米国の消費者団体が選ぶ「2014年度で最も暴力的/子供向けなゲーム」それぞれ5本が発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

米国の消費者団体が選ぶ「2014年度で最も暴力的/子供向けなゲーム」それぞれ5本が発表

ゲーム文化 カルチャー

米国の消費者団体が選ぶ「2014年度で最も暴力的/子供向けなゲーム」それぞれ5本が発表
  • 米国の消費者団体が選ぶ「2014年度で最も暴力的/子供向けなゲーム」それぞれ5本が発表
米国の消費者専門誌のオンライン版「Consumer Reports.org」より、「2014年度で最も暴力的なゲーム 5本」が発表されました。

主に市場調査や消費財の比較検討などを始めとした、様々なコンシューマー向けレポートを発表してきたConsumer Reports。米国の団体Consumers Unionによって運営されている同メディアから発表された「2014年度で最も暴力的なゲーム5本」は、以下の通りです。
  • 『Grand Theft Auto V』
  • 『Watch Dogs』
  • 『The Evil Within』
  • 『Assassin’s Creed Unity』
  • 『Sunset Overdrive』

ESRBのレーティング情報と共に、2014年で最も痛ましく犯罪的なゲームとして伝えられたのは、オープンワールドで描かれる大作クライムアクション『GTA V』やサバイバルホラー『The Evil Within』などを始めとした作品。同メディアでは、これらは「子どもに近付けるべきではない」ようなタイトルであるとも語られています。また、この5本とは対照的な存在とも言える「2014年度で最も子ども向けなゲーム 5本」も発表されています。

  • 『Skylanders: Trap Team』
  • 『Disney Infinity 2.0』
  • 『Pokemon Alpha Sapphire/Omega Ruby』
  • 『Super Smash Bros.』
  • 『LittleBigPlanet 3』

これらの5本は前述の「子どもに近付けるべきではない」タイトルとは相反するように、「ちっちゃなゲーマーに笑顔を与える」タイトルとして紹介されています。ディズニーやピクサーの人気キャラクターが登場する『Disney Infinity 2.0』や海外でも絶大な人気を誇る『ポケモン』シリーズ最新作、そしてキュートなルックスと奥深いクリエイトモードを備えた『LBP 3』などは、ファミリーフレンドリーなゲームとしてチョイスされたとのことです。
《subimago》

評価の高いコメント

このコメントをルール違反として編集部に通報します。よろしいですか?

コメントをすべて読む(全 39 件

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 日本人も参加可能な『グウェント』gamescomトーナメント開催決定!―賞金総額25,000ドル

    日本人も参加可能な『グウェント』gamescomトーナメント開催決定!―賞金総額25,000ドル

  2. スピルバーグ新作「レディ・プレーヤー・ワン」国内公開決定!VR世界描く

    スピルバーグ新作「レディ・プレーヤー・ワン」国内公開決定!VR世界描く

  3. 『PUBG』が『メタルスラッグ』風2Dゲームだったら?フライパン大活躍!

    『PUBG』が『メタルスラッグ』風2Dゲームだったら?フライパン大活躍!

  4. サイケデリックホラー『Layers of Fear』が正式リリース!―恐怖を煽る新トレイラーも

  5. 『フォーオナー』「剣聖」1/4大型リアルスタチュー登場!初回限定50体

  6. e-Sports団体ESLが選手の永久BAN処置を一部解除―「当時の選手教育が行き渡っていなかったため」

  7. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  8. 日本代表、「オーバーウォッチ ワールドカップ 2017」プレイオフで豪州に敗れる

  9. 名作STG『ギャラガ』アニメ化が海外で進行中

  10. ファンメイド『Half-Life』実写映像作品「The Freeman Chronicles」Steam配信開始

アクセスランキングをもっと見る

page top