【BitSummit 14】 アワードを獲得したHAL×PLAYISMプロジェクトによる学生作品『ラクガキ忍者』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【BitSummit 14】 アワードを獲得したHAL×PLAYISMプロジェクトによる学生作品『ラクガキ忍者』

今回のBitSummitでは、『ラクガキ忍者』のTeam Poyhaymenがプレイアブル展示を行いました。学生発のインディーゲームの内容か気になったため、この機会にプレイしてきました。

ニュース 最新ニュース
【BitSummit 14】 アワードを獲得したHAL×PLAYISMプロジェクトによる学生作品『ラクガキ忍者』
  • 【BitSummit 14】 アワードを獲得したHAL×PLAYISMプロジェクトによる学生作品『ラクガキ忍者』
  • 【BitSummit 14】 アワードを獲得したHAL×PLAYISMプロジェクトによる学生作品『ラクガキ忍者』
  • 【BitSummit 14】 アワードを獲得したHAL×PLAYISMプロジェクトによる学生作品『ラクガキ忍者』


Game*Sparkで二度のレポート(第一回第二回)で取り上げてきた学校法人・専門学校HALとPLAYISMによる産学連携プロジェクト。PLAYISMでの配信を目指して、HAL大阪とHAL名古屋の学生たちがゲームを制作するプロジェクトでしたが、結果として『ラクガキ忍者』と『NINJUSTICE』の二作目が配信されました。

そして今回、『ラクガキ忍者』のTeam Poyhaymenはプレイアブル展示を行い、最終日のBitSummitアワードでビジュアル最優秀賞を獲得しました。学生発のインディーゲームが見事アワードを獲得したのですが、筆者は事前にブースでプレイをしていたので簡単なレポートをお届けします。

『ラクガキ忍者』は、ラクガキ風のグラフィックスで描かれたキャラクターの2Dプラットフォームゲームです。基本操作はジャンプと攻撃の二つだけですが、上下左右の入力と合わせることで様々な攻撃技を繰り出すことができます。



アクションの出来は素晴らしいと思いました。オリジナリティは少ないですが、二弾ジャンプや三角飛びといった多様なアクションでステージを進んでいくのは適度なやりごたえです。全体を通してみると、カジュアルな見た目に反して通好みのアクションゲームという印象です。

ボス戦がないのは寂しいですが、決して見掛け倒しにならない実直なレベルデザインとアクションの調整が行われています。さすが本プロジェクトを勝ち残っただけあると思いました。またPlayismの配信タイトルとあって、すでにUI部分が英語化されていました。このような形で学生作品が世界にデビューするのは、夢があるので、本プロジェクトの続編を期待しています。
《Shin Imai》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. WHO「ゲーム障害」含む国際疾病分類第11版を正式合意―業界団体は再検討求める

    WHO「ゲーム障害」含む国際疾病分類第11版を正式合意―業界団体は再検討求める

  2. 「バトロワゲーブームの次は…」【漫画ゲムトモ】

    「バトロワゲーブームの次は…」【漫画ゲムトモ】

  3. 蛮族ストラテジー『Conan Unconquered』リリース日が5月29日に変更―スペック情報も公開

    蛮族ストラテジー『Conan Unconquered』リリース日が5月29日に変更―スペック情報も公開

  4. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  5. Steamが新たな試み「2019年4月の新作売上トップ20本」を掲載―大麻経営『Weedcraft Inc』など

  6. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  7. 正式発表から約5年…『Dead Island 2』は現在も開発中―THQ Nordicが言及

  8. 『サムライスピリッツ』新キャラ「鞍馬夜叉丸」紹介映像―仮面を外すことで戦い方も変化

  9. 三国志ストラテジー『Total War: THREE KINGDOMS』発売後の計画が明らかに―DLCやMod対応について

  10. SIEが「PlayStation Productions」を設立―PSプラットフォーム作品の映画やドラマ製作を担当

アクセスランキングをもっと見る

1
page top