米国の消費者団体が選ぶ「2014年度で最も暴力的/子供向けなゲーム」それぞれ5本が発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米国の消費者団体が選ぶ「2014年度で最も暴力的/子供向けなゲーム」それぞれ5本が発表

ゲーム文化 カルチャー

米国の消費者団体が選ぶ「2014年度で最も暴力的/子供向けなゲーム」それぞれ5本が発表
  • 米国の消費者団体が選ぶ「2014年度で最も暴力的/子供向けなゲーム」それぞれ5本が発表
米国の消費者専門誌のオンライン版「Consumer Reports.org」より、「2014年度で最も暴力的なゲーム 5本」が発表されました。

主に市場調査や消費財の比較検討などを始めとした、様々なコンシューマー向けレポートを発表してきたConsumer Reports。米国の団体Consumers Unionによって運営されている同メディアから発表された「2014年度で最も暴力的なゲーム5本」は、以下の通りです。
  • 『Grand Theft Auto V』
  • 『Watch Dogs』
  • 『The Evil Within』
  • 『Assassin’s Creed Unity』
  • 『Sunset Overdrive』

ESRBのレーティング情報と共に、2014年で最も痛ましく犯罪的なゲームとして伝えられたのは、オープンワールドで描かれる大作クライムアクション『GTA V』やサバイバルホラー『The Evil Within』などを始めとした作品。同メディアでは、これらは「子どもに近付けるべきではない」ようなタイトルであるとも語られています。また、この5本とは対照的な存在とも言える「2014年度で最も子ども向けなゲーム 5本」も発表されています。

  • 『Skylanders: Trap Team』
  • 『Disney Infinity 2.0』
  • 『Pokemon Alpha Sapphire/Omega Ruby』
  • 『Super Smash Bros.』
  • 『LittleBigPlanet 3』

これらの5本は前述の「子どもに近付けるべきではない」タイトルとは相反するように、「ちっちゃなゲーマーに笑顔を与える」タイトルとして紹介されています。ディズニーやピクサーの人気キャラクターが登場する『Disney Infinity 2.0』や海外でも絶大な人気を誇る『ポケモン』シリーズ最新作、そしてキュートなルックスと奥深いクリエイトモードを備えた『LBP 3』などは、ファミリーフレンドリーなゲームとしてチョイスされたとのことです。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 39 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. サイバーパンクアクション『RUINER』のサントラLPが海外で予約開始!―平沢進の「トビラ島」も収録

    サイバーパンクアクション『RUINER』のサントラLPが海外で予約開始!―平沢進の「トビラ島」も収録

  2. 完璧すぎる劇中再現ー『スカイリム』に「ポプテピピック」パロディ逆輸入MODが誕生

    完璧すぎる劇中再現ー『スカイリム』に「ポプテピピック」パロディ逆輸入MODが誕生

  3. 「オーバーウォッチリーグ」開幕初週に配信視聴者1,000万人突破!

    「オーバーウォッチリーグ」開幕初週に配信視聴者1,000万人突破!

  4. カナダの男性がTwitchの荒らし行為で刑事告発―最長10年の懲役

  5. 『PUBG』中国のリージョンロック署名運動、賛同者が初期目標の5,000人突破

  6. 『ポケットモンスター 金・銀』オーケストラアレンジアルバムが4月発売決定!

  7. 『PUBG』マーケットで一部のアイテムが高騰、20万円以上での取引成立も

  8. 映画「トゥームレイダー ファースト・ミッション」海外トレイラー!ララのオリジン描く

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. 「エドモンド本田」フィギュア登場―百烈張り手が光って唸る!

アクセスランキングをもっと見る

page top