作曲者解雇も『Destiny』楽曲そのまま、Bungieの責任者がインタビューに回答 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

作曲者解雇も『Destiny』楽曲そのまま、Bungieの責任者がインタビューに回答

ニュース ゲーム業界

Pete Parsons氏
  • Pete Parsons氏

Pete Parsons氏

先日、『Halo』シリーズの楽曲で知られる作曲家、Martin O'Donnell氏の突然の解雇をお伝えしましたが、Bungieは9月にリリースを予定している新作『Destiny』には引き続き彼の楽曲が使われることを明かしました。

「BungieのファンたちはMarty、Mike Salvatori、C.Paul、そしてPaul McCartneyの楽曲をゲーム内で聴けるのを楽しみにしていると思う」海外メディアEurogamerのインタビューでそう語るのは、Bungieの最高執行責任者、Pete Parsons氏。『Destiny』はすでに出荷間際であり、O'Donnell氏によるゲーム音楽に変更は加えないと明言しています。

Parsons氏はこのインタビューの中でO'Donnell氏の解雇理由については触れなかったようですが、同氏の不在が作品に対して負の要因になることはないとのこと。「Destinyの世界観が人々を夢中にさせるのはゲームコンテンツやストーリーだけでなく、素晴らしい音源や楽曲の役割が大きいと思うんです。まだまだ仕上げ作業や調整箇所は残っていますが、大半は完成しています」

このニュースは『Destiny』でO'Donnell氏の楽曲を期待していたファンには朗報ですが、解雇の背景には以前謎が残ります。同氏がTwitterにて解雇を告白した後、Bungieのコミュニティーマネージャー、David Dague氏は自身のブログで"こんな日は絶対に来ないだろうと大勢が思っていた"というタイトルで賛辞を送っているとのこと。

その中で彼は「10年以上にわたって、Marty O'Donnellは記憶に残る楽曲の数々で我々の世界を満たしてくれた」と同氏を褒め称え、「彼の旅路がどこへ続こうと、明るく希望にあふれた将来が待っていることでしょう」と今後の健闘を祈っています。

しかし、今回の決別が友好的なものだったとするBungieの主張は、先日O'Donnell氏が残した「悲しいことだが」や「訳もなく解雇された」という言葉とは大きく矛盾しています。さらに、4月11日に同社を去った同氏が15日までTwitterでの告白を控えた点ですが、この日はBungie社内で主要スタッフによるインタビューが行われるメディアイベントの真っ最中だったとのこと。このタイミングでの激白が何を意味するのか、さらなる情報が待たれます。
《河合 律子》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 7 件

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. PS4版『ファイヤープロレスリング ワールド』発売日決定!―豪華グッズが入った限定版も

    PS4版『ファイヤープロレスリング ワールド』発売日決定!―豪華グッズが入った限定版も

  2. 集団自殺を遂げた終末カルトの痕跡を探る『Sagebrush』発表―ローファイ3Dアドベンチャー

    集団自殺を遂げた終末カルトの痕跡を探る『Sagebrush』発表―ローファイ3Dアドベンチャー

  3. 【PSX】オープンワールド・サバイバルホラー『The Forest』がPS4向けに発表

    【PSX】オープンワールド・サバイバルホラー『The Forest』がPS4向けに発表

  4. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  5. SIE、欧米で終了予定の"PS Vitaカード生産"を「日本では継続」―広報担当者が回答

  6. 最新作『Call of Duty: Black Ops 4』のPC版は「Battle.net」独占配信に

  7. 『マインクラフト』PS3/Xbox 360/PS Vita/Wii U版に最後のアップデートが配信予定

  8. フロム『アーマード・コア』新作へ意欲―「このまま終わらせるつもりはない」

  9. 伝説が生まれる『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』国内予約が開始!海外版との差異は確定次第発表

  10. サイバーパンクバーテンダー『VA-11 Hall-A』PS4/スイッチ版が海外発表―魅惑の世界がCSで

アクセスランキングをもっと見る

page top