海外マニアがPS4をラップトップ化、「PlayBook 4」として販売開始 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外マニアがPS4をラップトップ化、「PlayBook 4」として販売開始

コンソール機を持ち運んでどこでもプレイしたい…。そんな願いを叶える米国のハードハッカーEdo Zarick氏がPS4のラップトップ化に成功し、PlayBook 4として販売しています。

家庭用ゲーム PS4
海外マニアがPS4をラップトップ化、「PlayBook 4」として販売開始
  • 海外マニアがPS4をラップトップ化、「PlayBook 4」として販売開始
  • 海外マニアがPS4をラップトップ化、「PlayBook 4」として販売開始


コンソール機を持ち運んでどこでもプレイしたい……。そんな願いを叶える米国のハードハッカーEdo Zarick氏がPS4のラップトップ化に成功し、PlayBook 4として販売しています。

Edo Zarick氏のウェブサイトで販売しているPlayBook 4は、3Dプリンターとレーザーカットで作られたプラスチックケースにPS4を収納し、ディスプレイにはVizio 22型を採用。見事な一体化を果たして可搬性が大幅に向上しています。

持ち運びができる改造機PlayBook 4ですが、価格は1395ドルと高め。自分のPS4を改造して貰う場合は1095ドルになりますが、それでも二の足を踏んでしまう価格です。PlayBook 4はHDMI出力が付属しておらず、オプションとしてHDMI出力を付けた場合は50ドルがプラスされます。米国内配送料は75ドル、国際配送は別途費用が必要になるとのこと。また受注生産しているようで、注文時に750ドルを先払いする必要があります。


Edo Zarick氏はPS4のラップトップ化以外にもXbox 360/Xbox Oneのラップトップ化を行っており、XBOOKXBOOK ONEという名前で販売しています。価格はXbox 360が1095ドル、Xbox Oneが1495ドル(Kinect付き)となっています。興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。
《水京》

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』シーズン1にはもう1人の新レジェンドが登場―海外PS4版サイトから明らかに

    『Apex Legends』シーズン1にはもう1人の新レジェンドが登場―海外PS4版サイトから明らかに

  2. 海外版『JUDGE EYES』羽村京平のモデルと声の変更が発表

    海外版『JUDGE EYES』羽村京平のモデルと声の変更が発表

  3. 『バトルフィールドV』2019年ロードマップ公開―「タイド・オブ・ウォー」チャプター5も告知

    『バトルフィールドV』2019年ロードマップ公開―「タイド・オブ・ウォー」チャプター5も告知

  4. 『ボーダーランズ』現世代機向けGOTY版が海外審査機関に登録

  5. SIE、PSNの利用規約を4月2日に改定─改定後の初回接続時には規約の承諾と再サインインが必要に

  6. 『バトルフィールドV』バトロワ「ファイアストーム」トレイラーを初公開―3月25日開戦!

  7. 『デビル メイ クライ 5』調カスタムXB1Xのプレゼントキャンペーンが海外で告知―赤と黒がスタイリッシュ

  8. 【UPDATE】今から始める『Dead by Daylight』超初心者向け入門ガイド!キラー/サバイバーになって恐怖の鬼ごっこを楽しもう【特集】

  9. PS4版『Apex Legends』3月31日までPS Storeで使える5%オフクーポンが配布中

  10. 完全新作『ポケットモンスター ソード/シールド』発表!スイッチ向けに2019年冬発売予定

アクセスランキングをもっと見る

1
page top