【PSX】『The Order: 1886』最新デモハンズオン、QTEが鍵になるシネマティックシューター | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【PSX】『The Order: 1886』最新デモハンズオン、QTEが鍵になるシネマティックシューター

Ready at Dawnスタジオ開発の三人称アクションアドベンチャー『The Order: 1886』。PlayStation Experienceのために用意されたデモをメディアショーケースでプレイしてきたので、さっそくインプレッションをお届けします。

家庭用ゲーム PS4
【PSX】『The Order: 1886』最新デモハンズオン、QTEが鍵になるシネマティックシューター
  • 【PSX】『The Order: 1886』最新デモハンズオン、QTEが鍵になるシネマティックシューター
  • 【PSX】『The Order: 1886』最新デモハンズオン、QTEが鍵になるシネマティックシューター
  • 【PSX】『The Order: 1886』最新デモハンズオン、QTEが鍵になるシネマティックシューター
  • 【PSX】『The Order: 1886』最新デモハンズオン、QTEが鍵になるシネマティックシューター
  • 【PSX】『The Order: 1886』最新デモハンズオン、QTEが鍵になるシネマティックシューター
  • 【PSX】『The Order: 1886』最新デモハンズオン、QTEが鍵になるシネマティックシューター
  • 【PSX】『The Order: 1886』最新デモハンズオン、QTEが鍵になるシネマティックシューター

The Game Awards 2014とPlayStation Experienceのキーノートで立て続けに新映像が封切られた、Ready at Dawnスタジオ開発の3人称アクションアドベンチャー『The Order: 1886』。PlayStation Experienceのために用意されたデモをメディアショーケースでプレイしてきたので、さっそくインプレッションをお届けします。


チャプター5がフィーチャーされた今回のデモでは、主人公ガラハッド卿ひきいる騎士たちが、Agamemnonと呼ばれる巨大飛行船内の潜入ミッションに挑戦。飛行船の屋根からロープで側面を下って入口を目指す冒頭の場面は、カットシーンかと思わせていきなり操作可能。アナログスティックとXボタンを組み合わせて操作を行います。カットシーンで済まさずにシネマティックなゲームプレイが味わえるのは本作の魅力だと感じました。

ミッション序盤は、反乱軍の兵士をやり過ごしながら飛行船内部へと進むステルスゲームプレイが展開。半獣と呼ばれるモンスター系の敵は一切あらわれず、反乱軍の兵士が主な相手です。カバーリングやダッシュを駆使して姿を見られないように、背後から忍び寄って敵を一撃で倒すこともできます。その際は、敵に近づくとリアルタイムでQTEが発生、△マークが円の中に入った瞬間タイミングよくボタン入力すれば成功。


ステージ中には、ガラハッド卿が特殊なツールを用いて、鍵のかかったドアをこじ開けたりブレーカーを落とすポイントがあり、2本の動くスイッチに合わせてL3+R3をタイミングよく押し続けて固定するもの、DUALSHOCK 4のバイブレーションの度合いを感じ取って入力を行うものなど、ギミックに富んだミニゲーム要素が用意されていました。

また、狭い室内で数人の敵を相手にする戦闘シーンにおいても連続的なQTE操作が求められ、ただボタンを入力するのではなく、スティック操作を組み合わせたりと変わった方式が採用。これらを単なる「QTEゲー」と一蹴するか、『Heavy Rain』のようにある種のQTEシステムの革新と見るかは、プレイヤー次第かもしれません。


デモの後半は、二階層にわかれた広間を舞台に、複数の反乱兵と激しい銃撃戦が繰り広げられます。スナイパーライフル、ショットガン(Combo Gun)、マシンピストル、グレネードと使える武器も多彩で、途中でカットシーンやQTEに操作を奪われることもなく、純粋なシューターとしてのゲームプレイが味わえました。こうしたプレイ中も、キャラクターたちは非常によくしゃべるので、それぞれの個性や立場などストーリー背景を理解しやすい作りです。

プレイを通してのインプレッションとしては、世界観やビジュアル、演出といった表面的な作り込みは一級品ながら、コントローラーを握って実際に遊ぶゲームプレイ面の作り込みに少々物足りなさを感じました。飛行船という今回の特殊なステージ環境も要因のひとつだったかもしれませんが、マップはほぼ1本道で、本筋から外れて何かを見つけるといった探索要素も見受けられず(音声付メッセージの収集要素は確認)。リッチなシネマティックシーンも、クセのあるQTEに失敗して繰り返し見続けると魅力が薄れてしまいます。ただ、死亡時のリスタートが非常に早いのはデモで確認できました。

PS4タイトル『The Order: 1886』は日本国内で2015年2月20日に発売予定です。
《Rio Tani》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』新パッチ更新内容が公開―オーディオエンジンの最適化、ジブラルタルのシールド貼り付け修正など

    『Apex Legends』新パッチ更新内容が公開―オーディオエンジンの最適化、ジブラルタルのシールド貼り付け修正など

  2. 次世代プレイステーションに超高速広帯域の専用SSDが搭載―シーン読み込み時間はPS4 Proと比較して1/10に

    次世代プレイステーションに超高速広帯域の専用SSDが搭載―シーン読み込み時間はPS4 Proと比較して1/10に

  3. アクションRPG『イモータル:アンチェインド』国内PS4版が8月29日発売決定ー慈悲なき戦場を生き延びろ

    アクションRPG『イモータル:アンチェインド』国内PS4版が8月29日発売決定ー慈悲なき戦場を生き延びろ

  4. レトロゲームショップ「BEEP」がゲームパブリッシング事業に進出─第1弾は往年の魔女っ子シューティングを再構築『コットンリブート』(仮題)

  5. 『SEGA AGES ワンダーボーイ モンスターランド』新情報が公開―コインを稼ぐレバガチャボタン搭載&封印モードも

  6. 『Fallout 76』「Project Paradise」イベントのプレビュー公開―現地時間5月21日から開始予定

  7. PS4『ゴッド・オブ・ウォー』販売本数1,000万本突破!

  8. 『Apex Legends』“便乗”プレイヤーをBANする方針が発表―最悪の場合は永久BANに

  9. モンスター協力ハンティング『Dauntless』正式サービス開始日が5月21日に決定!

  10. 『Apex Legends』パッチ1.13が配信!音声関連のパフォーマンス、当たり判定一部改善など

アクセスランキングをもっと見る

1
page top