ベンチャーキャピタル数社がルームランナー型VRデバイス「Omni」に約3億円を出資 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ベンチャーキャピタル数社がルームランナー型VRデバイス「Omni」に約3億円を出資

ニュース ゲーム業界


Kickstarterでは目標金額の15万ドルを余裕で超える110万ドルを集め、既に3,000台以上の予約が入っているVirtuix社のルームランナー型VRデバイス「Omni」ですが、同社はベンチャーキャピタル数社(※)より300万ドル(約3億円)の出資を受けた事を発表しました。
※ Tekton Ventures及びMaveronを筆頭にScentan Ventures、Radical Investments、Scout Ventures、StartCaps Ventures、個人投資家によって構成。

Tekton Venturesの創立者であり業務執行社員であるJai Choi氏は今回の出資について次のようにコメントしています。

    「Virtuixのバーチャルリアリティ技術は没入型ゲームの展望を一変させるにとどまらず、トレーニング、シミュレーション、フィットネス、医学、軍事といったゲームを超えた分野においても、有用で面白い個人向けの体験を可能にするでしょう。Omniは可能性の扉を開いています。私たちはJan(Jan Goetgeluk、Virtuix CEO)とVirtuixのチームと仕事ができる事を光栄に思います」

先月にはFacebookがVRヘッドセット「Oculus Rift」のOculus VR社を20億ドルで(約2044億円)買収したとのニュースが話題となりましたが、これだけ大きなお金が動くのは大手企業や投資家達がVRデバイスを投資対象とみなしているという事であり、今後更なる発展が見込める分野だと言えるのではないでしょうか。

今まさに大きなムーブメントとなっているVRはこれから先どのような進化を遂げていくのでしょうか。
《RIKUSYO》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 9 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. ついに発表された『バトルフィールドV』―明かされた詳細情報をまとめて紹介

    ついに発表された『バトルフィールドV』―明かされた詳細情報をまとめて紹介

  2. シリーズ最新作『バトルフィールドV』正式発表!WW2が舞台!

    シリーズ最新作『バトルフィールドV』正式発表!WW2が舞台!

  3. 『バトルフィールドV』ではプレミアムパス廃止!

    『バトルフィールドV』ではプレミアムパス廃止!

  4. シリーズ最新作『バトルフィールドV』トレイラーが遂に公開!ようこそ、戦場へ

  5. 『バトルフィールドV』にはCo-opも実装!“Combined Arms”発表

  6. シリーズ最新作『バトルフィールドV』にはシングルモードも搭載!複数の視点から戦場描く

  7. 噂:『Sunset Overdrive』のPC版が登場か―韓国レーティング機関に登録

  8. 噂:Valveが未発表の新作ゲームを開発中か―リニューアルされた公式サイトで言及

  9. 噂:次期PlayStationはRyzen使用?ソニープログラマーがオープンソースコンパイラのRyzen対応整備を実施か

  10. 群集心理描く奇妙なゲーム『KIDS』が発表!『Plug & Play』クリエイターの新作

アクセスランキングをもっと見る

page top