【Game of the Year 2013】インディー部門は和風シューター『Shadow Warrior』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【Game of the Year 2013】インディー部門は和風シューター『Shadow Warrior』

日に日に注目度が増していくインディーゲームの世界では今年も数多くの注目作品がリリースされました。Game of the Year 2013に輝いたのはFlying with Hogが開発する和風シューター『Shadow Warriror』。

PC Windows
【Game of the Year 2013】インディー部門は和風シューター『Shadow Warrior』
  • 【Game of the Year 2013】インディー部門は和風シューター『Shadow Warrior』
  • 【Game of the Year 2013】インディー部門は和風シューター『Shadow Warrior』
インサイド/Game*Sparkでは、2013年に発売されたゲームの中から、沢山のゲームに触れている編集者、ライター一同で選ぶベストゲームを「INSIDE / Game*Spark presents Game of the Year 2013」として表彰します。表彰はプラットフォーム別に行い、最も支持を集めたゲームを大賞、それに続く5タイトルを次点として発表します。



日に日に注目度が増していくインディーゲームの世界では今年も数多くの注目作品がリリースされました。Game of the Year 2013に輝いたのはFlying with Hogが開発する和風シューター『Shadow Warriror』。

『Shadow Warriror』は1997年に3D Realmsが開発した同名作品をリブートしたもので、大企業Zilla Enterprisesのコーポレート・ショウグンことLo Wangが伝説の宝刀Nobitusra Kageを探しものとめるというストーリーで、ゲームは撃ちまくりシューターといった趣の作品。ちょっと違和感ある和風な世界観や溢れるユーモアも人気の秘密のようです。

■投票者のコメント

「Flying Wild Hogの元スタッフたちが開発していた『Painkiller』に忍者テーマをそのまま被せただけ感はあるものの、複雑でありつつクセになる小気味よい操作感と絡んだスピーディーな戦闘は新鮮で楽しく、『Serious Sam』のような撃ちまくり系FPSが好きならば必ず触れるべきワザマエな作品です。」(ishigen)

「人気ゲーム配信者のTotalbuscuit氏は、本作『Shadow Warrior』について、「たぶんHalf-Life 3よりも良作」と評した。私も全くもって同感だ。」(riot_兄)



■次点

惜しくも表彰には至らなかったものの多くの票を集めたタイトルを次点として以下に紹介します。

・Papers, Please
・How To Survive
・Outlast
・Path of Exile
・Brothers: a Tale of Two Sons

- Game of the Year 2013 特集ページはこちら -
《Mr.Cube》

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 『侍道外伝 KATANAKAMI』オンラインマルチは時に心強く、時に血みどろ殺伐!アクション面を紹介する最新映像公開

    『侍道外伝 KATANAKAMI』オンラインマルチは時に心強く、時に血みどろ殺伐!アクション面を紹介する最新映像公開

  2. 発売12周年の音楽ファイル対応リズムゲーム『Audiosurf』にワイドスクリーン対応とコース生成のアップデート!

    発売12周年の音楽ファイル対応リズムゲーム『Audiosurf』にワイドスクリーン対応とコース生成のアップデート!

  3. 『レインボーシックス シージ』新シーズン「Operation Void Edge」にてAsh用エリートセット「トゥームレイダー」が登場

    『レインボーシックス シージ』新シーズン「Operation Void Edge」にてAsh用エリートセット「トゥームレイダー」が登場

  4. 『レインボーシックス シージ』イヤー5、イヤー6のアップデートプランが公開―新規要素だけでなくプレイ体験の改善も重視

  5. 【UPDATE】いざ再び、ニューヨークへ『ディビジョン2』大型アップデート「エピソード3 コニーアイランド: ハント」先行プレイレポ

  6. PC版『デモンエクスマキナ』はスイッチ版とどう違う?映像付きで比較してみた【爆速プレイレポ】

  7. 『Metro Exodus』Steam版が40%オフで販売再開―1年間のEGS時限独占が終了したため

  8. 『レインボーシックス シージ』「オペレーション ボイドエッジ」追加オペレーターを紹介する新トレイラー!

  9. スタイリッシュ2Dアクション『Katana ZERO』無料DLCが開発中―「想定の3倍のサイズ」

  10. 『BLUE PROTOCOL』CBTテスター募集開始!公式サイトもリニューアルオープン―世界観やPTプレイ、クラス情報を紹介

アクセスランキングをもっと見る

page top