【BitSummit 14】会場で叫ぶ謎の大根人間に突撃!その正体は、あのヘキサドライブだった!?スマホ向けTD『ダイコン王の野望ッッッン!!』とは | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【BitSummit 14】会場で叫ぶ謎の大根人間に突撃!その正体は、あのヘキサドライブだった!?スマホ向けTD『ダイコン王の野望ッッッン!!』とは

3月7日から9日の3日間開催された「BitSummit 2014」にて、「テイク ア ピクチャー フリー!!」と叫んでいる大根を発見しました。

ニュース 最新ニュース
【BitSummit 14】会場で叫ぶ謎の大根人間に突撃!その正体は、あのヘキサドライブだった!?スマホ向けTD『ダイコン王の野望ッッッン!!』とは
  • 【BitSummit 14】会場で叫ぶ謎の大根人間に突撃!その正体は、あのヘキサドライブだった!?スマホ向けTD『ダイコン王の野望ッッッン!!』とは
3月7日から9日の3日間開催された「BitSummit 2014」にて、「テイク ア ピクチャー フリー!!」と叫んでいる大根を発見しました。

大根に話を聞くと、『ダイコン王の野望ッッッン!!』というゲームの開発チームだとか。会場にはプレイアブルが出展されていたので、早速プレイしてみました。

『ダイコン王の野望ッッッン!!』は、産地直送の野菜たちによるタワーディフェンスゲームです。プレイヤーは、ひょんなことからダイコン王国の王様となり、ダイコン大臣と配下の作業達を率いて領土(畑)拡大を目指します。



ゲーム自体はシンプルなタワーディフェンスゲームで、7×6のマスをステージに、生えてくるダイコンやジャガイモをポンポンと配置し、縦に迫ってくる敵を倒しつつ、敵の拠点を攻撃します。

野菜たちにはそれぞれ特徴があり、魔法を使うダイコンや弓を使うダイコンは打たれ弱いので、硬いジャガイモの後ろに設置すると、ジャガイモが壁になってくれます。この時、さらに後ろにユニットを配置すると、縦が3ユニット揃った事により攻撃力アップの効果が発動。これは横向きにも有効で、さまざまな組み合わせが考えられそうです。

また野菜たちは、約60種類が登場し、進化もするとか。この他にも通信対戦に対応し、ゲームの演出やシステムなど、かなり作りこまれている干渉を受けました。

さて、一通りプレイしたもっとも疑問に感じた「なぜダイコンなのか」というのをブースに居た大根に聞いてみたところ、「製作者の趣味です」という返答が。では、どこの誰が作っているんだと聞いてみると・・・・・・「ヘキサドライブです」と。

そう、あの『ZONE OF THE ENDERS HD EDITION』の修正パッチや、内部解像度3840x2160でレンダリングし、そこから1920x1080の画像を生成した『大神 絶景版 (Okami HD)』を手がけた会社です。まさかのヘキサドライブに筆者はかなり驚きましたが、改めてみるとなんだか納得。

ヘキサドライブの『ダイコン王の野望ッッッン!!』は、2014年夏頃予定にiOS/Androidで配信予定。価格はアイテム課金性の基本料です。
《koudai5511》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 「多くのプレイヤーがスマーフを嫌っているが、この行為は一般的になっている」―オハイオ州立大学の学生がゲームの「スマーフ行為」に関する研究を発表

    「多くのプレイヤーがスマーフを嫌っているが、この行為は一般的になっている」―オハイオ州立大学の学生がゲームの「スマーフ行為」に関する研究を発表

  2. 無許可販売の疑い深まる…海外版『ヴァンガードプリンセス』パブリッシャーのeigoManga、著作権者を“今になって”捜索中

    無許可販売の疑い深まる…海外版『ヴァンガードプリンセス』パブリッシャーのeigoManga、著作権者を“今になって”捜索中

  3. デザインも“小ネタ”もこだわったのに…!Devolver Digitalが「クリックされなかった作品のウェブサイト」トップ15を発表

    デザインも“小ネタ”もこだわったのに…!Devolver Digitalが「クリックされなかった作品のウェブサイト」トップ15を発表

  4. 【期間限定無料】地球外の機械を調査する「非常に好評」パズルゲーム『Machinika Museum』Steamにて無料配布!

  5. 『ユニコーンオーバーロード』などのヴァニラウェアが“新作の開発スタッフ”を募集!ジャンルは“ファンタジーアクションRPG”に

  6. 生活シム『Life by You』早期アクセス開始が再々々延期…今回は新たなリリース日も未定

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. 「ずっとやりたかったようなゲームが出るまで待ちくたびれたから、自分で作ることにした」業を煮やした海外名作開発者の次回作とは

  9. 『ディビジョン』シリーズ新作『Tom Clancy’s The Division Heartland』開発中止―発表から3年

  10. Epic Gamesがハッキングされた疑い―犯人グループが約200GBの内部情報をおさえたと主張【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top