海底が舞台のオープンワールドサバイバル『FarSky』Steam配信開始、君は海の底でいつまで生き延びられるか? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海底が舞台のオープンワールドサバイバル『FarSky』Steam配信開始、君は海の底でいつまで生き延びられるか?

PC Windows


ゾンビを中心に多数のサバイバルゲームが輩出されている昨今ですが、新たに海底を舞台にするというユニークなオープンワールドサバイバル『FarSky』のリリースがSteamにて開始されました。価格は14.99ドル、5月3日まで13.49ドルのセール中となっています。

Farsky Interactiveこと海外のデベロッパーTim Spekler氏が開発を担当している『FarSky』。プレイヤーは事故により海の奥底まで落ちてしまった潜水士Nathanとなり、海底で生きながらえつつ事故で四散した潜水艇のパーツを集めていくことになります。ゲームの目標は潜水艇を完成させ地上へと脱出することですが、ゲーム内には自由に探索が行える探索モードも用意されているようです。



『Minecraft』にも似たクラフティングや採掘と栽培システム、海底基地の構築やバイオームによるワールドの自動生成を備えるサバイバルゲーム『FarSky』ですが、海底が舞台ということもあり海中に出れば「酸素」が常に減り続けていくのが同作の特徴。プレイヤーは海底を調査するあいだは常に酸素ゲージの残量に気を使わなければならず、窒息死する前にアイテムを使用したり海底基地へ戻るなどして酸素を補給しなければなりません。

またバイオーム毎に発生する海底断層も本作の特徴。うっかり足を滑らせるとさらに深い層へと引きずり込まれてしまうまるで落とし穴のような存在で、海底調査中は酸素の残量と共に気をつけなければなりません。

『FarSky』はSteamのほか、公式サイトDesuraでも販売中。現時点ではアップデートの計画は明かされていませんが、今後が楽しみなタイトルの1つとなりそうです。
《ishigenn》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 8 件

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか

    『STAR WARS バトルフロント II』米国ハワイ州でも規制の動きか

  2. 『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

    『PUBG』新武器「DP-28」と「AUG A3」が公開!2次テストサーバーで使用可能

  3. 『ワールド オブ ファイナルファンタジー』Steam版配信開始!―『FF』キャラたちが可愛くなって大冒険

    『ワールド オブ ファイナルファンタジー』Steam版配信開始!―『FF』キャラたちが可愛くなって大冒険

  4. 初代『Mafia』のSteam版が販売再開!―ライセンス楽曲は削除に

  5. 『グウェント』ストーリーキャンペーン配信延期―パブリックベータ開発ロードマップも発表

  6. 『LoL』新チャンピオン「超常の遊び ゾーイ」実装、神出鬼没の悪戯ガール!

  7. クリッカー系RPG『Clicker Heroes 2』F2P廃止へ―「我々は課金中毒のプレイヤーから収益を得るのを望んでいない」

  8. 惑星開拓シム『RimWorld』がベータ版突入―「正式版前の最後の主要コンテンツ拡張」

  9. ヘヴィメタルなアクションADV『Brutal Legend』が期間限定無料配布!

  10. 初代『ウォッチドッグス』のPC版が期間限定無料配布!

アクセスランキングをもっと見る

page top