『Battlefield 4』不安定なローンチめぐる集団訴訟に幕引き、「起訴処分には値しない」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Battlefield 4』不安定なローンチめぐる集団訴訟に幕引き、「起訴処分には値しない」

『Battlefield 4』における不安定なローンチをめぐる不実告知で投資家を騙したとして、EAを相手取り昨年12月に起こされた集団訴訟。月曜、連邦裁判所は、曖昧な告知内容は起訴処分に値しないとの裁定を下しました。

ニュース ゲーム業界
Battlefield 4』における不安定なローンチをめぐる不実告知で投資家を騙したとして、販売元のElectronic Arts(以下、EA)と同社役員を相手取り昨年12月に起こされた集団訴訟。今週月曜、アメリカ連邦地方裁判所は、曖昧な告知内容は起訴処分に値しないとの裁定を下しました。

証券詐欺を訴えた今回の集団訴訟の争点になったのは、致命的な不具合を多く残したまま去年10月に発売された『Battlefield 4』をめぐる同社の公式声明。同作の開発状況や完成度に関して、投資家への告知内容に虚偽があったとして、EAのCEO Andrew Wilson氏や取締役Frank D. Gibeau氏を含めた重役数名が罪に問われていました。

今回の裁定についてSusan Illston裁判長は、「原告が主張する不実告知とは被告の個人的な見解、もしくは企業の楽観主義に基づいた誇張表現に過ぎず、起訴処分に値しないという被告の主張は妥当です」と判決理由を述べ、該当声明は曖昧極まりなく全うな投資家が当てにするような内容ではなかったと結論付けています。

その他、EAは同作における接続範囲やバグといった技術的な問題を理由に、同様の訴訟を複数抱えていました。同社も状況を重く受け止めており、今年6月にはCEOのWilson氏が海外メディアのインタビューに回答。バグ満載の『Battlefield 4』ローンチに言及して、「ありえないことだ」と再発防止に向けた開発方針の転換を約束していました。
《河合 律子》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 初の女性キャラ主役!「くにおくん」新作『River City Girls』正式発表―Wayforward制作

    初の女性キャラ主役!「くにおくん」新作『River City Girls』正式発表―Wayforward制作

  2. タイ産ホラー『Home Sweet Home』国内PS4版の吹替に下野紘、青木志貴、三浦祐太朗らが参加

    タイ産ホラー『Home Sweet Home』国内PS4版の吹替に下野紘、青木志貴、三浦祐太朗らが参加

  3. ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

    ユービーアイソフト、ノートルダム大聖堂再建への寄付とPC版『アサクリ ユニティ』1週間限定無料配布を告知

  4. 海外版『JUDGE EYES:死神の遺言』ピエール瀧演じた羽村京平の差し替え後映像が公開―日本語音声は未発表

  5. 『スマブラSP』新参戦「ジョーカー」は"アルセーヌ"を召喚―テトラカーンなどで華麗に反撃、最後の切りふだも判明

  6. 『悪魔城ドラキュラ アニバーサリーコレクション』5月16日配信―初移植を含む初期8作を収録

  7. 『P5R』こと『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』PS4向けに正式発表―謎の女性キャラが登場するティーザー映像も

  8. 『新サクラ大戦』ゲーム情報第1弾―各キャラや主人公・神山誠十郎が乗る「霊子戦闘機・無限」詳細も

  9. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  10. 『ラングリッサーI&II』進行不能になる不具合が発生中―原因は特定済み、現在修正中

アクセスランキングをもっと見る

1
page top