Steam早期アクセス、正式リリース率は25%-アナリストがリスクを分析 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Steam早期アクセス、正式リリース率は25%-アナリストがリスクを分析

ニュース ゲーム業界

Steam早期アクセス、正式リリース率は25%-アナリストがリスクを分析
  • Steam早期アクセス、正式リリース率は25%-アナリストがリスクを分析
  • Steam早期アクセス、正式リリース率は25%-アナリストがリスクを分析
2012年のパイロット稼働を経て、2013年に本格稼働したSteamの早期アクセスプログラム。北米のゲーム専門調査会社EEDARのアナリスト、Patrick Walker氏がSteam早期アクセスの現状を報告しました。

『DayZ』や『Kerbal Space Program』、『Prison Architect』など多数のタイトルで採用されている早期アクセス。Walker氏は、2013年の3月に開始された早期アクセス9タイトルの中、正式リリースに至ったのは3タイトルで、2013年を通して開始された早期アクセス103タイトルのうち、完成したのは43タイトルとの調査結果を報告しています。また、2014年までに開始された早期アクセスは358タイトルに上り、そのうち91タイトル、約25%がフルリリースへと到達しています。最新の正式リリース率のデータは早期アクセスを開始したばかりのタイトルも含まれていることに注意が必要です。


早期アクセス中のタイトル『DayZ』

また、近年Steamにおける配信タイトルは増加傾向にあり、2013年に配信された583タイトルから大幅に増え、2014年は現在までに1303タイトル(127%増)が配信されています。その中で早期アクセスも2013年の103タイトルから2014年は255タイトル(147%増)と配信タイトル数に比例して増加しています。

Walker氏は、早期アクセスに多くのメリットがあり、机上の理論では開発者がフィードバックを得ることができるなど、Win-Winの関係を持っているとしながらも、いくつかのリスクを指摘しています。同氏は、早期アクセスが原理的には大手パブリッシャーによるシーズンパス販売、Kickstarterでのクラウドファンディングと似ていると分析し、最も大きな違いは、大半のタイトルが「リリース予定日」を持っていないことだと説明しています。


早期アクセス中のタイトル『Rust』

同氏は「リリース予定日」の欠如によって、開発は無期限に続き、その結果完成まで至らないタイトルの増加を招いていると指摘。今まで早期アクセスが類似のビジネスモデルのように、負の注目を浴びていませんが、これからも開発に長い時間を費やす状況が続けば、消費者にとって問題となるかどうかがわかるだろうと語っています。
《水京》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 33 件

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『Chivalry』開発元のファンタジー剣戟ACT『Mirage: Arcane Warfare』販売終了―EU一般データ保護規制のため

    『Chivalry』開発元のファンタジー剣戟ACT『Mirage: Arcane Warfare』販売終了―EU一般データ保護規制のため

  2. 『マインクラフト』PS3/Xbox 360/PS Vita/Wii U版に最後のアップデートが配信予定

    『マインクラフト』PS3/Xbox 360/PS Vita/Wii U版に最後のアップデートが配信予定

  3. ついに発表された『バトルフィールドV』―明かされた詳細情報をまとめて紹介

    ついに発表された『バトルフィールドV』―明かされた詳細情報をまとめて紹介

  4. 噂:2018年Steamサマーセールは6月21日から?大手データベース解析サイトがツイート

  5. 噂:カナダ版Walmartのサイト上にスイッチ向け新作『ポケモン』が出現

  6. 小島監督が『DEATH STRANDING』と思われる新スクリーンショットを投稿―これが意味するのは…?

  7. 群集心理描く奇妙なゲーム『KIDS』が発表!『Plug & Play』クリエイターの新作

  8. シリーズ最新作『バトルフィールドV』正式発表!WW2が舞台!

  9. 『バトルフィールドV』ではプレミアムパス廃止!

  10. シリーズ最新作『バトルフィールドV』トレイラーが遂に公開!ようこそ、戦場へ

アクセスランキングをもっと見る

page top