スタンドアロン版『DayZ』が内部テストで大きな進展、特にサーバーの最適化は大成功 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

スタンドアロン版『DayZ』が内部テストで大きな進展、特にサーバーの最適化は大成功

アルファテストとアップデートによって徐々に改良が進められているスタンドアロン版『DayZ』ですが、作者のDean Hall氏は内部バージョンのテストにおいて大きな進展があった事を明らかにしました。

ニュース 最新ニュース

アルファテストとアップデートによって徐々に改良が進められているスタンドアロン版『DayZ』ですが、作者のDean Hall氏は内部バージョンのテストにおいて大きな進展があった事を明らかにしました。テストではクライアントのグラフィック、そしてサーバーの大幅な最適化が行われたとの事ですが、Hall氏はRedditにて詳細を報告。中でもサーバーの最適化は大成功であったと伝えています。

    サーバーの結果
  • 最適化前は40のクライアントでサーバーの平均FPSは8-10だった。

  • 最適化後は40のクライアントでサーバーの平均FPSは35-45になった。

  • ゾンビの数を2倍にしてもサーバーFPSは最適化前よりも良い数値となった(12-16)。

    クライアントの最適化
  • 現在ハードウェアメーカーから受け取った報告書の一番目に対処している。

  • ハードウェアメーカーは多くの装置を通してDayZをテストし、ゲームがどのようにハードウェアを利用しているかを調べて提言とともに報告してくれる。

  • 改良の余地がある重要な部分が発見された。

  • 現在の内部テストはエンジンのNVIDIAハードウェア利用法を修正している(ATIもまもなく行われる)。

  • オフィスの人々は改善が穏やかなものから劇的なものへと変化したことに気づいた。

    重要な説明
  • ステンシルのレンダリングに関する大幅な最適化はIntelユーザーに効果があるだろう(Intelは50%の改善が見込めると報告)。

  • NVIDIA/ATIユーザーが受ける恩恵は幾つかの要因に左右される。

  • 雨が降っている場合、誰もがその改善に気づくだろう。

  • Intenのオンボード(CPU)グラフィックスを使用してゲームをプレイしている場合は、恐らく非常に大幅なパフォーマンス向上に気づくだろう。

先週のアップデートでもサーバーパフォーマンスの上昇が伝えられていましたが、更に改善されるという事で今後のアップデートへの期待が高まりますね。


おまけ:2月7日のアップデート内容を披露する映像
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』2月の収益は約100億円、『Anthem』は約110億円―海外リサーチ調べ

    『Apex Legends』2月の収益は約100億円、『Anthem』は約110億円―海外リサーチ調べ

  2. ピンボールハクスラACT『Creature in the Well』発表―エナジーオーブを弾いてダンジョンでピンボール

    ピンボールハクスラACT『Creature in the Well』発表―エナジーオーブを弾いてダンジョンでピンボール

  3. 不思議なオオカミが遺跡を探索するADV『Lost Ember』リリース日が7月20日に決定―あらゆる動物に取り憑いて世界を旅する

    不思議なオオカミが遺跡を探索するADV『Lost Ember』リリース日が7月20日に決定―あらゆる動物に取り憑いて世界を旅する

  4. ターン制戦術ADV『Mutant Year Zero: Road to Eden』海外スイッチ版が6月発売、DLC収録の豪華版も

  5. ミュータントになって暴れるポストポストアポカリプスARPG『RAD』発表!二度の終末を迎えた世界でのローグライク

  6. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』PC版の要求スペックが公開―全機種の商品情報も

  7. PC版『Detroit: Become Human』も!Epic Gamesストア今後のラインナップが発表

  8. スイッチ版『Cuphead』が発表!日本語対応含む他機種版の無料アップデートも

  9. PS4向け『龍が如く最新作』助演女優オーディション開催!主人公「春日一番」の仲間キャラとして出演

  10. GOTYは『ゴッド・オブ・ウォー』に! 第19回「GDC Awards」受賞作品リスト

アクセスランキングをもっと見る

1
page top