スクウェア・エニックスのインド向けモバイルゲーム開発をしていたインド事業所が閉鎖 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

スクウェア・エニックスのインド向けモバイルゲーム開発をしていたインド事業所が閉鎖

インド市場に向けてモバイルゲームの開発を目的に設立されたスクウェア・エニックスのインド事業所が閉鎖されたとインド系ゲームメディアMCV Indiaが伝えました。

ニュース ゲーム業界
インド市場に向けてモバイルゲームの開発を目的に設立されたスクウェア・エニックスインド事業所が閉鎖されたとインド系ゲームメディアMCV Indiaが伝えました。

同事業所は約1年前、インド国内に向けてモバイルゲームを開発するためにインドの開発者との提携を目的として設立されました。インド事業所は、スクウェア・エニックス本社の承認を受けて、様々なプロジェクトに関わってきたと言われています。しかし、インド事業所は単独でのゲームをリリースせずに閉鎖されました。

2012年にスクウェア・エニックスがインドで開催したゲーム開発コンテストで、同社の名誉会長である福嶋 康博 氏は「我々は長期的に有望な才能を探しています。3年後にインドのタイトルが世界で楽しめ、5年後にはインドのトップクリエイターは世界で有名になるだろう」と語っていました。

また昨年11月に開催されたNASSCOM(*1)GDCにて、スクウェア・エニックス代表取締役会長の和田 洋一 氏はインドにおける事業展望を語っており、5ヶ月程の間に何らかの経営的変化が起こったと思われます。今回の閉鎖について、スクウェア・エニックスからの公式発表はまだありません。

*1 National Association of Software and Services Companies。インドのIT関連企業が加盟する業界団体。
《水京》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『FFXV』DLC「EPISODE ARDYN」配信開始―ノクティス最大の敵、アーデンの過去を紐解く

    『FFXV』DLC「EPISODE ARDYN」配信開始―ノクティス最大の敵、アーデンの過去を紐解く

  2. ニンテンドースイッチ、2つの新たなモデルを追加へ―WSJ報道

    ニンテンドースイッチ、2つの新たなモデルを追加へ―WSJ報道

  3. 定額ゲームサービス『Apple Arcade』発表―坂口博信氏の新作『FANTASIAN』など100タイトル以上を提供

    定額ゲームサービス『Apple Arcade』発表―坂口博信氏の新作『FANTASIAN』など100タイトル以上を提供

  4. 新作アクションADV『The Lord of the Rings: Gollum』発表―知られざるゴラムの旅が明かされる

  5. スイッチ/XB1『ファイナルファンタジーVII』配信開始― “星の命運を賭けた戦い”が再び

  6. 『P5R』こと『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』PS4向けに正式発表―謎の女性キャラが登場するティーザー映像も

  7. テイクツー・インタラクティブ創業者Ryan Brant氏が逝去、享年49

  8. 『ファイプロ ワールド』須田剛一氏手がけるシナリオDLCが国内発表!『ファイプロSPECIAL』「チャンピオンロード」の続編に

  9. PS4『サムライスピリッツ』発売時期が2019年初夏に決定!戦闘メインの最新トレイラーも

  10. 新作Co-opシューター『Generation Zero』ゲリラ戦術を駆使するゲームプレイ映像

アクセスランキングをもっと見る

1
page top