過激過ぎる問題作『Hatred』がSteam Greenlightで公開停止処分を受諾、開発は今後も継続 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

過激過ぎる問題作『Hatred』がSteam Greenlightで公開停止処分を受諾、開発は今後も継続

過激過ぎるトレイラー映像で話題になっていた新作シューター『Hatred』が、Steam Greenlightにて公開停止処分を受けていたことが明らかになりました。

ニュース 発表
過激過ぎる問題作『Hatred』がSteam Greenlightで公開停止処分を受諾、開発は今後も継続
  • 過激過ぎる問題作『Hatred』がSteam Greenlightで公開停止処分を受諾、開発は今後も継続
強烈なトレイラー映像で話題になっていた、インディーデベロッパーDestructive Creations開発の新作シューター『Hatred』。海外ゲーマーから問題作として注目を集めていた同タイトルが、Steam Greenlightにて公開停止処分を受けていたことが明らかになりました。

一般市民や警察官を次々と殺害していく過激なトレイラーが10月に発表されて以来、その暴力的なゲーム性が議論の的となっていた同作ですが、開発チームはValveからの正式な通告を受けてSteem Greenlight上での公開停止を受諾した模様です。公式Webサイトでは「Steamでは『Postal』や『Manhunt』のようなタイトルもリリースされているが、我々はValveが下した決断を尊重します」と言ったコメントも発表されています。

また、Steam GreenlightでのBAN処分を受けながらも開発は継続していく意向であることも示されており、リリースは2015年Q2を目指しているとのこと。Greenlightでのユニークビジター数17,464名に対し「YES」の投票数は13,148件まで昇っていたことも明かされており、ユーザー達からの高い注目度と関心を感じさせています。
《subimago》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. シームレスなオープンワールドMMORPG『COREPUNK』発表―サイバーパンクからダークファンタジーまで様々なテーマが融合

    シームレスなオープンワールドMMORPG『COREPUNK』発表―サイバーパンクからダークファンタジーまで様々なテーマが融合

  2. 『バイオRE:2』売上がオリジナル版売上を突破!500万本達成

    『バイオRE:2』売上がオリジナル版売上を突破!500万本達成

  3. 『C&C Remastered』オリジナル版開発会社の従業員がボイスを再収録―当時の録音テープ紛失のため

    『C&C Remastered』オリジナル版開発会社の従業員がボイスを再収録―当時の録音テープ紛失のため

  4. 『バイオハザード RE:3』2020年4月3日発売!非対称対戦『PROJECT RESISTANCE』は『バイオハザード レジスタンス』として同時収録【UPDATE】

  5. Steam版『バイオハザード RE:2』にて奇妙な実績が発見される―日本のみ発売の「Zバージョン」にも

  6. 「The Game Awards 2019」各部門ノミネート作品発表! 国産タイトルも多数選出

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. セクハラ・パワハラで告発のDangen EntertainmentのCEO、Ben Judd氏が辞任―BitSummitからも離れる

  9. おとぎ話のような世界を自由に旅するTMORPG『Book of Travels』発表!『Shelter』シリーズ開発元新作【TGS2019】

  10. 『7 Days to Die』開発元、Telltaleが販売担当のコンソール版について最新情報報告

アクセスランキングをもっと見る

1
page top