【GC 14】Frostbite 3で美麗に描画されるハイファンタジーの世界。『ドラゴンエイジ:インクイジション』ハンズオンプレイを体験 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【GC 14】Frostbite 3で美麗に描画されるハイファンタジーの世界。『ドラゴンエイジ:インクイジション』ハンズオンプレイを体験

gamescom 2014のビジネスブース、EA主催のクローズドイベントが行われ『ドラゴンエイジ:インクイジション』のハンズオンデモをプレイする機会がありましたのでインプレッションをお送りします。

ニュース 最新ニュース
【GC 14】Frostbite 3で美麗に描画されるハイファンタジーの世界。『ドラゴンエイジ:インクイジション』ハンズオンプレイを体験
  • 【GC 14】Frostbite 3で美麗に描画されるハイファンタジーの世界。『ドラゴンエイジ:インクイジション』ハンズオンプレイを体験
  • 【GC 14】Frostbite 3で美麗に描画されるハイファンタジーの世界。『ドラゴンエイジ:インクイジション』ハンズオンプレイを体験
  • 【GC 14】Frostbite 3で美麗に描画されるハイファンタジーの世界。『ドラゴンエイジ:インクイジション』ハンズオンプレイを体験
  • 【GC 14】Frostbite 3で美麗に描画されるハイファンタジーの世界。『ドラゴンエイジ:インクイジション』ハンズオンプレイを体験
  • 【GC 14】Frostbite 3で美麗に描画されるハイファンタジーの世界。『ドラゴンエイジ:インクイジション』ハンズオンプレイを体験
  • 【GC 14】Frostbite 3で美麗に描画されるハイファンタジーの世界。『ドラゴンエイジ:インクイジション』ハンズオンプレイを体験
  • 【GC 14】Frostbite 3で美麗に描画されるハイファンタジーの世界。『ドラゴンエイジ:インクイジション』ハンズオンプレイを体験
  • 【GC 14】Frostbite 3で美麗に描画されるハイファンタジーの世界。『ドラゴンエイジ:インクイジション』ハンズオンプレイを体験


gamescom 2014のビジネスブース、EA主催のクローズドイベントが行われ『ドラゴンエイジ:インクイジション(Dragon Age: Inquisition)』のハンズオンデモをプレイする機会がありましたのでインプレッションをお送りします。

まずグラフィックについてですが、デモ用に用意されたハイスペックPC上で展開されるグラフィック、詳細にモデリングされた背景に描き込まれたテクスチャが貼られ、リッチなライティングイフェクトに照らされた世界ははとても美麗。オープンフィールド物では間違いなく現在最高峰のものになるのではないでしょうか。

そしてハイスペックPCに接続されたXbox 360用有線コントローラーにはキーバインドが完全対応。アクション性の高い戦闘はコントローラーで気軽にプレイすることが出来ました。

戦闘に関しては『Dragon Age II』のアクションと『Dragon Age Origins』にあったシミュレーション要素が高い次元で融合されている印象を受けました。激しいハック&スラッシュの戦闘中、いつでも戦闘を中断してAIが操作する味方のキャラに移動先から優先して攻撃したい敵キャラ、更にどの様に攻撃するかまでを細かに指示することが出来ます。



また三人称視点で展開されるアクション部分の戦闘はド派手の一言。兎に角カラフルな効果に彩られた魔法や特殊スキル技が炸裂しまくります。ファンタジーな戦闘の実物を実際に目の当たりにしたことはありませんが、蛍光ピンクや蛍光ブルーなエフェクトが派手に画面を彩る様には多少の違和感を禁じ得ません。デモに用意されたクエストが夜のものだっただけに暗い中、派手な蛍光色の電飾を満載した戦闘は剣と魔法とドラゴンの世界には若干ミスマッチに感じられました。

もう一つ気になったのがカメラの視点操作でしょうか。広いフィールドに散らばる敵を、複数人のプレイキャラをリアルタイムに切り替えて対応する場合、視点の切り替えが適切でないように感じました。複数の味方キャラ対敵1体なら攻撃対象も固定されており状況把握も楽でしょうが、複数対複数の場合には切り替えた先のキャラがどの敵を何処から攻撃しているのかの把握が第一の行動となり、テンポの良さをスポイルしている印象も。こちらは慣れの問題も大きいでしょうからあまり心配はないかもしれませんが。



とは言えこれらの問題を気にして本作をスルーするのは勿体無い、と言うのが総評でしょうか。当代随一のストーリーテラーであるBioWareが綴るシナリオはプレイヤーの行動や選択、会話などで常に分岐し40以上ものエンディングがあるとの事。

洋ゲーRPGの名作シリーズ最新作『ドラゴンエイジ:インクイジション』は11月27日に、対応機種PC、PlayStation 4、PlayStation 3、Xbox One、Xbox 360に向けで発売予定です。
《パムジー》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 米開発、自ら増殖する「生きたグラフィックボード」が海に流出―厳しい自然界に曝され、性能が大幅向上【UPDATE】

    米開発、自ら増殖する「生きたグラフィックボード」が海に流出―厳しい自然界に曝され、性能が大幅向上【UPDATE】

  2. 新作オープンワールドサバイバルRPG『Windbound - Brave the Storm』発表!PC/海外PS4/XB1/スイッチにて8月28日発売

    新作オープンワールドサバイバルRPG『Windbound - Brave the Storm』発表!PC/海外PS4/XB1/スイッチにて8月28日発売

  3. 5年以上掃除していないゲーミングPCから新種生物が続々発見―グラボの熱で活動か【UPDATE】

    5年以上掃除していないゲーミングPCから新種生物が続々発見―グラボの熱で活動か【UPDATE】

  4. Kalypso Media Groupが新スタジオClaymore Game Studiosの設立を発表―『コマンドス』最新作を開発

  5. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  6. コジマプロダクションから新型コロナ感染者が出たことが判明―今後は一時的なオフィス閉鎖やテレワーク等を実施

  7. 終末世界街づくりシム『END ZONE A WORLD APART』アーリーアクセスを4月2日から開始―21XX年世界は放射能に包まれた!

  8. 3年前に開発中止となった狂気ホラー『Year Of The Ladybug』に新たな動き!3月25日の公式発表を開発者が予告

  9. ベセスダ、6月イベント開催はなし「胸躍らせる多くの取り組みを今後数か月で発表」

  10. 対戦型FPS『Cosmic Warfere』AIプレイヤーが悪質行為を連発―開発者「我々は知らない。彼らが学習したようだ」【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

page top