海外で『クラッシュバンディクー』が公式Webサイト上から消滅、ActivisionがIPを手放したの見方も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外で『クラッシュバンディクー』が公式Webサイト上から消滅、ActivisionがIPを手放したの見方も

現在ActivisionがIPを所有している同シリーズですが、そのActivisionが権利を手放したのではないかというニュースが海外コミュニティを駆け巡っています。

ニュース 最新ニュース
初代PlayStationから続いたシリーズであり、Naughty Dogの出世作としても知られる3Dアクションゲーム『クラッシュバンディクー』。現在ActivisionがIPを所有している同シリーズですが、そのActivisionが権利を手放したのではないかというニュースが海外コミュニティを駆け巡っています。

これは海外フォーラムRedditのユーザー達が『クラッシュバンディクー』の公式サイトが消滅し、さらにActivisionの公式サイトからも同作のページが削除されていたのを発見したことが発端。現在Activisionからプレスリリースや公式声明は出ていないものの、Activisionが『クラッシュバンディクー』のIPを移譲し、それに伴い関連のWebコンテンツが削除されたのではないかと推測されています。

今年1月にもActivisionは同社の公式ストアとSteamから『007』関連のタイトルを特に告知もなく削除し、ボンドゲームのライセンスを失ったのではと噂。その後ライセンスに関する公式声明などは出されませんでした。今回の『クラッシュバンディクー』からも同様の動きが感じられるところですが、現時点で真相は闇の中となっています。



2008年リリースの『Crash: Mind over Mutant』を最後にシリーズはぷっつりと途絶えた『クラッシュバンディクー』。今年5月にはNaughty Dog設立者であり初期作品を手がけたAndrew Gavin氏が海外メディアのインタビューを受け、近年のシリーズ作にリブート案を含むアドバイスを行っていました。
《ishigenn》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 新たなバンドル月額サービス「Humble Choice」が発表―「Humble Monthly」から改定へ

    新たなバンドル月額サービス「Humble Choice」が発表―「Humble Monthly」から改定へ

  2. 『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』が完成報告!開発者からは難易度についての情報も

    『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』が完成報告!開発者からは難易度についての情報も

  3. 『マインクラフト』新たなバイオームや敵が登場する「ネザーアップデート」の情報が公開!

    『マインクラフト』新たなバイオームや敵が登場する「ネザーアップデート」の情報が公開!

  4. 『World War Z』開発元が2つのPC/コンソール向けプロジェクトを進行中―ポルトガルの開発会社を買収

  5. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  6. 『ポスタル』シリーズ最新作『POSTAL 4: No Regerts』発表&早期アクセス開始! 真の続編が遂に登場

  7. 任天堂、『ゼルダの伝説 BotW』続編のシナリオプランナーを募集

  8. 『ライザのアトリエ』3回にわたる無料アップデート配信決定!10月10日の第1弾で「フォトモード」追加

  9. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  10. 「E3 2019」で注目を集めた中村育美氏、Tango Gameworksを退職―『GhostWire:Tokyo』『サイコブレイク』シリーズなど

アクセスランキングをもっと見る

1
page top