『League of Legends』にMarauder、WardenスキンとDragonslayer Poro Wardスキンが登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『League of Legends』にMarauder、WardenスキンとDragonslayer Poro Wardスキンが登場

『League of Legends』に、正義と悪のMarauderスキン2種とWardenスキン2種、ダークな印象のWardスキン1種が新たに登場しました。

PC Windows
『League of Legends』にMarauder、WardenスキンとDragonslayer Poro Wardスキンが登場
  • 『League of Legends』にMarauder、WardenスキンとDragonslayer Poro Wardスキンが登場
  • 『League of Legends』にMarauder、WardenスキンとDragonslayer Poro Wardスキンが登場
  • 『League of Legends』にMarauder、WardenスキンとDragonslayer Poro Wardスキンが登場
League of Legends』に、正義と悪のMarauderスキン2種とWardenスキン2種、ダークな印象のWardスキン1種が新たに登場しました。


「襲撃者」という意味のMarauderスキンが用意されたのはAsheとWarwick。鎧に赤いマント等を着用し、さも一撃必殺を狙うかのような風貌です。これに対し、「刑務所長」という意味のWardenスキンが用意されたのはSivirとNautilus。青色のデザインと一部に施されたゴールドが特徴で、鎧全体の色味はMarauderスキンよりも明るめです。スキンのストーリーや、用意されたチャンピオンもそれぞれADCとJunglerで対になっています。


新WardスキンはDragonslayer Poro Ward。ほんのりと積もった雪に、ヘルムの中で光る目がよりダークな印象を強めています。動くDragonslayer Poro Wardはこちらで確認できます。


MarauderスキンとWardenスキンはそれぞれ750RPで販売中。Dragonslayer Poro Wardスキンは640RPで、2月27日の23:59PST(日本時間2月28日16:59)までの限定品です。
《kuma》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. 【吉田輝和の絵日記】サイバーパンク系タクシードライバーADV『Neo Cab』乗客と会話しながら失踪した友人を探す!

    【吉田輝和の絵日記】サイバーパンク系タクシードライバーADV『Neo Cab』乗客と会話しながら失踪した友人を探す!

  2. 無料でプレイできる『マインクラフト』クラシックのブラウザ版公開―10周年記念で

    無料でプレイできる『マインクラフト』クラシックのブラウザ版公開―10周年記念で

  3. 『PAYDAY』開発者の新作Co-opシューター『GTFO』最新プレイ映像が近日公開! シネマティックティーザー披露

    『PAYDAY』開発者の新作Co-opシューター『GTFO』最新プレイ映像が近日公開! シネマティックティーザー披露

  4. 人気レースシリーズ新作『GRID』配信開始―誰もが楽しめる唯一無二のレーシング体験を

  5. 海外美少女恋愛シムRPG『Love Esquire』配信―あの娘の心を掴むため、いざ自身を鍛え上げろ

  6. PC版『CoD:MW』の要求スペックが明らかにー必要ストレージは175GB、推奨グラボはGTX970など

  7. シューター初心者に捧ぐ!「エイム力を磨けるPC用FPS&練習ソフト」4本を徹底比較

  8. 伏見稲荷を散策できるウォーキングシム『Explore Fushimi Inari』Steam配信開始! VR版も用意

  9. Epic Gamesストアで『Surviving Mars』期間限定無料配布!次回は『Alan Wake’s American Nightmare』&『>observer_』

  10. 『ディビジョン2』海外時間10月15日より大型アップデート「TU6」配信開始―新ストーリーやスペシャリゼーションなど

アクセスランキングをもっと見る

page top