『DOA5 LR』PS4/PS3の比較映像公開…これは確かに“やわらかい” | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『DOA5 LR』PS4/PS3の比較映像公開…これは確かに“やわらかい”

いよいよ今週発売されるPS4/PS3/Xbox ONE/Xbox360ソフト『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』は、長い歴史を誇る対戦格闘シリーズの最新作です。

家庭用ゲーム PS4
『DOA5 LR』PS4/PS3の比較映像公開…これは確かに“やわらかい”
  • 『DOA5 LR』PS4/PS3の比較映像公開…これは確かに“やわらかい”
  • 『DOA5 LR』PS4/PS3の比較映像公開…これは確かに“やわらかい”
  • 『DOA5 LR』PS4/PS3の比較映像公開…これは確かに“やわらかい”
いよいよ今週発売されるPS4/PS3/Xbox ONE/Xbox360ソフト『DEAD OR ALIVE 5 Last Round』は、長い歴史を誇る対戦格闘シリーズの最新作です。

"駆け引き"の醍醐味を追求したシステムに加え、個性溢れるキャラクターや派手なギミックなど、多彩な魅力を持つ3D対戦格闘『DEAD OR ALIVE』シリーズ。その最新作となる本作はPS4やXbox ONEへの進出も果たすため、高性能を駆使した一段階上のグラフィックでバトルを堪能することもできます。

そんな高性能がもたらす恩恵のひとつであり、既に大きな話題を呼んでいるのが「やわらかエンジン」の存在です。この新技術により、肌の質感の表現や女性キャラクターのふくよかな動きが、よりリアリティ溢れる映像として味わえます。

そしてこのたび、技術の粋を集めた驚異の新技術「やわらかエンジン」の実力を分かりやすく紹介してくれる比較動画が公開されました。この映像では、ノーマルとなるPS3版と「やわらかエンジン」を駆使しているPS4版の映像が同時に収録されており、その違いを明確に表しています。

動きの反動で震える胸から重力に引かれて揺れる胸まで、文字通り柔らかな挙動にスポットを当てたこの映像。どのくらい違うのかを確かめようと、つい凝視したくなります……が、比較映像中は無音だったのに、終わると突然「PlayStation」のアナウンスが響き渡るのでご注意を。我に返れ、という優しい(?)意図があるのかもしれませんね。その点に注意しつつ、こちらをご覧ください。



DEAD OR ALIVE 5 Last Round』は、2015年2月19日発売予定。価格はPS4/ Xbox Oneパッケージ版が6,800円(税抜)、ダウンロード版が6,000円(税抜)。PS3パッケージ版が5,800円(税抜)、ダウンロード版が5,143円(税抜)。Xbox 360ダウンロード版が5,143円(税抜)。『DEAD OR ALIVE 5 Last Round 最強パック』PS4版が25,800円(税抜)、PS3版が24,800円(税抜)、Xbox One版が25,800円(税抜)。『DEAD OR ALIVE 5 コレクターズエディション』PS4版が11,800円(税抜)、PS3版が10,800円(税抜)Xbox One版が11,800円(税抜)です。

(C)コーエーテクモゲームス Team NINJA All rights reserved. 
Akira, Sarah, Pai,Jacky characters (C)SEGA.Virtua Fighter is either a registered trademark or trademark of SEGA Corporation.

記事提供元: インサイド

※公式動画が非公開になったため、PlayStation Japanの動画に差し替えました。
《インサイド》

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Anthem』5月までのアップデートプランが海外向けに公開ーギルド機能やリワードを追加予定

    『Anthem』5月までのアップデートプランが海外向けに公開ーギルド機能やリワードを追加予定

  2. 『LEFT ALIVE』14分のゲームプレイトレイラー!ヴァンツァーパートも収録

    『LEFT ALIVE』14分のゲームプレイトレイラー!ヴァンツァーパートも収録

  3. 「くにおくん」新作『ダウンタウン乱闘行進曲マッハ!!』PS4/ニンテンドースイッチ/Steam向けに発売決定!

    「くにおくん」新作『ダウンタウン乱闘行進曲マッハ!!』PS4/ニンテンドースイッチ/Steam向けに発売決定!

  4. 『Dead by Daylight』「決死の一撃」に仕様変更ー効果時間やオブセッション化が追加

  5. 『ディビジョン2』クランシステムの詳細が公開!進行要素や特別な拠点も紹介

  6. 『フォートナイト』リスポーンシステムを求める声にプロデューサーが回答、「しばらく検討していた」

  7. 『Fallout 76』2019年のロードマップが発表、春から秋にわたって3つの大規模アップデートを予定

  8. 『くにおくん ザ・ワールド クラシックスコレクション』発売! 名作18タイトルを一挙収録

  9. 『STAR WARS バトルフロントII』アナキン・スカイウォーカーの予告映像がお披露目!

  10. 『Anthem』エンドゲームに到達したユーザーが既に存在―効率を求めた先は「フリープレイ」?

アクセスランキングをもっと見る

page top