『Thief』海外版との仕様の違いが発表、CERO Z許可範囲を超える表現が修正 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Thief』海外版との仕様の違いが発表、CERO Z許可範囲を超える表現が修正

スクウェア・エニックスの公式ブログEXTREME EDGESにて、『Thief』の海外版との仕様の違いが公開されました。

家庭用ゲーム PS4
『Thief』海外版との仕様の違いが発表、CERO Z許可範囲を超える表現が修正
  • 『Thief』海外版との仕様の違いが発表、CERO Z許可範囲を超える表現が修正
新たに国内向けの初回生産特典やAmazon限定特典情報が発表された、ステルスアクションタイトル『Thief(シーフ)』。スクウェア・エニックスの公式ブログEXTREME EDGESにて、本作の海外版との仕様の違いが公開されました。

『Thief』はCEROレーティング「Z」に審査されており、その許可範囲をさらに上回る禁止表現が含まれているとのことで、具体的な仕様の違いが説明されています。

    [音声について]

    音声:日本語/英語
    字幕:日本語

    ※ゲーム内のオプション設定で英語/日本語の音声を切り換えることが可能です。

    [海外版からの変更内容]

    性的な表現の修正:

    ・胸を露出している女性NPC、および、収集品アイテムの絵画のグラフィックを修正
    ・性行為に及んでいるNPCの削除
    ・コンパニオンアプリとの連動機能の削除

    ※海外版には日本の審査機関のレーティングで「Z」区分の許可範囲を超える「禁止表現」に当たる視覚的描写が含まれております。そのため、日本語版では上記の該当箇所を修正致します。
    ※コンパニオンアプリは上記の禁止表現を含んでいたため、日本語版シーフとの連動機能を削除しております。

『Thief』は国内でPS4/PS3/Xbox 360/Windowsを対象に6月12日発売予定。Xbox Oneバージョンの製品情報は未発表です。
《Game*Spark》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 56 件

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

    今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  2. 開発者なのに実は怖がり!?『Dead by Daylight』Twitchステージレポ【TGS2018】

    開発者なのに実は怖がり!?『Dead by Daylight』Twitchステージレポ【TGS2018】

  3. 【吉田輝和のTGS絵日記】時間よ止まれ!フロムVR新作『Deracine』でイタズラ大好き紳士になる

    【吉田輝和のTGS絵日記】時間よ止まれ!フロムVR新作『Deracine』でイタズラ大好き紳士になる

  4. 期待の新作対戦ロボACT『Synaptic Drive』試遊レポート―「『カスタムロボ』的な面白さを活かし発展させたい」【TGS2018】

  5. Amazonにて「東京ゲームショウ2018」特集ページが公開中!開催記念セールも実施【TGS2018】

  6. 『エースコンバット7』プレイレポ―フレームレートも改善し昨年より遊びやすくなった【TGS2018】

  7. スパロボメカACT『HARDCORE MECHA』シングルモード体験レポ―期待通り、“お約束”たっぷりの仕上がりに!【TGS2018】

  8. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々

  9. 『Dead by Daylight』新チャプター「断絶した血脈」は間もなく配信予定!BP2倍イベントの詳細も

  10. 『アサシン クリード オデッセイ』ギリシア神話研究家 藤村シシンさんが語るコメンタリー動画が公開【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top