マッドキャッツ、ツインスティックや30のボタンを備えた新フライトスティック「X-55 Rhino」を4月末に発売 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

マッドキャッツ、ツインスティックや30のボタンを備えた新フライトスティック「X-55 Rhino」を4月末に発売

ゲーム機 ハードウェア

マッドキャッツ、ツインスティックや30のボタンを備えた新フライトスティック「X-55 Rhino」を4月末に発売
  • マッドキャッツ、ツインスティックや30のボタンを備えた新フライトスティック「X-55 Rhino」を4月末に発売
  • マッドキャッツ、ツインスティックや30のボタンを備えた新フライトスティック「X-55 Rhino」を4月末に発売
  • マッドキャッツ、ツインスティックや30のボタンを備えた新フライトスティック「X-55 Rhino」を4月末に発売
  • マッドキャッツ、ツインスティックや30のボタンを備えた新フライトスティック「X-55 Rhino」を4月末に発売
  • マッドキャッツ、ツインスティックや30のボタンを備えた新フライトスティック「X-55 Rhino」を4月末に発売
  • マッドキャッツ、ツインスティックや30のボタンを備えた新フライトスティック「X-55 Rhino」を4月末に発売
  • マッドキャッツ、ツインスティックや30のボタンを備えた新フライトスティック「X-55 Rhino」を4月末に発売
  • マッドキャッツ、ツインスティックや30のボタンを備えた新フライトスティック「X-55 Rhino」を4月末に発売


マッドキャッツは、フライトシム向けスティック「Saitek Pro Flight X-55 Rhino H.O.T.A.S. (Hands On Throttle And Stick) System」を、2014年4月25日に発売することを発表しました。価格は19,800円(税込み: 21,384円)で、対応OSはWindows(XP以降)です。

このフライトスティックは、PC向けフライトシミュレーターやフライトコンバットゲームに適応した、スロットル独立型のHOTAS(操縦桿やスロットルから手を離すことなく、兵装切り替えなどが出来る機能)付きコントローラーです。アメリカ海軍の戦闘攻撃機F/A-18の操縦桿をベースにデザインされており、スティックユニットにはPOV1つと、ハットスイッチ2つ、そして6つのキーを備え。スロットルユニットにはスロットル2つに、ロータリー4つ、そしてスイッチ数はKスイッチ、ハットスイッチを含め計24を搭載しています。それぞれの軸やスイッチは、Windows OS標準のドライバーで調整可能です。


X-55公式開封映像。スティックやスロットルの大きさを確認しておこう

本フライトスティックの特徴としてスティック側に内臓されているスプリングを、長さの違うものに交換することによって負担を制御することが出来ます。また付属の専用ソフトウェアからも軸の感度をグラフ化した、新しいUIで細かな調整が可能。専用ソフトウェアは簡単に日本語化ができるとのこと。また、スロットル側の負担を変えることも可能で、ロック機構を使用することによってシングルスロットルとしても利用できます。


スプリング交換チュートリアル

同SaitekのX-52と比較すると、デザインがより現代戦闘機のものに近づいています。ボタン数も、X-52では全23ボタンだったものが、X-55では全30に増加。特に大きく変化したのがスロットルユニット側で、双発の航空機に対応したツインスロットルになったほか、トグルスイッチなどが本体に搭載されています。特にこのスイッチ類は、キーを沢山使用する現代機フライトシムで大きく活用できるのではないでしょうか。同ブランドのX-52発売から約8年、X-65F発売から約4年経過しているので、フライトシムファンには注目のスティックであることは確かです。

本フライトスティックのカタログスペックと、対応タイトルは次の通りです。
    製品名 英語Saitek Pro Flight X-55 Rhino H.O.T.A.S .(Hands On Throttle And Stick) System
    製品名 日本語サイテック プロ フライト X-55 ライノ ホタス
    (ハンズオン スロットル アンド スティック) システム
    型番MC-X55
    希望小売価格(税込) 21,384円
    希望小売価格(税抜) 19,800円
    発売日2014年4月25日
    保証期間2年間

    本体サイズ(幅×奥行×高さ) mm スティック部: 185 x 226 x 280 スロットル部: 185 x 226 x 170
    本体重量 g スティック部: 1080 スロットル部: 1098
    ケーブル長 cm 200(スティック部、スロットル部それぞれ)
    色ブラック

    コントローラ入出力機能<スティックユニット>
    軸:3軸
    ボタン数:6 - ハットスイッチ、POVを含めるとスイッチ数は30個
    ハットスイッチ x 2(8方向/合計16スイッチ)
    POV: 1 (8方向/8スイッチ)
    モード数:3
    <スロットルユニット>
    軸:6軸(スロットル:2、ロータリー : 4)
    ボタン数:24(ボタン x 5、スライダースイッチ x 1、Kスイッチ x 2、
    トグルスイッチ x 14、ホイールボタン x 2)- ハットスイッチを含めると
    スイッチ数は40個
    ハットスイッチx 2(8方向/合計16スイッチ)
    マウスニップル
    モード数:3

    必要システム 空きUSBポート2基以上搭載したパソコン
    OS: Windows XP、Vista、7、8、8.1
    接続I/F USBポート x 2
    付属品交換用スプリング (長/中/短)x 3、英語クイックスタートガイド
    パッケージサイズ (幅×奥行×高さ) mm 328 x 231 x 292
    パッケージ重量 g 3,335
    *対応フライトゲームの一例
    Flight Simulator X
    Flight Simulator 2004
    X-Plane 10
    X-Plane 9
    DCS World
    DCS: A-10C Warthog
    DCS: Black Shark 2
    DCS: UH-1H Huey
    Lock On: Modern Air Combat (LOMAC)
    Lock On: Flaming Cliffs 3
    Lock On: Flaming Cliffs 2
    Lock On: Flaming Cliffs
    aerofly FS
    Take On Helicopters (TKOH)
    Rise of Flight
    Arma 3
    Falcon 4.0: Allied Force
    Falcon BMS 4.32
    World of Warplanes
    War Thunder
*(国内で購入可能とは限りません)



《G.Suzuki》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 4 件

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. Xbox新コントローラー「Xbox Adaptive Controller」正式発表! 幅広いゲーマーをサポート

    Xbox新コントローラー「Xbox Adaptive Controller」正式発表! 幅広いゲーマーをサポート

  2. セガサターンパッド復活!公式ライセンス新型パッド正式発表―PC向けも用意

    セガサターンパッド復活!公式ライセンス新型パッド正式発表―PC向けも用意

  3. 幻想的風景を見渡すVR探索ゲーム『MARE』プレイレポ―積乱雲の存在感がスゴい…【BitSummit Vol.6】

    幻想的風景を見渡すVR探索ゲーム『MARE』プレイレポ―積乱雲の存在感がスゴい…【BitSummit Vol.6】

  4. Valve、「SteamVR 入力システム」ベータ版をリリース、コントローラー間の違いを吸収できるように

  5. PC版『The Crew』の動作環境が公開、NVIDIAの技術による視覚効果も紹介

  6. YouTubeが60fpsの動画再生に正式対応、なめらかなゲームプレイ映像!

  7. 【特集】『期待のVRタイトル』10選―PS VRやOculus Riftがいよいよ今年発売!

  8. Unityエディターが日本語対応へ!プレビュー版も配信中

  9. 【特集】Valve製ストリーミング機器「Steamリンク」開封&使用レポ―リビングにPCゲームがやってきた!

  10. 【特集】「Steamコントローラ」開封&使用レポ―Valveの提案する全く新しいコントローラをついに体験

アクセスランキングをもっと見る

page top