『League of Legends』にMarauder、WardenスキンとDragonslayer Poro Wardスキンが登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『League of Legends』にMarauder、WardenスキンとDragonslayer Poro Wardスキンが登場

『League of Legends』に、正義と悪のMarauderスキン2種とWardenスキン2種、ダークな印象のWardスキン1種が新たに登場しました。

PC Windows
『League of Legends』にMarauder、WardenスキンとDragonslayer Poro Wardスキンが登場
  • 『League of Legends』にMarauder、WardenスキンとDragonslayer Poro Wardスキンが登場
  • 『League of Legends』にMarauder、WardenスキンとDragonslayer Poro Wardスキンが登場
  • 『League of Legends』にMarauder、WardenスキンとDragonslayer Poro Wardスキンが登場
League of Legends』に、正義と悪のMarauderスキン2種とWardenスキン2種、ダークな印象のWardスキン1種が新たに登場しました。


「襲撃者」という意味のMarauderスキンが用意されたのはAsheとWarwick。鎧に赤いマント等を着用し、さも一撃必殺を狙うかのような風貌です。これに対し、「刑務所長」という意味のWardenスキンが用意されたのはSivirとNautilus。青色のデザインと一部に施されたゴールドが特徴で、鎧全体の色味はMarauderスキンよりも明るめです。スキンのストーリーや、用意されたチャンピオンもそれぞれADCとJunglerで対になっています。


新WardスキンはDragonslayer Poro Ward。ほんのりと積もった雪に、ヘルムの中で光る目がよりダークな印象を強めています。動くDragonslayer Poro Wardはこちらで確認できます。


MarauderスキンとWardenスキンはそれぞれ750RPで販売中。Dragonslayer Poro Wardスキンは640RPで、2月27日の23:59PST(日本時間2月28日16:59)までの限定品です。
《kuma》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. PC日本語版『キングダムカム・デリバランス』発売日決定!中世ボヘミア好き垂涎の限定版内容も

    PC日本語版『キングダムカム・デリバランス』発売日決定!中世ボヘミア好き垂涎の限定版内容も

  2. 深海サバイバル『Subnautica: Below Zero』無料アップデート「Snowfox」配信ー乗り物やバイオームなど追加

    深海サバイバル『Subnautica: Below Zero』無料アップデート「Snowfox」配信ー乗り物やバイオームなど追加

  3. 全ての流通を網羅する輸送シム続編『Transport Fever 2』が発表!2019年後半に配信

    全ての流通を網羅する輸送シム続編『Transport Fever 2』が発表!2019年後半に配信

  4. 新要素たっぷりな『マインクラフト』最新アップデート「Village & Pillage」実施!

  5. 人狼×雪山サバイバル『Project Winter』正式版配信が5月23日に決定―あなたは「どちら」側?

  6. ディストピアADV『Backbone』無料デモ版配信開始ー主人公はアライグマさん探偵なのだ

  7. Co-opシューター『World War Z』遂に発売!4人協力で大量のゾンビから生き残れ【UPDATE】

  8. 『World War Z』Epic Gamesストア版が価格改定―予約済プレイヤーには還元も

  9. 吸血鬼RPG『Vampire: The Masquerade - Bloodlines 2』“Thinblood”種を紹介する新トレイラー!

  10. ゾンビCo-opシューター『World War Z』PC版がEpic Gamesストアに登場―専売となるかは未発表

アクセスランキングをもっと見る

1
page top