サンドボックス系サバイバル『Rust』ミリオンセールスを達成し、独自のアンチチートプログラムも実装 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

サンドボックス系サバイバル『Rust』ミリオンセールスを達成し、独自のアンチチートプログラムも実装

『Garry's Mod』の開発者Garry Newman氏の開発スタジオ、Facepunch Studiosが手がけ、早期アクセスが実施されているサンドボックス系サバイバルFPS『Rust』。先日100万本セールスを達成、また最新アップデートによってアンチチートプログラムを実装したと発表されました。

ニュース 最新ニュース
サンドボックス系サバイバル『Rust』ミリオンセールスを達成し、独自のアンチチートプログラムも実装
  • サンドボックス系サバイバル『Rust』ミリオンセールスを達成し、独自のアンチチートプログラムも実装

『Garry's Mod』の開発者Garry Newman氏の開発スタジオ、Facepunch Studiosが手がけ、早期アクセスが実施されているサンドボックス系サバイバルFPS『Rust』。Steamに登録されて2ヶ月ほどで100万本セールスを達成、また最新アップデートによってアンチチートプログラムを実装したと発表されました。

実装されたアンチチートプログラム「CheatPunch」は、デベロッパーが独自に作成したもの。既に『Rust』の公式サーバーでテスト運用されており、4621人が不正利用者として公式サーバーからの「BAN」が行われています。以前より、チートが重大な影響を与えていることが問題にされていた本作。今回のアップデートで、それらの脅威を取り除くことができそうです。

チートの使用によってBANされた場合、いかなる理由においても解除されることはないとの声明を発表、それらの行為に対する大きな牽制となるでしょう。また、今回のアンチチートプログラム「CheatPunch」の実装が対策の全てではないとコメント、これからも継続して施策を行っていくようです。

ゾンビを削除し、独自路線を歩み始めた『Rust』。先日には、100万本のセールスを達成しており、今回の実装された「CheatPunch」以外のチート対策や、予定されている新要素の追加など、さらなる開発に期待できそうです。
《水京》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. Epic GamesのCEOが「Steamが利益配分を88%に引き上げるならば、すぐにも独占はやめる」とツイート

    Epic GamesのCEOが「Steamが利益配分を88%に引き上げるならば、すぐにも独占はやめる」とツイート

  2. スイッチ/PS4『ペルソナ5 スクランブル ザ・ファントムストライカーズ』発表!ω-Forceとタッグのシリーズ初アクションRPG

    スイッチ/PS4『ペルソナ5 スクランブル ザ・ファントムストライカーズ』発表!ω-Forceとタッグのシリーズ初アクションRPG

  3. 『A Hat in Time』新DLC「Nyakuza Metro」発表! 最大50人でのオンラインプレイも

    『A Hat in Time』新DLC「Nyakuza Metro」発表! 最大50人でのオンラインプレイも

  4. 新作動物園運営シム『Planet Zoo』発表!任意の飼育環境で個別に異なる性格の動物と触れ合おう

  5. 高層マンションサバイバルADV『SKYHILL: Black Mist』発表―ダークなロシア産ローグライクの続編

  6. 任天堂、2019年3月期決算も好調に推移─『スマブラSP』1,381万本などハード・ソフト共に順調、当期のミリオンセラーは16本

  7. ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

  8. 選択次第で世界が変わるアクションADV『Hindsight 20/20』発表―経験豊富な開発者達による新作

  9. SFマルチプレイヤーVRシューター新作『Space Ops VR』発表!

  10. 『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』10月31日に発売! 新キャラや待望の「3学期」などを追加して新生【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

1
page top