでそのサイズを縮小し、再現していると語りました。ちなみにこのキャプチャーの収録には2日かかっています。この映像は『Beyond: Two Souls』のゲーム内アンロック特典として収録され、本映像以外にもメイキングなどの特典が収録されるとのことです。

後半ではインタビューの模様をお伝えします。
《G.Suzuki》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. ゲームサービス「G123.jp」リニューアルキャンペーン開催決定!傳谷英里香さんと天龍源一郎さんがアンバサダーに

    ゲームサービス「G123.jp」リニューアルキャンペーン開催決定!傳谷英里香さんと天龍源一郎さんがアンバサダーに

  2. 『サイバーパンク2077』欧州でのパブリッシングはバンダイナムコが担当

    『サイバーパンク2077』欧州でのパブリッシングはバンダイナムコが担当

  3. じんわりとした不安が襲うコズミックホラーADV『Ode to a Moon』発表!

    じんわりとした不安が襲うコズミックホラーADV『Ode to a Moon』発表!

  4. 地獄ホラー『Agony』の無規制版『Agony UNRATED』やっぱり登場か!? Steamページが出現

  5. 『フォートナイト』最新V6.10パッチノート!新ビークル「クアッドクラッシャー」やゲーム内トーナメント実装

  6. 『ポケモンGO』シンオウ地方ポケモンがついに登場!「ギラティナ」の姿も新映像に…

  7. 最新作『Call of Duty: Black Ops 4』のPC版は「Battle.net」独占配信に

  8. 『Magicka』『HELLDIVERS』開発元が三人称視点の新作Co-opゲームを開発中

  9. 『Amnesia』『SOMA』開発元が新たなスタッフを募集―「新作は完成に近づいている」

  10. 『レッド・デッド・リデンプション2』Xbox One版のファイルサイズが約89GBと判明

アクセスランキングをもっと見る

page top