PC版『MGS V: GZ』の動作環境が海外向けに告知― DX11に対応 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PC版『MGS V: GZ』の動作環境が海外向けに告知― DX11に対応

PC Windows

コナミのPC版『METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES』(以下、MGS V: GZ)の動作環境がSteamで海外向けに告知されています。

    最小動作環境:

    OS: Windows Vista 64-Bit以降
    CPU: Core i5 SandyBridge 4コア (4スレッド) 2.7GHz以上
    メモリ: 4 GB RAM以上
    グラフィックカード: GeForce GTX 650 以上
    DirectX: Version 11 以上
    推奨動作環境:

    OS: Windows Vista 64-Bit 以降
    CPU: Core i5 SandyBridge 4コア (4スレッド) 2.7GHz以上
    メモリ: 8 GB RAM 以上
    グラフィックカード: GeForce GTX 760 以上
    DirectX: Version 11 以上
最小動作環境は、GTX 650やi5 SandyBridgeなどのプロセッサーを要求。推奨動作環境と比べると、CPUが最小動作環境から変化していませんが、グラフィックカードにGTX 760以上と若干新しいGPUが求められています。そのため、PC版をプレイする予定のユーザーはPCスペックを確認しておきましょう。なお、本作は国内でも発売される予定なので、コナミから国内向けに告知があるかもしれません。

PC版『METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES』は12月18日に、日本を含む全世界で発売を予定しています。
《G.Suzuki》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 35 件

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 『レインボーシックス シージ』ディレクター、ルートボックスについて語る―「私たちは貪欲であるとは思わない」

    『レインボーシックス シージ』ディレクター、ルートボックスについて語る―「私たちは貪欲であるとは思わない」

  2. PC版『PUBG』テストサーバー更新!Pingでのマッチング調整も近日実装予定―新マップにも言及

    PC版『PUBG』テストサーバー更新!Pingでのマッチング調整も近日実装予定―新マップにも言及

  3. Amazonが「Twitch Prime」会員向けプレゼント企画を始動、無料でインディーゲームを獲得できる投票イベント

    Amazonが「Twitch Prime」会員向けプレゼント企画を始動、無料でインディーゲームを獲得できる投票イベント

  4. RTS名作リマスター『Age of Empires: Definitive Edition』が国内配信

  5. 北欧神話ベースのヴァイキング開拓RTS『Northgard』正式リリース日が決定!

  6. DLsite.com、Steamパブリッシング第1弾『Mavi's Journey』配信開始!第2弾も発表

  7. Twitchプライム特典で『Civilization IV: The Complete Edition』英語版が無料配信中―DLC全部入り

  8. 『レインボーシックス シージ』「Outbreak」寄生虫との戦いが遂に披露―18分ゲームプレイも

  9. 『Flight Simulator X』サードパーティーアドオンにマルウェア混入―DRM目的とメーカーは説明

  10. 『レインボーシックス シージ』ヘレフォード基地が大胆刷新!もはや別モノな初映像

アクセスランキングをもっと見る

page top