海外で『クラッシュバンディクー』が公式Webサイト上から消滅、ActivisionがIPを手放したの見方も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外で『クラッシュバンディクー』が公式Webサイト上から消滅、ActivisionがIPを手放したの見方も

現在ActivisionがIPを所有している同シリーズですが、そのActivisionが権利を手放したのではないかというニュースが海外コミュニティを駆け巡っています。

ニュース 最新ニュース
初代PlayStationから続いたシリーズであり、Naughty Dogの出世作としても知られる3Dアクションゲーム『クラッシュバンディクー』。現在ActivisionがIPを所有している同シリーズですが、そのActivisionが権利を手放したのではないかというニュースが海外コミュニティを駆け巡っています。

これは海外フォーラムRedditのユーザー達が『クラッシュバンディクー』の公式サイトが消滅し、さらにActivisionの公式サイトからも同作のページが削除されていたのを発見したことが発端。現在Activisionからプレスリリースや公式声明は出ていないものの、Activisionが『クラッシュバンディクー』のIPを移譲し、それに伴い関連のWebコンテンツが削除されたのではないかと推測されています。

今年1月にもActivisionは同社の公式ストアとSteamから『007』関連のタイトルを特に告知もなく削除し、ボンドゲームのライセンスを失ったのではと噂。その後ライセンスに関する公式声明などは出されませんでした。今回の『クラッシュバンディクー』からも同様の動きが感じられるところですが、現時点で真相は闇の中となっています。



2008年リリースの『Crash: Mind over Mutant』を最後にシリーズはぷっつりと途絶えた『クラッシュバンディクー』。今年5月にはNaughty Dog設立者であり初期作品を手がけたAndrew Gavin氏が海外メディアのインタビューを受け、近年のシリーズ作にリブート案を含むアドバイスを行っていました。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. スチームパンクホラーADV『Close to the Sun』Epic Gamesストアで予約受け付けスタート

    スチームパンクホラーADV『Close to the Sun』Epic Gamesストアで予約受け付けスタート

  2. 『実況パワフルプロ野球』最新作がスイッチで登場! いつでもどこでも熱い対戦が楽しめる

    『実況パワフルプロ野球』最新作がスイッチで登場! いつでもどこでも熱い対戦が楽しめる

  3. スパイク・チュンソフトのダンジョンRPG近日発売―『風来のシレン』で見覚えのある女性キャラの姿も

    スパイク・チュンソフトのダンジョンRPG近日発売―『風来のシレン』で見覚えのある女性キャラの姿も

  4. Epic Gamesが返金騒動となった『フォートナイト』非公式リアルイベントに法的措置

  5. PS4版『ヒットマン2』で前作ステージが遊べるワールド・オブ・アサシネーション対応開始

  6. 『Apex Legends』新武器「ハボックライフル」が登場!付けるアタッチメントで性質が変化するエネルギーライフル

  7. 『リネージュ M』日本語版の事前登録が開始─長い歴史を持つシリーズの原点がモバイルで

  8. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  9. 『Apex Legends』新武器が明日追加!「Twitch Prime」会員はApexパック5個と限定スキンも獲得可能

  10. PS4国内発売5周年キャンペーン開催―55V型4Kテレビが抽選で5名に当たる

アクセスランキングをもっと見る

page top