過激過ぎる問題作『Hatred』がSteam Greenlightで公開停止処分を受諾、開発は今後も継続 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

過激過ぎる問題作『Hatred』がSteam Greenlightで公開停止処分を受諾、開発は今後も継続

過激過ぎるトレイラー映像で話題になっていた新作シューター『Hatred』が、Steam Greenlightにて公開停止処分を受けていたことが明らかになりました。

ニュース 発表
過激過ぎる問題作『Hatred』がSteam Greenlightで公開停止処分を受諾、開発は今後も継続
  • 過激過ぎる問題作『Hatred』がSteam Greenlightで公開停止処分を受諾、開発は今後も継続
強烈なトレイラー映像で話題になっていた、インディーデベロッパーDestructive Creations開発の新作シューター『Hatred』。海外ゲーマーから問題作として注目を集めていた同タイトルが、Steam Greenlightにて公開停止処分を受けていたことが明らかになりました。

一般市民や警察官を次々と殺害していく過激なトレイラーが10月に発表されて以来、その暴力的なゲーム性が議論の的となっていた同作ですが、開発チームはValveからの正式な通告を受けてSteem Greenlight上での公開停止を受諾した模様です。公式Webサイトでは「Steamでは『Postal』や『Manhunt』のようなタイトルもリリースされているが、我々はValveが下した決断を尊重します」と言ったコメントも発表されています。

また、Steam GreenlightでのBAN処分を受けながらも開発は継続していく意向であることも示されており、リリースは2015年Q2を目指しているとのこと。Greenlightでのユニークビジター数17,464名に対し「YES」の投票数は13,148件まで昇っていたことも明かされており、ユーザー達からの高い注目度と関心を感じさせています。
《subimago》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『Apex Legends』2月の収益は約100億円、『Anthem』は約110億円―海外リサーチ調べ

    『Apex Legends』2月の収益は約100億円、『Anthem』は約110億円―海外リサーチ調べ

  2. ピンボールハクスラACT『Creature in the Well』発表―エナジーオーブを弾いてダンジョンでピンボール

    ピンボールハクスラACT『Creature in the Well』発表―エナジーオーブを弾いてダンジョンでピンボール

  3. ターン制戦術ADV『Mutant Year Zero: Road to Eden』海外スイッチ版が6月発売、DLC収録の豪華版も

    ターン制戦術ADV『Mutant Year Zero: Road to Eden』海外スイッチ版が6月発売、DLC収録の豪華版も

  4. 不思議なオオカミが遺跡を探索するADV『Lost Ember』リリース日が7月20日に決定―あらゆる動物に取り憑いて世界を旅する

  5. ミュータントになって暴れるポストポストアポカリプスARPG『RAD』発表!二度の終末を迎えた世界でのローグライク

  6. 『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』PC版の要求スペックが公開―全機種の商品情報も

  7. PC版『Detroit: Become Human』も!Epic Gamesストア今後のラインナップが発表

  8. スイッチ版『Cuphead』が発表!日本語対応含む他機種版の無料アップデートも

  9. PS4向け『龍が如く最新作』助演女優オーディション開催!主人公「春日一番」の仲間キャラとして出演

  10. GOTYは『ゴッド・オブ・ウォー』に! 第19回「GDC Awards」受賞作品リスト

アクセスランキングをもっと見る

1
page top