【BitSummit 14】 アワードを獲得したHAL×PLAYISMプロジェクトによる学生作品『ラクガキ忍者』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【BitSummit 14】 アワードを獲得したHAL×PLAYISMプロジェクトによる学生作品『ラクガキ忍者』

今回のBitSummitでは、『ラクガキ忍者』のTeam Poyhaymenがプレイアブル展示を行いました。学生発のインディーゲームの内容か気になったため、この機会にプレイしてきました。

ニュース 最新ニュース
【BitSummit 14】 アワードを獲得したHAL×PLAYISMプロジェクトによる学生作品『ラクガキ忍者』
  • 【BitSummit 14】 アワードを獲得したHAL×PLAYISMプロジェクトによる学生作品『ラクガキ忍者』
  • 【BitSummit 14】 アワードを獲得したHAL×PLAYISMプロジェクトによる学生作品『ラクガキ忍者』
  • 【BitSummit 14】 アワードを獲得したHAL×PLAYISMプロジェクトによる学生作品『ラクガキ忍者』


Game*Sparkで二度のレポート(第一回第二回)で取り上げてきた学校法人・専門学校HALとPLAYISMによる産学連携プロジェクト。PLAYISMでの配信を目指して、HAL大阪とHAL名古屋の学生たちがゲームを制作するプロジェクトでしたが、結果として『ラクガキ忍者』と『NINJUSTICE』の二作目が配信されました。

そして今回、『ラクガキ忍者』のTeam Poyhaymenはプレイアブル展示を行い、最終日のBitSummitアワードでビジュアル最優秀賞を獲得しました。学生発のインディーゲームが見事アワードを獲得したのですが、筆者は事前にブースでプレイをしていたので簡単なレポートをお届けします。

『ラクガキ忍者』は、ラクガキ風のグラフィックスで描かれたキャラクターの2Dプラットフォームゲームです。基本操作はジャンプと攻撃の二つだけですが、上下左右の入力と合わせることで様々な攻撃技を繰り出すことができます。



アクションの出来は素晴らしいと思いました。オリジナリティは少ないですが、二弾ジャンプや三角飛びといった多様なアクションでステージを進んでいくのは適度なやりごたえです。全体を通してみると、カジュアルな見た目に反して通好みのアクションゲームという印象です。

ボス戦がないのは寂しいですが、決して見掛け倒しにならない実直なレベルデザインとアクションの調整が行われています。さすが本プロジェクトを勝ち残っただけあると思いました。またPlayismの配信タイトルとあって、すでにUI部分が英語化されていました。このような形で学生作品が世界にデビューするのは、夢があるので、本プロジェクトの続編を期待しています。
《Shin Imai》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. またもや過去最多を更新!Steam同時接続数が3,400万人を突破―アクティブユーザーは1,110万人に上る

    またもや過去最多を更新!Steam同時接続数が3,400万人を突破―アクティブユーザーは1,110万人に上る

  2. スイッチエミュレーター「Yuzu」約3億6,000万円の和解金支払いに合意―ウェブサイトも閉鎖へ

    スイッチエミュレーター「Yuzu」約3億6,000万円の和解金支払いに合意―ウェブサイトも閉鎖へ

  3. ニンテンドースイッチエミュ「Yuzu」開発者が任天堂の召喚状に応じる

    ニンテンドースイッチエミュ「Yuzu」開発者が任天堂の召喚状に応じる

  4. 独立行政法人・JETROがSteamで「日本産ゲーム特集」ページを公開!インディー中心に珠玉のゲーム作品を紹介、一斉セール告知も

  5. 海外でPC版『Ghost of Tsushima』の怪情報…境井仁の誉れはPS以外にも広がるか?

  6. 『ティアキン』違法DLを助長した―ニンテンドースイッチエミュレーター「Yuzu」を任天堂が提訴

  7. Epic Gamesはやっぱりハッキングされてない―犯行声明のハッカー集団が“負け”を認める、ほんとは詐欺師集団だった?謎の発表も

  8. ニンテンドースイッチ後継機2025年3月発売へ―日本経済新聞が報じる

  9. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  10. 『ヘブンバーンズレッド』はなぜ大ブレイクしたのか―2周年を迎え、まだまだ盛り上がりをみせる本作の魅力に迫る!

アクセスランキングをもっと見る

page top