『Crysis』などを手掛けた元Crytekエンジニアがid Softwareへ移籍、今後は新作『Doom』開発に参加 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Crysis』などを手掛けた元Crytekエンジニアがid Softwareへ移籍、今後は新作『Doom』開発に参加

CrytekでR&Dグラフィックスエンジニアを担当していたTiago Sousa氏が今月よりid Softwareに移籍し、同スタジオのリードレンダリングプログラマーとして就任することが明らかになりました。

ニュース ゲーム業界
『Crysis』などを手掛けた元Crytekエンジニアがid Softwareへ移籍、今後は新作『Doom』開発に参加
  • 『Crysis』などを手掛けた元Crytekエンジニアがid Softwareへ移籍、今後は新作『Doom』開発に参加

CrytekでR&Dグラフィックスエンジニアを担当していたTiago Sousa氏が今月よりid Softwareに移籍し、同スタジオのリードレンダリングプログラマーとして就任することが明らかになりました。

Sousa氏はCrytekで『Crysis』シリーズなどを手掛けてきたグラフィックエンジニア。コンピュータグラフィックスのリサーチ及び開発部門で活躍してた同氏は、今後id Software開発の新作『Doom』にも着手していく模様です。Twitterでの投稿にはJohn Carmack氏など錚々たる面子からリプライが届いており、Sousa氏の新たな門出が祝われています。

また、Crytekでは以前から給与未払いや経営危機を危惧するニュースが報じられており、先日にはCrytek UKでスタジオヘッドやディレクターなどリーダー格スタッフの退任が噂されていました。関係者からは、『Homefront: The Revolution』『Warface』のディレクターを務めたHasit Zala氏、スタジオ開発マネージャーのBen Harris氏がスタジオから去ったとも伝えられています。
《subimago》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 「Frostbiteエンジン」の新たな毛髪表現を紹介するショーケース動画が公開―実写のように揺れ動く

    「Frostbiteエンジン」の新たな毛髪表現を紹介するショーケース動画が公開―実写のように揺れ動く

  2. Valve、『アサシン クリード ユニティ』Steamでの逆レビュー爆撃を集計外としない方針

    Valve、『アサシン クリード ユニティ』Steamでの逆レビュー爆撃を集計外としない方針

  3. 「ゲーム・オブ・スローンズ」原作者が日本のゲーム制作への関与を示唆─「日本からゲームについて相談を受けた」

    「ゲーム・オブ・スローンズ」原作者が日本のゲーム制作への関与を示唆─「日本からゲームについて相談を受けた」

  4. 人気レースゲームシリーズ最新作『GRID』PS4/XB1/PC向けに発表―2019年9月に発売予定

  5. 三国志ストラテジー『Total War: THREE KINGDOMS』発売後の計画が明らかに―DLCやMod対応について

  6. 『JUDGE EYES:死神の遺言』新価格版が7月18日発売―ピエール瀧演じたキャラのモデル/音声は差替え【UPDATE】

  7. ローグライクACT『RAD』海外発売日が8月20日に決定―様々な変異を武器に終末世界で暴れまくれ

  8. モンハン風Co-opアクション『Dauntless』PS4/XB1/スイッチ/モバイル向けにもリリースへ【TGA2018】

  9. SIEが「PlayStation Productions」を設立―PSプラットフォーム作品の映画やドラマ製作を担当

  10. マーベルとNetEaseが戦略的パートナーシップを締結―ゲームを含むオリジナルコンテンツ制作で協力

アクセスランキングをもっと見る

1
page top